An Entity of Type: language, from Named Graph: http://dbpedia.org, within Data Space: dbpedia.org

The Snow White design language is an industrial design language which was developed by Hartmut Esslinger's Frog Design. Used by Apple Computer from 1984 to 1990, the scheme has vertical and horizontal stripes for decoration, ventilation, and to create the illusion that the computer enclosure is smaller than it actually is. The stripe element bears some similarity to earlier product designs at Atari, where Steve Jobs was a part-time technician from 1974-1975.

Property Value
dbo:abstract
  • The Snow White design language is an industrial design language which was developed by Hartmut Esslinger's Frog Design. Used by Apple Computer from 1984 to 1990, the scheme has vertical and horizontal stripes for decoration, ventilation, and to create the illusion that the computer enclosure is smaller than it actually is. The stripe element bears some similarity to earlier product designs at Atari, where Steve Jobs was a part-time technician from 1974-1975. The design language boosted Apple's global reputation, set design trends for the computer industry, and molded the perception of computers in the manufacturing and business world. Among other design features, Esslinger's presentation of the Apple logo—a three-dimensional logo inlaid into the product case with the product name printed onto its surface—was included on nearly every product for several years. (en)
  • スノーホワイトデザイン言語とはハルトムット・エスリンガーのフロッグデザインで開発されたである。1984年から1990年にかけてApple Computerによって使用されたこのスキームには装飾、換気、実際よりもコンピューターの筐体が小さいと錯覚させるために垂直および水平のストライプが入っており、その中でも、小さく見せるという要素は同様のストライプが入った初期のアタリ製品のデザインに触発されたものだが(スティーヴ・ジョブズは1974年から1975年にかけてアタリの従業員だった)、デザインを猿真似したわけではない。 このデザイン言語は、Appleの世界的な評判を高め、コンピューター業界のデザイントレンドを設定し、製造業およびビジネス界におけるコンピューターの認識を形成した。 他のデザイン的な特徴の中でも、エスリンガーによるAppleロゴの表示(製品ケースに製品名が表面に印刷された3次元ロゴ)は、数年前からほぼすべての製品に採用されていた。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3608414 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15483 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 1054696079 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
gold:hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • スノーホワイトデザイン言語とはハルトムット・エスリンガーのフロッグデザインで開発されたである。1984年から1990年にかけてApple Computerによって使用されたこのスキームには装飾、換気、実際よりもコンピューターの筐体が小さいと錯覚させるために垂直および水平のストライプが入っており、その中でも、小さく見せるという要素は同様のストライプが入った初期のアタリ製品のデザインに触発されたものだが(スティーヴ・ジョブズは1974年から1975年にかけてアタリの従業員だった)、デザインを猿真似したわけではない。 このデザイン言語は、Appleの世界的な評判を高め、コンピューター業界のデザイントレンドを設定し、製造業およびビジネス界におけるコンピューターの認識を形成した。 他のデザイン的な特徴の中でも、エスリンガーによるAppleロゴの表示(製品ケースに製品名が表面に印刷された3次元ロゴ)は、数年前からほぼすべての製品に採用されていた。 (ja)
  • The Snow White design language is an industrial design language which was developed by Hartmut Esslinger's Frog Design. Used by Apple Computer from 1984 to 1990, the scheme has vertical and horizontal stripes for decoration, ventilation, and to create the illusion that the computer enclosure is smaller than it actually is. The stripe element bears some similarity to earlier product designs at Atari, where Steve Jobs was a part-time technician from 1974-1975. (en)
rdfs:label
  • Snow White design language (en)
  • スノーホワイトデザイン言語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of
Powered by OpenLink Virtuoso    This material is Open Knowledge     W3C Semantic Web Technology     This material is Open Knowledge    Valid XHTML + RDFa
This content was extracted from Wikipedia and is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License