Memory ordering describes the order of accesses to computer memory by a CPU. The term can refer either to the memory ordering generated by the compiler during compile time, or to the memory ordering generated by a CPU during runtime. In modern microprocessors, memory ordering characterizes the CPUs ability to reorder memory operations – it is a type of out-of-order execution. Memory reordering can be used to fully utilize the bus-bandwidth of different types of memory such as caches and memory banks.

Property Value
dbo:abstract
  • Memory ordering describes the order of accesses to computer memory by a CPU. The term can refer either to the memory ordering generated by the compiler during compile time, or to the memory ordering generated by a CPU during runtime. In modern microprocessors, memory ordering characterizes the CPUs ability to reorder memory operations – it is a type of out-of-order execution. Memory reordering can be used to fully utilize the bus-bandwidth of different types of memory such as caches and memory banks. On most modern uniprocessors memory operations are not executed in the order specified by the program code. In single threaded programs all operations appear to have been executed in the order specified, with all out-of-order execution hidden to the programmer – however in multi-threaded environments (or when interfacing with other hardware via memory buses) this can lead to problems. To avoid problems, memory barriers can be used in these cases. (en)
  • メモリオーダリング(英: Memory Ordering)とは、CPUによるコンピュータメモリへのアクセス順序を表わす。この言葉は、のコンパイラに生成されるメモリオーダリングか、にCPUによって生成されるメモリオーダリングのいずれかを指す。 近代的なマイクロプロセッサでは、メモリオーダリングはメモリ操作の順番を入れ替えるCPUの特性を示す。メモリリオーダリングはアウト・オブ・オーダー実行の一種であり、キャッシュメモリやといった異なるタイプのメモリのバスを最大限に有効活用するために利用される。 現在のほとんどのユニプロセッサのメモリ操作は、プログラムコードで指定された順番では実行されない。シングルスレッドのプログラムでは、すべてのアウト・オブ・オーダー実行はプログラマから隠され、すべての命令は順番通りに実行されたように見える。しかしながら、マルチスレッド環境(もしくはメモリバスで他のハードウェアと接続されている場合)では、問題が起こりえる。この場合、問題を避けるためにはメモリバリアを使わなければならない。 (ja)
  • 内存排序是指CPU访问主存时的顺序。可以是编译器在编译时产生,也可以是CPU在运行时产生。反映了内存操作重排序,乱序执行,从而充分利用不同内存的总线带宽。 现代处理器大都是乱序执行。因此需要内存屏障以确保多线程的同步。 (zh)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 8294490 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26366 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 986518185 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:id
  • WUfvvFD5tAA (en)
dbp:title
  • IA Memory Ordering (en)
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • メモリオーダリング(英: Memory Ordering)とは、CPUによるコンピュータメモリへのアクセス順序を表わす。この言葉は、のコンパイラに生成されるメモリオーダリングか、にCPUによって生成されるメモリオーダリングのいずれかを指す。 近代的なマイクロプロセッサでは、メモリオーダリングはメモリ操作の順番を入れ替えるCPUの特性を示す。メモリリオーダリングはアウト・オブ・オーダー実行の一種であり、キャッシュメモリやといった異なるタイプのメモリのバスを最大限に有効活用するために利用される。 現在のほとんどのユニプロセッサのメモリ操作は、プログラムコードで指定された順番では実行されない。シングルスレッドのプログラムでは、すべてのアウト・オブ・オーダー実行はプログラマから隠され、すべての命令は順番通りに実行されたように見える。しかしながら、マルチスレッド環境(もしくはメモリバスで他のハードウェアと接続されている場合)では、問題が起こりえる。この場合、問題を避けるためにはメモリバリアを使わなければならない。 (ja)
  • 内存排序是指CPU访问主存时的顺序。可以是编译器在编译时产生,也可以是CPU在运行时产生。反映了内存操作重排序,乱序执行,从而充分利用不同内存的总线带宽。 现代处理器大都是乱序执行。因此需要内存屏障以确保多线程的同步。 (zh)
  • Memory ordering describes the order of accesses to computer memory by a CPU. The term can refer either to the memory ordering generated by the compiler during compile time, or to the memory ordering generated by a CPU during runtime. In modern microprocessors, memory ordering characterizes the CPUs ability to reorder memory operations – it is a type of out-of-order execution. Memory reordering can be used to fully utilize the bus-bandwidth of different types of memory such as caches and memory banks. (en)
rdfs:label
  • Memory ordering (en)
  • メモリオーダリング (ja)
  • 内存排序 (zh)
rdfs:seeAlso
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of