About: Taylor Hobson

An Entity of Type: company, from Named Graph: http://dbpedia.org, within Data Space: dbpedia.org

Taylor Hobson is an English company founded in 1886 and located in Leicester, England. Originally a manufacturer of still camera and cine lenses, the company now manufactures precision metrology instruments—in particular, profilometers for the analysis of surface textures and forms. Taylor Hobson is now part of Ametek's Ultra Precision Technologies Group.

Property Value
dbo:abstract
  • テーラーホブソン(Taylor Hobson )はイギリスの精密測定機メーカー。元は光学機器メーカーであり、映画用レンズ、軍用光学機器の他リード用など一般カメラ用レンズを製作していた。 * 1886年 - 光学設計者のトーマス・テーラー(Thomas Smithies Taylor )と技術者のウィリアム・テーラー(William Taylor )兄弟が"T.S. and W. Taylor"設立。光学レンズを製造する。 * 1887年 - ホブソン(W.S.H Hobson )が加わりテーラー、テーラーホブソン(Taylor,Taylor&Hobson )となる。 * 1893年 - T. Cooke & Sons(en:T. Cooke & Sons)からのトリプレットのライセンスにより「クック・トリプレット」を発売。 * 1905年 - ウィリアム・テーラーが風洞実験に基づきゴルフボールのディンプルについて加工特許を取得。 * 1920年 - 設計者ホレース・ウィリアム・リー(Horace William Lee )が、現在一般的な変形ガウス型レンズ構成の元祖となるオピック(Opic )発明。 * 1920年代後半 - スピード・パンクロ(Speed Panchro )F2を発明。 * 1941年 テーラーホブソンの開発者リーズン博士により世界初の触針式表面粗さ測定機「タリサーフ1」と中心線平均粗さCLA(現在のISO/JIS規格パラメータRaのオリジナル)が誕生。 * 1949年 世界初の回転触針式真円度測定機「タリロンド1」を発明。 * 1946年 Rank Organization(ランク社)の傘下となり、「ランク・テーラーホブソン」となる。 * 1973年 超高精度真円度測定機タリロンド73を発表。各国の国家標準機として稼動中。 * 1988年 ゴードン・H・クックがアカデミー賞(ゴードン・ソイヤー賞)を受賞。 * 1998年 テーラーホブソンのレンズ製造部門がCooke Opticsとして独立。テーラホブソンは精密加工、測定分野に特化した。 * 2004年 アメテック社の傘下となり、「アメテックテーラーホブソン」となる。 (ja)
  • Taylor Hobson is an English company founded in 1886 and located in Leicester, England. Originally a manufacturer of still camera and cine lenses, the company now manufactures precision metrology instruments—in particular, profilometers for the analysis of surface textures and forms. Taylor Hobson is now part of Ametek's Ultra Precision Technologies Group. (en)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 35188284 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8554 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 910638217 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
gold:hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Taylor Hobson is an English company founded in 1886 and located in Leicester, England. Originally a manufacturer of still camera and cine lenses, the company now manufactures precision metrology instruments—in particular, profilometers for the analysis of surface textures and forms. Taylor Hobson is now part of Ametek's Ultra Precision Technologies Group. (en)
  • テーラーホブソン(Taylor Hobson )はイギリスの精密測定機メーカー。元は光学機器メーカーであり、映画用レンズ、軍用光学機器の他リード用など一般カメラ用レンズを製作していた。 * 1886年 - 光学設計者のトーマス・テーラー(Thomas Smithies Taylor )と技術者のウィリアム・テーラー(William Taylor )兄弟が"T.S. and W. Taylor"設立。光学レンズを製造する。 * 1887年 - ホブソン(W.S.H Hobson )が加わりテーラー、テーラーホブソン(Taylor,Taylor&Hobson )となる。 * 1893年 - T. Cooke & Sons(en:T. Cooke & Sons)からのトリプレットのライセンスにより「クック・トリプレット」を発売。 * 1905年 - ウィリアム・テーラーが風洞実験に基づきゴルフボールのディンプルについて加工特許を取得。 * 1920年 - 設計者ホレース・ウィリアム・リー(Horace William Lee )が、現在一般的な変形ガウス型レンズ構成の元祖となるオピック(Opic )発明。 * 1920年代後半 - スピード・パンクロ(Speed Panchro )F2を発明。 * 1941年 テーラーホブソンの開発者リーズン博士により世界初の触針式表面粗さ測定機「タリサーフ1」と中心線平均粗さCLA(現在のISO/JIS規格パラメータRaのオリジナル)が誕生。 * 1949年 世界初の回転触針式真円度測定機「タリロンド1」を発明。 * 1946年 Rank Organization(ランク社)の傘下となり、「ランク・テーラーホブソン」となる。 * 1973年 超高精度真円度測定機タリロンド73を発表。各国の国家標準機として稼動中。 * 19 (ja)
rdfs:label
  • テーラーホブソン (ja)
  • Taylor Hobson (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of
Powered by OpenLink Virtuoso    This material is Open Knowledge     W3C Semantic Web Technology     This material is Open Knowledge    Valid XHTML + RDFa
This content was extracted from Wikipedia and is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License