About: Teleseism

An Entity of Type: Thing, from Named Graph: http://dbpedia.org, within Data Space: dbpedia.org

A teleseism is a tremor caused by an earthquake that is very far away. According to the USGS, the term teleseismic refers to earthquakes that occur more than 1000 km from the measurement site. Often teleseismic events can be picked up only by seismometers that are in low background noise locations; whereas, in general, a tremor of a magnitude 5.3 earthquake can be seen anywhere in the world with modern seismic instruments.

Property Value
dbo:abstract
  • 遠地地震(えんちじしん、英: Teleseism)とは、地震の発生場所(震源地)が、国外など非常に遠い場所(2000〜5000kmの範囲内)にある地震のことをいう。 USGSは、震央距離がおよそ1000km以上の地震のことをこう呼んでいる。それよりも近いところで発生した地震は「近地地震」と呼ばれる。遠地地震の走時曲線を調べることにより、地球は地殻・マントル・外核・内核からなることがわかる。また近地地震の走時曲線を調べることにより、地球の内部構造は、均質ではなく地殻とマントルの2層構造であることなどがわかる。 この遠地地震に伴う津波を「遠地津波」と呼ぶ。これは、地震の発生場所から遠く離れており、揺れが観測されなかった地域であるにも関わらず、津波が観測される現象である。日本においては、震央が、本州・四国・九州・北海道の沿岸から約600km以遠の地震に伴う津波をこのように呼んでいる。 日本の気象庁では、国外でマグニチュード7.0 以上の地震、または都市部など著しい被害が発生する可能性がある地域で規模の大きな地震が発生した場合に、地震発生から概ね30分以内に「遠地地震に関する情報」を発表し、地震の発生時刻、発生場所(震源)、規模(マグニチュード)、日本や国外への津波の影響などの情報を提供している。国外においても津波の観測状況がわかった場合においては情報の内容は随時更新される。日本には、1960年のチリ地震津波の事例のように、チリなど南米で発生する地震により、たびたび遠地津波が襲来するためである。 気象庁では、2010年のチリ地震による津波を踏まえ、太平洋の遠い海域で発生し日本へ来襲する遠地津波における予測精度の向上のため、 遠地津波データベースの改善、遠地津波予測シミュレーションの高速化・高精度化を行うとともに、 これらによる日本沿岸での津波予測値を海外の津波観測データを利用して修正し、より適切な津波警報等を発表する津波評価・解析装置の整備を進めるなどの対策を行ってきた。例えば南鳥島には、1996年4月に、南米などから襲来する津波を、日本沿岸に到達する前に捕らえるための「遠地津波観測計」が設置された。ここで観測されたデータは、衛星回線を経由して気象庁へ伝送され、 津波注意報・津波警報などの情報に反映されている。 (ja)
  • A teleseism is a tremor caused by an earthquake that is very far away. According to the USGS, the term teleseismic refers to earthquakes that occur more than 1000 km from the measurement site. Often teleseismic events can be picked up only by seismometers that are in low background noise locations; whereas, in general, a tremor of a magnitude 5.3 earthquake can be seen anywhere in the world with modern seismic instruments. (en)
dbo:wikiPageID
  • 1253147 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1035 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 1029558344 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
gold:hypernym
rdfs:comment
  • A teleseism is a tremor caused by an earthquake that is very far away. According to the USGS, the term teleseismic refers to earthquakes that occur more than 1000 km from the measurement site. Often teleseismic events can be picked up only by seismometers that are in low background noise locations; whereas, in general, a tremor of a magnitude 5.3 earthquake can be seen anywhere in the world with modern seismic instruments. (en)
  • 遠地地震(えんちじしん、英: Teleseism)とは、地震の発生場所(震源地)が、国外など非常に遠い場所(2000〜5000kmの範囲内)にある地震のことをいう。 USGSは、震央距離がおよそ1000km以上の地震のことをこう呼んでいる。それよりも近いところで発生した地震は「近地地震」と呼ばれる。遠地地震の走時曲線を調べることにより、地球は地殻・マントル・外核・内核からなることがわかる。また近地地震の走時曲線を調べることにより、地球の内部構造は、均質ではなく地殻とマントルの2層構造であることなどがわかる。 この遠地地震に伴う津波を「遠地津波」と呼ぶ。これは、地震の発生場所から遠く離れており、揺れが観測されなかった地域であるにも関わらず、津波が観測される現象である。日本においては、震央が、本州・四国・九州・北海道の沿岸から約600km以遠の地震に伴う津波をこのように呼んでいる。 (ja)
rdfs:label
  • 遠地地震 (ja)
  • Teleseism (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of
Powered by OpenLink Virtuoso    This material is Open Knowledge     W3C Semantic Web Technology     This material is Open Knowledge    Valid XHTML + RDFa
This content was extracted from Wikipedia and is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License