69 (シクスティナイン Shikusutinain) is a roman à clef novel by Ryu Murakami. It was published first in 1987. It takes place in 1969, and tells the story of some high school students coming of age in an obscure Japanese city who try to mimic the counter-culture movements taking place in Tokyo and other parts of the world.

Property Value
dbo:abstract
  • 69 (シクスティナイン Shikusutinain) is a roman à clef novel by Ryu Murakami. It was published first in 1987. It takes place in 1969, and tells the story of some high school students coming of age in an obscure Japanese city who try to mimic the counter-culture movements taking place in Tokyo and other parts of the world. (en)
  • 『69 sixty nine』(シクスティ・ナイン)は、1987年に集英社から出版された村上龍の長編小説。1990年に集英社文庫、2004年に集英社から新装版の単行本、2007年に文春文庫からも刊行された。また2013年にはG2010からiBooksの電子書籍としてリリースされた。 1969年の長崎県佐世保市を舞台に、学校のバリケード封鎖、フェスティバルの開催など作者自身の実体験を基にした自伝的な青春小説である。当時の音楽や映画などの固有名詞が多く登場する。 作者は「これは楽しい小説である。こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた。」と述べており、全編通して男子高校生の馬鹿馬鹿しくコミカルな思考や言動が描かれている。文章中のフレーズを極端に大きなフォントで強調するという手法が使われている。 2004年に主演妻夫木聡、脚本宮藤官九郎、監督李相日で映画化された。 (ja)
  • 《69 sixty nine》,日本作家村上龍的自傳小說。1987年8月由集英社出版,累積銷售超過一百萬本。 2004年改編為電影,獲得第47回藍絲帶賞日本十佳電影,并赴釜山國際電影節、鹿特丹影展參展。2006年在台北電影節首映即獲得極大好評,是觀眾好評必看的最佳青春電影。於2007年6月1日-6月14日台灣「69青春影展」再次放映。 (zh)
  • «69» (яп. シクスティナイン Shikusutinain) — роман японского писателя Рю Мураками. (ru)
dbo:author
dbo:country
dbo:dcc
  • 895.6/35 20
dbo:isbn
  • 4-7700-1736-7
dbo:language
dbo:lcc
  • PL856.U696 S4813 1993
dbo:literaryGenre
dbo:mediaType
dbo:numberOfPages
  • 192 (xsd:integer)
dbo:oclc
  • 28549113
dbo:translator
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1587390 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 696226826 (xsd:integer)
dbp:caption
  • First English language edition
dbp:published
  • 1987 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 69 (シクスティナイン Shikusutinain) is a roman à clef novel by Ryu Murakami. It was published first in 1987. It takes place in 1969, and tells the story of some high school students coming of age in an obscure Japanese city who try to mimic the counter-culture movements taking place in Tokyo and other parts of the world. (en)
  • 『69 sixty nine』(シクスティ・ナイン)は、1987年に集英社から出版された村上龍の長編小説。1990年に集英社文庫、2004年に集英社から新装版の単行本、2007年に文春文庫からも刊行された。また2013年にはG2010からiBooksの電子書籍としてリリースされた。 1969年の長崎県佐世保市を舞台に、学校のバリケード封鎖、フェスティバルの開催など作者自身の実体験を基にした自伝的な青春小説である。当時の音楽や映画などの固有名詞が多く登場する。 作者は「これは楽しい小説である。こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた。」と述べており、全編通して男子高校生の馬鹿馬鹿しくコミカルな思考や言動が描かれている。文章中のフレーズを極端に大きなフォントで強調するという手法が使われている。 2004年に主演妻夫木聡、脚本宮藤官九郎、監督李相日で映画化された。 (ja)
  • 《69 sixty nine》,日本作家村上龍的自傳小說。1987年8月由集英社出版,累積銷售超過一百萬本。 2004年改編為電影,獲得第47回藍絲帶賞日本十佳電影,并赴釜山國際電影節、鹿特丹影展參展。2006年在台北電影節首映即獲得極大好評,是觀眾好評必看的最佳青春電影。於2007年6月1日-6月14日台灣「69青春影展」再次放映。 (zh)
  • «69» (яп. シクスティナイン Shikusutinain) — роман японского писателя Рю Мураками. (ru)
rdfs:label
  • 69 (novel) (en)
  • 69 sixty nine (ja)
  • 69 (роман) (ru)
  • 69 sixty nine (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 69 (en)
  • 69 sixty nine (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is foaf:primaryTopic of