Wally's Cafe located in the South End of Boston, Massachusetts, and claims to be among the oldest continually operating jazz clubs in the United States. Wally's was founded by Joseph L. Walcott who was a Barbadian who immigrated to America in 1910. After reaching Ellis Island, Mr. Walcott, better known as "Wally," joined his brother, who had migrated a few years earlier, in Boston. Wally held many jobs, and with his savings he opened Wally's Paradise at 428 Massachusetts Avenue in 1947. Wally was the first African American to own a nightclub in New England; he brought new acts to town and the nightclub became an attraction for jazz aficionados who rushed to see the famous bands of the day.

Property Value
dbo:abstract
  • ウォーリーズ・カフェ(Wally's Cafe)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンの(South End)にある、継続的に経営されているものとしては最も古い部類に入るジャズ・クラブ。近くのバークリー音楽大学出身者を含め、ボストン近郊の多数のミュージシャンにとって、本拠地となってきた。 ウォーリーズは、バルバドス出身で、1910年にアメリカ合衆国へ移民した、ジョセフ・L・ウォルコット(Joseph L. Walcott)によって創業された。(移民管理局が置かれていた)エリス島にたどり着いた後、通称「ウォーリー (Wally)」で知られていたウォルコットは、いち早く数年前にボストンへ移民していた兄に合流した。ウォーリーは様々な仕事をして資金を貯め、1947年に、自分の店「ウォーリーズ・パラダイス(Wally's Paradise)」を、マサチューセッツ・アベニュー428番地(428 Massachusetts Avenue)で開業した。ウォーリーは、ニューイングランド初の、アフリカ系アメリカ人のナイトクラブ・オーナーであった。彼は新しい演奏者を町に紹介し、彼の店には熱心なジャズ愛好家が当時の有名バンドを見に押し掛けるようになった。 やがて1960年代になり、ビッグバンドの時代は去って行った。ウォーリーは、バークリー音楽大学をはじめ、ボストン音楽院やニューイングランド音楽院など、優れた音楽学校に通う若いミュージシャンを出演させて、ジャズへの取り組みを続けた。ウォルコットは、若い学生ミュージシャンを雇い、年季が入ったビッグバンド時代のベテランであるプロたちと共演させた。こうした共演は特別なものであり、この形態のおかげで、ウォルコットはジャズ好きのニューイングランドの聴衆に、奉仕し続けることができた。 1979年、ウォーリーは、それまでのマサチューセッツ・アベニュー428番から、通りの向かい側の427番地にある現在の場所へと移転した。ウォーリーズ・カフェは、今では年中無休で生演奏を提供している。ここで演奏するミュージシャンの多くはプロであるが、現在もウォーリーズは、以前と同様に、学生たちに出演機会を提供して腕を磨かせている。 1998年にウォーリーが101歳で亡くなった後は、3人の子どもたちが店を引き継いだ。現在も、ウォルコットの娘エリノア(Elynor)と、3人の孫息子ポール(Paul)、フランク(Frank)、ロイド(Lloyd)のポインデクスター(Poindexter)家による、家族経営が続いている。 2009年1月30日、(The Bostonian Society)は、この建物に歴史的ランドマークとしてのプラークを設置した。 (ja)
  • Wally's Cafe located in the South End of Boston, Massachusetts, and claims to be among the oldest continually operating jazz clubs in the United States. Wally's was founded by Joseph L. Walcott who was a Barbadian who immigrated to America in 1910. After reaching Ellis Island, Mr. Walcott, better known as "Wally," joined his brother, who had migrated a few years earlier, in Boston. Wally held many jobs, and with his savings he opened Wally's Paradise at 428 Massachusetts Avenue in 1947. Wally was the first African American to own a nightclub in New England; he brought new acts to town and the nightclub became an attraction for jazz aficionados who rushed to see the famous bands of the day. The Sixties arrived, and the Big Band era was diminishing. Wally maintained his commitment to jazz by featuring young musicians who were attending prominent academic institutions such as Berklee College of Music, the Boston Conservatory, and the New England Conservatory of Music. Mr. Walcott hired these young music students and mixed them with seasoned professionals who were veterans of the Big Band era. This mix of talent was special, and the format enabled Mr. Walcott to continue to serve the jazz loving audiences of New England. In 1979, Wally closed its original location at 428 Massachusetts Avenue and moved across the street to 427 Massachusetts Avenue, the present location of the nightclub. Wally's Café now features live music 365 days a year. Many of the musicians are professionals, but Wally's still maintains its tradition of providing students with a stage to perfect their craft. After Wally's death in 1998 at age 101, his three children took over the bar, and today Wally's is a family club managed by Walcott's daughter, Elynor, and his three grandsons, Paul, Frank, and Lloyd Poindexter. (en)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 18919013 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2840 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 964014597 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
georss:point
  • 42.3407 -71.0822
rdf:type
rdfs:comment
  • Wally's Cafe located in the South End of Boston, Massachusetts, and claims to be among the oldest continually operating jazz clubs in the United States. Wally's was founded by Joseph L. Walcott who was a Barbadian who immigrated to America in 1910. After reaching Ellis Island, Mr. Walcott, better known as "Wally," joined his brother, who had migrated a few years earlier, in Boston. Wally held many jobs, and with his savings he opened Wally's Paradise at 428 Massachusetts Avenue in 1947. Wally was the first African American to own a nightclub in New England; he brought new acts to town and the nightclub became an attraction for jazz aficionados who rushed to see the famous bands of the day. (en)
  • ウォーリーズ・カフェ(Wally's Cafe)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンの(South End)にある、継続的に経営されているものとしては最も古い部類に入るジャズ・クラブ。近くのバークリー音楽大学出身者を含め、ボストン近郊の多数のミュージシャンにとって、本拠地となってきた。 ウォーリーズは、バルバドス出身で、1910年にアメリカ合衆国へ移民した、ジョセフ・L・ウォルコット(Joseph L. Walcott)によって創業された。(移民管理局が置かれていた)エリス島にたどり着いた後、通称「ウォーリー (Wally)」で知られていたウォルコットは、いち早く数年前にボストンへ移民していた兄に合流した。ウォーリーは様々な仕事をして資金を貯め、1947年に、自分の店「ウォーリーズ・パラダイス(Wally's Paradise)」を、マサチューセッツ・アベニュー428番地(428 Massachusetts Avenue)で開業した。ウォーリーは、ニューイングランド初の、アフリカ系アメリカ人のナイトクラブ・オーナーであった。彼は新しい演奏者を町に紹介し、彼の店には熱心なジャズ愛好家が当時の有名バンドを見に押し掛けるようになった。 2009年1月30日、(The Bostonian Society)は、この建物に歴史的ランドマークとしてのプラークを設置した。 (ja)
rdfs:label
  • Wally's Cafe (en)
  • ウォーリーズ・カフェ (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(-71.08219909668 42.340698242188)
geo:lat
  • 42.340698 (xsd:float)
geo:long
  • -71.082199 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of