Alfredo Campoli (20 October 1906 – 27 March 1991) was an Italian-born British violinist, often known simply as Campoli. He was noted for the beauty of the tone he produced from the violin. Campoli spent his childhood and much of his career in England.

Property Value
dbo:abstract
  • Alfredo Campoli (Rome, 20 octobre 1906 – Princes Risborough, 27 mars 1991) est un violoniste britannique, italien de naissance, souvent désigné simplement Campoli. Il était réputé pour la beauté de sa sonorité produite au violon. Campoli a passé son enfance et une grande partie de sa carrière en Angleterre. (fr)
  • アルフレード・カンポリ(Alfredo Campoli、1906年10月20日 - 1991年3月27日)は、イタリア出身のヴァイオリニスト。 ローマの生まれ。サンタ・チェチーリア国立アカデミアのヴァイオリン教師だった父から幼少時よりヴァイオリンを学ぶ。1911年にロンドンに移住し、1919年にロンドン音楽祭のヴァイオリン・コンクールで優勝した。1923年にウィグモア・ホールでデビューを飾り、ネリー・メルバやクララ・バットといった往年の名歌手たちの演奏旅行に随行した。1930年代には、自らサロン・オーケストラを結成し、レコーディングや放送等を通じて名声を高めた。第二次世界大戦後は1953年にカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たし、1956年にはロシアを訪問している。1955年にはアーサー・ブリスのヴァイオリン協奏曲を初演した。1986年に引退。 ブリッジの名手としても知られたが、ブリッジの試合の為に訪れていたにて死去。 (ja)
  • Alfredo Campoli (20 October 1906 – 27 March 1991) was an Italian-born British violinist, often known simply as Campoli. He was noted for the beauty of the tone he produced from the violin. Campoli spent his childhood and much of his career in England. (en)
  • Alfredo Campoli (Rome, 20 oktober 1906 – Princes Risborough, 27 maart 1991) was een in Italië geboren Brits violist. (nl)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20337174 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6914 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 972012379 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
schema:sameAs
rdf:type
rdfs:comment
  • Alfredo Campoli (Rome, 20 octobre 1906 – Princes Risborough, 27 mars 1991) est un violoniste britannique, italien de naissance, souvent désigné simplement Campoli. Il était réputé pour la beauté de sa sonorité produite au violon. Campoli a passé son enfance et une grande partie de sa carrière en Angleterre. (fr)
  • アルフレード・カンポリ(Alfredo Campoli、1906年10月20日 - 1991年3月27日)は、イタリア出身のヴァイオリニスト。 ローマの生まれ。サンタ・チェチーリア国立アカデミアのヴァイオリン教師だった父から幼少時よりヴァイオリンを学ぶ。1911年にロンドンに移住し、1919年にロンドン音楽祭のヴァイオリン・コンクールで優勝した。1923年にウィグモア・ホールでデビューを飾り、ネリー・メルバやクララ・バットといった往年の名歌手たちの演奏旅行に随行した。1930年代には、自らサロン・オーケストラを結成し、レコーディングや放送等を通じて名声を高めた。第二次世界大戦後は1953年にカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たし、1956年にはロシアを訪問している。1955年にはアーサー・ブリスのヴァイオリン協奏曲を初演した。1986年に引退。 ブリッジの名手としても知られたが、ブリッジの試合の為に訪れていたにて死去。 (ja)
  • Alfredo Campoli (20 October 1906 – 27 March 1991) was an Italian-born British violinist, often known simply as Campoli. He was noted for the beauty of the tone he produced from the violin. Campoli spent his childhood and much of his career in England. (en)
  • Alfredo Campoli (Rome, 20 oktober 1906 – Princes Risborough, 27 maart 1991) was een in Italië geboren Brits violist. (nl)
rdfs:label
  • Alfredo Campoli (en)
  • Alfredo Campoli (fr)
  • アルフレード・カンポリ (ja)
  • Alfredo Campoli (nl)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of