About: Georg Joos

An Entity of Type: person, from Named Graph: http://dbpedia.org, within Data Space: dbpedia.org

Georg Jakob Christof Joos (25 May 1894 in Bad Urach, German Empire – 20 May 1959 in Munich, West Germany) was a German experimental physicist. He wrote Lehrbuch der theoretischen Physik, first published in 1932 and one of the most influential theoretical physics textbooks of the 20th Century.

Property Value
dbo:abstract
  • Georg Jakob Christof Joos (25 maig 1894, , Imperi alemany - 20 maig 1959, Munic, Alemanya Federal) fou un físic teòric alemany que participà, en les primeres etapes, en la recerca per a l'aplicació de la fissió de l'urani amb finalitats militars pel III Reich. (ca)
  • جورج جوس (بالألمانية: Georg Joos)‏ (و. 1894 – 1959 م) هو فيزيائي، وأستاذ جامعي من ألمانيا . ولد في باد أوراخ. وكان عضواً في الحزب النازي .توفي في ميونخ ، عن عمر يناهز 65 عاماً. (ar)
  • Jakob Christoph Georg Joos (* 25. Mai 1894 in Bad Urach; † 20. Mai 1959 in München) war ein deutscher Physiker. (de)
  • Georg Jakob Christof Joos (25 May 1894 in Bad Urach, German Empire – 20 May 1959 in Munich, West Germany) was a German experimental physicist. He wrote Lehrbuch der theoretischen Physik, first published in 1932 and one of the most influential theoretical physics textbooks of the 20th Century. (en)
  • ゲオルク・ヨース(Georg Jakob Christof Joos, 1894年5月25日 - 1959年5月20日)はドイツの理論物理学者である。 バート・ウーラッハに生まれた。シュトゥットガルト工科大学、テュービンゲン大学で学んだ。ミュンヘン工科大学のヨナタン・ツェネック (Jonathan Zenneck) の助手などを務め、1924年にイェーナ大学の非常勤教授となり、相対性理論の講義を行った。1928年フェリックス・アウアーバッハ (Felix Auerbach) の後を継いで、常勤教授となった。1920年代の後半、より精度の高い装置をつかってマイケルソン・モーリーの実験の追試を行った。 1932年に発刊されたヨースの理論物理学の教科書Lehrbuch der theoretischen Physikは1940年代にアルノルト・ゾンマーフェルトのVorlesungen über theoretische Physikが出版されるまで、理論物理学のもっとも重要な著作のひとつであった。1933年にアドルフ・ヒトラーが首相になって、ユダヤ系の公職からの追放がはじまると、アメリカ合衆国に移民となったジェームズ・フランクの後をついで、ゲッティンゲン大学の教授の職と第2物理学研究所の所長の職を継いだ。 1936年の春、ヴェルナー・ハイゼンベルク、ハンス・ガイガー、マックス・ヴィーンらが反ユダヤ主義、量子力学を含む理論物理学に反対するドイツ物理学主義者の攻撃によって物理学の衰退することに懸念する請願書を帝国教育省に送った時、ヨースは請願の署名者を支持した。1941年にナチスの方針でヨースは大学を離れ、イェナのカール・ツァイスの工場の主任物理学者になり、第2次大戦が終わってミュンヘン工科大学の実験物理学の教授、物理学部長に就任するまで働いた。 (ja)
  • Jakob Christoph Georg Joos (Bad Urach, 25 de maio de 1894 — Munique, 20 de maio de 1959) foi um físico alemão. (pt)
  • 乔格·雅各布·克里斯托弗·朱斯(德語:Georg Jakob Christof Joos,1894年5月25日-1959年5月20日),德国实验物理学家。其撰写的《理论物理学课本》(德語:Lehrbuch der theoretischen Physik)是20世纪最有影响力的物理课本之一。 (zh)
dbo:wikiPageID
  • 11124147 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9231 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 1069749865 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
gold:hypernym
schema:sameAs
rdf:type
rdfs:comment
  • Georg Jakob Christof Joos (25 maig 1894, , Imperi alemany - 20 maig 1959, Munic, Alemanya Federal) fou un físic teòric alemany que participà, en les primeres etapes, en la recerca per a l'aplicació de la fissió de l'urani amb finalitats militars pel III Reich. (ca)
  • جورج جوس (بالألمانية: Georg Joos)‏ (و. 1894 – 1959 م) هو فيزيائي، وأستاذ جامعي من ألمانيا . ولد في باد أوراخ. وكان عضواً في الحزب النازي .توفي في ميونخ ، عن عمر يناهز 65 عاماً. (ar)
  • Jakob Christoph Georg Joos (* 25. Mai 1894 in Bad Urach; † 20. Mai 1959 in München) war ein deutscher Physiker. (de)
  • Georg Jakob Christof Joos (25 May 1894 in Bad Urach, German Empire – 20 May 1959 in Munich, West Germany) was a German experimental physicist. He wrote Lehrbuch der theoretischen Physik, first published in 1932 and one of the most influential theoretical physics textbooks of the 20th Century. (en)
  • Jakob Christoph Georg Joos (Bad Urach, 25 de maio de 1894 — Munique, 20 de maio de 1959) foi um físico alemão. (pt)
  • 乔格·雅各布·克里斯托弗·朱斯(德語:Georg Jakob Christof Joos,1894年5月25日-1959年5月20日),德国实验物理学家。其撰写的《理论物理学课本》(德語:Lehrbuch der theoretischen Physik)是20世纪最有影响力的物理课本之一。 (zh)
  • ゲオルク・ヨース(Georg Jakob Christof Joos, 1894年5月25日 - 1959年5月20日)はドイツの理論物理学者である。 バート・ウーラッハに生まれた。シュトゥットガルト工科大学、テュービンゲン大学で学んだ。ミュンヘン工科大学のヨナタン・ツェネック (Jonathan Zenneck) の助手などを務め、1924年にイェーナ大学の非常勤教授となり、相対性理論の講義を行った。1928年フェリックス・アウアーバッハ (Felix Auerbach) の後を継いで、常勤教授となった。1920年代の後半、より精度の高い装置をつかってマイケルソン・モーリーの実験の追試を行った。 1932年に発刊されたヨースの理論物理学の教科書Lehrbuch der theoretischen Physikは1940年代にアルノルト・ゾンマーフェルトのVorlesungen über theoretische Physikが出版されるまで、理論物理学のもっとも重要な著作のひとつであった。1933年にアドルフ・ヒトラーが首相になって、ユダヤ系の公職からの追放がはじまると、アメリカ合衆国に移民となったジェームズ・フランクの後をついで、ゲッティンゲン大学の教授の職と第2物理学研究所の所長の職を継いだ。 (ja)
rdfs:label
  • جورج جوس (ar)
  • Georg Joos (ca)
  • Georg Joos (de)
  • Georg Joos (en)
  • ゲオルク・ヨース (ja)
  • Georg Joos (pt)
  • 乔格·朱斯 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of
Powered by OpenLink Virtuoso    This material is Open Knowledge     W3C Semantic Web Technology     This material is Open Knowledge    Valid XHTML + RDFa
This content was extracted from Wikipedia and is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License