About: Inkjet paper     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : owl:Thing, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)
QRcode icon
http://dbpedia.org/describe/?url=http%3A%2F%2Fdbpedia.org%2Fresource%2FInkjet_paper

Inkjet paper is a special fine paper designed for inkjet printers, typically classified by its weight, brightness and smoothness, and sometimes by its opacity.

AttributesValues
rdfs:label
  • ورق نفث الحبر
  • Inkjet paper
  • 光沢紙
rdfs:comment
  • ورق نفث الحبر عبارة عن ورق خاص متميز بالجودة مصمم للاستخدام مع الطابعات النافثة للحبر، حيث يتم تصنيفه بشكل نموذجي حسب الوزن والسطوع والنعومة، وفي بعض الأحيان، عدم شفافيته.
  • Inkjet paper is a special fine paper designed for inkjet printers, typically classified by its weight, brightness and smoothness, and sometimes by its opacity.
  • 光沢紙(こうたくし)は、表面に光沢を持つ紙。その中でもとりわけ家庭用のプリンターでの印刷に適した紙を指す場合が多い。 光沢紙はインクジェットプリンターで写真を印刷する用途に特に適している。普通紙に比べ印刷した際のインクのにじみが少なく、鮮やかな発色が得られる。レーザープリンターでは、画像形成層やインク吸収層に用いられる樹脂が、転写ドラムで溶融し、転写ドラムに張り付くなどの可能性があり、正常な印刷結果が得られないだけでなく、プリンターの破損に繋がる恐れがあるため使用できない。 光沢紙の構造は基本的に4つの層から成る。印刷面から順に画像形成層、インク吸収層、白地調整層、ベース紙である。画像形成層は表面の光沢の質感を出し、保護の役割を果たす。インク吸収層は印刷されたインクを素早く吸収する。白地調整層では特に白色度の強い白色を形成し、ベース紙が紙そのものの厚みを調整する。 インクジェットプリンターのインクは水分を含んでいるため、印刷後に色が滲むことがある。それを避けるために印刷が終わった直後に乾燥した当て紙で挟み、しばらく圧力を掛ける。そうすることによりインク中の水分が当て紙へと逃げ、滲みを抑えることが出来る。またラミネートを行う場合は印刷直後に行わず、前述の方法で水分を取り除くことで質を保つことが出来る。 光沢紙の中でも表面の光沢がやや押さえられているものは半光沢紙と呼ぶことがある。
foaf:depiction
  • External Image
foaf:isPrimaryTopicOf
thumbnail
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
sameAs
dbp:wikiPageUsesTemplate
has abstract
  • ورق نفث الحبر عبارة عن ورق خاص متميز بالجودة مصمم للاستخدام مع الطابعات النافثة للحبر، حيث يتم تصنيفه بشكل نموذجي حسب الوزن والسطوع والنعومة، وفي بعض الأحيان، عدم شفافيته.
  • Inkjet paper is a special fine paper designed for inkjet printers, typically classified by its weight, brightness and smoothness, and sometimes by its opacity.
  • 光沢紙(こうたくし)は、表面に光沢を持つ紙。その中でもとりわけ家庭用のプリンターでの印刷に適した紙を指す場合が多い。 光沢紙はインクジェットプリンターで写真を印刷する用途に特に適している。普通紙に比べ印刷した際のインクのにじみが少なく、鮮やかな発色が得られる。レーザープリンターでは、画像形成層やインク吸収層に用いられる樹脂が、転写ドラムで溶融し、転写ドラムに張り付くなどの可能性があり、正常な印刷結果が得られないだけでなく、プリンターの破損に繋がる恐れがあるため使用できない。 光沢紙の構造は基本的に4つの層から成る。印刷面から順に画像形成層、インク吸収層、白地調整層、ベース紙である。画像形成層は表面の光沢の質感を出し、保護の役割を果たす。インク吸収層は印刷されたインクを素早く吸収する。白地調整層では特に白色度の強い白色を形成し、ベース紙が紙そのものの厚みを調整する。 インクジェットプリンターのインクは水分を含んでいるため、印刷後に色が滲むことがある。それを避けるために印刷が終わった直後に乾燥した当て紙で挟み、しばらく圧力を掛ける。そうすることによりインク中の水分が当て紙へと逃げ、滲みを抑えることが出来る。またラミネートを行う場合は印刷直後に行わず、前述の方法で水分を取り除くことで質を保つことが出来る。 光沢紙の中でも表面の光沢がやや押さえられているものは半光沢紙と呼ぶことがある。
prov:wasDerivedFrom
page length (characters) of wiki page
is foaf:primaryTopic of
is Link from a Wikipage to another Wikipage of
Faceted Search & Find service v1.17_git51 as of Sep 16 2020


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | iSPARQL | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 08.03.3319 as of Dec 29 2020, on Linux (x86_64-centos_6-linux-glibc2.12), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2021 OpenLink Software