Agostino Lanzillo (31 October 1886 – 3 March 1952) was an Italian revolutionary syndicalist leader who later became a member of Benito Mussolini's fascist movement.

Property Value
dbo:abstract
  • Agostino Lanzillo (31 October 1886 – 3 March 1952) was an Italian revolutionary syndicalist leader who later became a member of Benito Mussolini's fascist movement. (en)
  • Agostino Lanzillo (Reggio Calabria, 31 ottobre 1886 – Milano, 3 marzo 1952) è stato un leader sindacalista rivoluzionario italiano, divenuto poi membro del movimento fascista di Benito Mussolini. (it)
  • アゴスティーノ・ランツィッロ(Agostino Lanzillo、1886年-1952年)は、ジョルジュ・ソレルに師事した革命的サンディカリスムの活動家であり、のちにベニート・ムッソリーニを中心とするファシズムの運動に加わった。南イタリアの出身。 永久戦争を唱えた師のソレルに影響を受けたランツィッロは、著書『社会主義の敗北(La disfatta del socialismo)』の中で、戦争(第一次世界大戦)を反資本主義的な革命と結びつける見解を示した。ランツィッロはいわば「塹壕共同体」としての戦争経験者を主体とした「(戦争の継続としての)革命」を志向した。『ポーポロ』紙の編集員であったランツィッロは、こうした見地から同紙の副題を「社会主義日刊紙」から「戦士と生産者の日刊紙」と変えた。 ランツィッロはジョルジュ・ソレルに師事したが、ソレルはプロレタリアート中心の視点を放棄しなかったという点で思想的相違が見られる。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1886-10-31 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1952-03-03 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:party
dbo:termPeriod
dbo:wikiPageID
  • 621847 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6844 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 876565391 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbp:almaMater
dbp:birthDate
  • 1886-10-31 (xsd:date)
dbp:birthPlace
  • Reggio Calabria, Italy (en)
dbp:constituencyMp
dbp:deathDate
  • 1952-03-03 (xsd:date)
dbp:deathPlace
dbp:name
  • Agostino Lanzillo (en)
dbp:parliament
  • Italian (en)
dbp:party
dbp:termEnd
  • 1929-01-21 (xsd:date)
dbp:termStart
  • 1924-05-24 (xsd:date)
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
schema:sameAs
rdf:type
rdfs:comment
  • Agostino Lanzillo (31 October 1886 – 3 March 1952) was an Italian revolutionary syndicalist leader who later became a member of Benito Mussolini's fascist movement. (en)
  • Agostino Lanzillo (Reggio Calabria, 31 ottobre 1886 – Milano, 3 marzo 1952) è stato un leader sindacalista rivoluzionario italiano, divenuto poi membro del movimento fascista di Benito Mussolini. (it)
  • アゴスティーノ・ランツィッロ(Agostino Lanzillo、1886年-1952年)は、ジョルジュ・ソレルに師事した革命的サンディカリスムの活動家であり、のちにベニート・ムッソリーニを中心とするファシズムの運動に加わった。南イタリアの出身。 永久戦争を唱えた師のソレルに影響を受けたランツィッロは、著書『社会主義の敗北(La disfatta del socialismo)』の中で、戦争(第一次世界大戦)を反資本主義的な革命と結びつける見解を示した。ランツィッロはいわば「塹壕共同体」としての戦争経験者を主体とした「(戦争の継続としての)革命」を志向した。『ポーポロ』紙の編集員であったランツィッロは、こうした見地から同紙の副題を「社会主義日刊紙」から「戦士と生産者の日刊紙」と変えた。 ランツィッロはジョルジュ・ソレルに師事したが、ソレルはプロレタリアート中心の視点を放棄しなかったという点で思想的相違が見られる。 (ja)
rdfs:label
  • Agostino Lanzillo (en)
  • Agostino Lanzillo (it)
  • アゴスティーノ・ランツィッロ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Agostino Lanzillo (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of