An Entity of Type: Thing, from Named Graph: http://dbpedia.org, within Data Space: dbpedia.org

Social statistics is the use of statistical measurement systems to study human behavior in a social environment. This can be accomplished through polling a group of people, evaluating a subset of data obtained about a group of people, or by observation and statistical analysis of a set of data that relates to people and their behaviors.

Property Value
dbo:abstract
  • Social statistics is the use of statistical measurement systems to study human behavior in a social environment. This can be accomplished through polling a group of people, evaluating a subset of data obtained about a group of people, or by observation and statistical analysis of a set of data that relates to people and their behaviors. (en)
  • 社会統計学(しゃかいとうけいがく、social statistics、独 Sozialstatistik)とは、統計学を、社会学などの社会科学に応用したもので、応用統計学の一種と考えられる。社会調査において用いる統計学といってもよい。社会調査では、国勢調査などの例外を除き、社会の中の全ての人々を調査することはできない。そのためサンプリング(標本抽出)による標本調査によりデータを得て分析を行う。そのデータから社会全体(目標母集団)の状態や特徴を推定したり、仮説を検証するために社会統計学を用いる。 とくに母集団と標本の関係について重視することが特徴である。その意味で推計統計学の一種である。また、多くの分析手法は、分析対象のデータが正規分布しているという前提に基づいているが、実際のデータは正規分布とは限らない。例えば社会調査における質問項目(変数)では、場合によっては回答の偏りが大きく、ほぼ全員が「はい」と答えるものもある。そのような変数の分布を分析することはできない。ただし、標本サイズが数百以上など大きい時は、正規分布と見なしてもほとんど問題ない。の基本は、データの分布(散らばり具合、分散、標準偏差)を解明することである。 心理学における実験は通常、標本サイズが小さいため、に基づき統計的検定を行う。変数間(要因間)の関連の大きさを検討することは少ない。むしろ統計的検定により、関連があるかないかを解明することを目的としている。このようなデータは、暗黙の内にはすべて人間として均質であるという前提があり、無作為抽出を行うことはなく、現実には実験参加者のほとんどが学生である。そのため年齢や学歴などの効果を検討することはできない。 社会調査データを用いる場合は、に基づき何らかの多変量解析法を用い、変数間の関連の大きさを解明することを目的とする。究極的な目的は、分析により説明変数(独立変数)と被説明変数(従属変数、目的変数)の関連を検討することにより、社会現象が起こる因果関係を解明することである。社会学では実験計画が困難な場合が多いので、様々な変数をコントロールするための分析が発達している。多変量解析の手法としては、基本的な重回帰分析や分散分析の他、やが特徴的である。説明変数と被説明変数を区別しない分析法としては因子分析や(数量化Ⅲ類)、多次元尺度構成法(MDS)等がある。SAS, SPSS, Stata, R言語, S言語, LEMなどの分析用ソフトウェアが用いられる。 (ja)
  • Estatística social é o ramo da estatística que avalia factores relativos à sociedade (à população em geral). A Estatística Social procura o conhecimento de situações e transformações ocorridas na realidade social, econômica e ambiental de um país e objetiva auxiliar na formulação e a avaliação de políticas públicas. (pt)
  • 社會統計學(social statistics)是統計學的應用分支,有系統地蒐集、整理、分析、呈現社會環境中人類行為的數據資料,顯現資料的性質,幫助個人、團體、企業或政府推論未來情況,並做出適當的決策。研究者利用隨機抽樣方法取得母體或樣本資料後,可以發現資料的規律性,藉此進行經驗探究。由於社會統計學的研究對象是人類社會,常以個人為分析單位;因此,在測量尺度上相當重視名義尺度與順序尺度的資料,而不僅止於等距尺度資料。此外,「人類」有主觀意識,容易影響問卷填答與回收,甚至是分析;信度與效度對社會統計學而言是至為重要的問題。 (zh)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 285943 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11914 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 1053952341 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:b
  • Social Statistics (en)
dbp:c
  • no (en)
dbp:d
  • Q3274962 (en)
dbp:m
  • no (en)
dbp:mw
  • no (en)
dbp:n
  • no (en)
dbp:q
  • no (en)
dbp:s
  • no (en)
dbp:species
  • no (en)
dbp:v
  • no (en)
dbp:voy
  • no (en)
dbp:wikiPageUsesTemplate
dbp:wikt
  • no (en)
dct:isPartOf
dct:subject
gold:hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Social statistics is the use of statistical measurement systems to study human behavior in a social environment. This can be accomplished through polling a group of people, evaluating a subset of data obtained about a group of people, or by observation and statistical analysis of a set of data that relates to people and their behaviors. (en)
  • Estatística social é o ramo da estatística que avalia factores relativos à sociedade (à população em geral). A Estatística Social procura o conhecimento de situações e transformações ocorridas na realidade social, econômica e ambiental de um país e objetiva auxiliar na formulação e a avaliação de políticas públicas. (pt)
  • 社會統計學(social statistics)是統計學的應用分支,有系統地蒐集、整理、分析、呈現社會環境中人類行為的數據資料,顯現資料的性質,幫助個人、團體、企業或政府推論未來情況,並做出適當的決策。研究者利用隨機抽樣方法取得母體或樣本資料後,可以發現資料的規律性,藉此進行經驗探究。由於社會統計學的研究對象是人類社會,常以個人為分析單位;因此,在測量尺度上相當重視名義尺度與順序尺度的資料,而不僅止於等距尺度資料。此外,「人類」有主觀意識,容易影響問卷填答與回收,甚至是分析;信度與效度對社會統計學而言是至為重要的問題。 (zh)
  • 社会統計学(しゃかいとうけいがく、social statistics、独 Sozialstatistik)とは、統計学を、社会学などの社会科学に応用したもので、応用統計学の一種と考えられる。社会調査において用いる統計学といってもよい。社会調査では、国勢調査などの例外を除き、社会の中の全ての人々を調査することはできない。そのためサンプリング(標本抽出)による標本調査によりデータを得て分析を行う。そのデータから社会全体(目標母集団)の状態や特徴を推定したり、仮説を検証するために社会統計学を用いる。 とくに母集団と標本の関係について重視することが特徴である。その意味で推計統計学の一種である。また、多くの分析手法は、分析対象のデータが正規分布しているという前提に基づいているが、実際のデータは正規分布とは限らない。例えば社会調査における質問項目(変数)では、場合によっては回答の偏りが大きく、ほぼ全員が「はい」と答えるものもある。そのような変数の分布を分析することはできない。ただし、標本サイズが数百以上など大きい時は、正規分布と見なしてもほとんど問題ない。の基本は、データの分布(散らばり具合、分散、標準偏差)を解明することである。 (ja)
rdfs:label
  • Social statistics (en)
  • الإحصاء في علم الاجتماع (ar)
  • 社会統計学 (ja)
  • Estatística social (pt)
  • 社會統計學 (zh)
owl:sameAs
skos:closeMatch
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:academicDiscipline of
is dbo:knownFor of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbp:field of
is dbp:knownFor of
is foaf:primaryTopic of
Powered by OpenLink Virtuoso    This material is Open Knowledge     W3C Semantic Web Technology     This material is Open Knowledge    Valid XHTML + RDFa
This content was extracted from Wikipedia and is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License