About: Daejongism     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : yago:SocialGroup107950920, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)

Daejongism (Korean: 대종교, romanized: 大倧敎 Daejonggyo or Taejongkyo, "religion of the Divine Progenitor" or "great ancestral religion") or Dangunism (Korean: 단군교, romanized: 檀君敎 Dangungyo or Tangunkyo, "religion of Dangun") is the name of a number of religious movements within the framework of Korean shamanism, focused on the worship of Dangun (or Tangun). There are around seventeen of these groups, the main one of which was founded in Seoul in 1909 by Na Cheol (나철, 1864-1916).

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • Daejongism
  • 大倧教
  • 대종교
  • 大倧教
rdfs:comment
  • 大倧教(朝鮮語:대종교/大倧敎),是朝鲜王朝末期祟拜檀君,以檀君為始祖的大型朝鮮民族宗教,以追求朝鮮國民獨立統一為目標,同時拒斥外來的神,強調檀君是朝鮮獨自的神。 1909年1月15日、、李沂、金允植、成立,1910年7月30日改名大倧教,同時教內出現分裂,一派是以為首固守檀君教名稱的教徒,後來成為親日派,另一派是主張抗日的大倧教。 1915年10月,朝鮮總督府的「總督府令83号宗教統制案」斷定大倧教是以宗教為偽装的獨立運動團體,決定加以彈壓。經卷『』、『』成為大韓民國臨時政府指定國史教科書。 現在大韓民國約有50~60萬人大倧教信徒,教堂60餘所,修道院40餘所。
  • Daejongism (Korean: 대종교, romanized: 大倧敎 Daejonggyo or Taejongkyo, "religion of the Divine Progenitor" or "great ancestral religion") or Dangunism (Korean: 단군교, romanized: 檀君敎 Dangungyo or Tangunkyo, "religion of Dangun") is the name of a number of religious movements within the framework of Korean shamanism, focused on the worship of Dangun (or Tangun). There are around seventeen of these groups, the main one of which was founded in Seoul in 1909 by Na Cheol (나철, 1864-1916).
  • 大倧教(だいそうきょう)は、檀君を朝鮮民族の始祖として崇拝する朝鮮の民族宗教である。李氏朝鮮の末期に現れた檀君を崇拝する新宗教のなかでも最大級のものであり、朝鮮の国民の統一と独自のアイデンティティの確立を求める民族主義的な動きに呼応して出現した宗教であった。外来の神を拒否し、朝鮮独自の神としての檀君を強調していた。 1909年1月15日に羅喆、呉基鎬、李沂、金允植、柳瑾らが檀君教(단군교/檀君敎)を公表したのが始まりである。1910年7月30日に大倧教に名称を変更しようとした際、檀君教の名称を固守する鄭薫模と内紛を起こし、親日派の檀君教と抗日派の大倧教へと分派していった。 1915年10月に朝鮮総督府の「総督府令83号宗教統制案」により、大倧教は宗教団体に偽装した独立運動団体と規定され弾圧が激しくなると、すぐに総本司を満州和龍県青波湖に移して徐一、朴賛翊などと共に民族教育を行い独立活動家を養成し、『神檀実記』、『神檀民史』などの本を編纂したが、これは大韓民国臨時政府の国史教科書に指定された。 建国後は、檀紀年号や開天節を制定、弘益大学校を創立するなどある程度の影響力を発揮したが、1960年代以降、急激に衰退した。その原因としては、壬午教変など徹底的な弾圧、朝鮮戦争による混乱と北朝鮮による指導者拉致、軍事政権による排斥、西洋思想の普及、脱民族主義の拡散、教団の分裂などが挙げられている。
foaf:depiction
  • External Image
foaf:isPrimaryTopicOf
thumbnail
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
sameAs
dbp:wikiPageUsesTemplate
hangul
  • 대종교
RR
  • Daejonggyo
mr
  • Taejonggyo
has abstract
  • Daejongism (Korean: 대종교, romanized: 大倧敎 Daejonggyo or Taejongkyo, "religion of the Divine Progenitor" or "great ancestral religion") or Dangunism (Korean: 단군교, romanized: 檀君敎 Dangungyo or Tangunkyo, "religion of Dangun") is the name of a number of religious movements within the framework of Korean shamanism, focused on the worship of Dangun (or Tangun). There are around seventeen of these groups, the main one of which was founded in Seoul in 1909 by Na Cheol (나철, 1864-1916). Dangunists believe their mythos to be the authentic Korean native religion, that was already around as Gosindo (古神道, "way of the Ancestral God" or "ancient way of God") at the time of the first Mongol invasions of Korea, and that was revived as "Daejongism" (Daejonggyo) just at the start of the Japanese occupation. The religion was suppressed during the Japanese rule. The religion believes in one God manifested in three persons, whose earthly incarnation was the legendary king Dangun, who ruled over a Korean empire around 5000 years ago. Its main tenet is that the Koreans have their own God and they have no need to worship foreign gods. Its emphasis is on the national identity and unity of the Korean people (known as minjok) and as such has been associated with Korean nationalism (and sometimes ultranationalism). Daejongism does not focus so much on institutions or rituals but rather on central doctrines and associated mythologies, so that it is more definable as a creed or a faith system rather than an organized religion. In the decade of 1910-1920, it had its major growth, reaching an estimated following of 400,000. Its popularity was largely due to its efforts on behalf of Korean independence. Once this aim was achieved, its membership declined, although Daejongism acquired a reputation for its educational and scholarly institutions, which published in particular monumental works about Korea's struggle for independence and Daejongism's contribution to it. A 1995 census found that fewer than 10,000 Koreans claimed to follow the religion., although Korean census figures systematically underestimate the number of followers of new religions, who are often reluctant to indicate their religious affiliation.
  • 大倧教(だいそうきょう)は、檀君を朝鮮民族の始祖として崇拝する朝鮮の民族宗教である。李氏朝鮮の末期に現れた檀君を崇拝する新宗教のなかでも最大級のものであり、朝鮮の国民の統一と独自のアイデンティティの確立を求める民族主義的な動きに呼応して出現した宗教であった。外来の神を拒否し、朝鮮独自の神としての檀君を強調していた。 1909年1月15日に羅喆、呉基鎬、李沂、金允植、柳瑾らが檀君教(단군교/檀君敎)を公表したのが始まりである。1910年7月30日に大倧教に名称を変更しようとした際、檀君教の名称を固守する鄭薫模と内紛を起こし、親日派の檀君教と抗日派の大倧教へと分派していった。 1915年10月に朝鮮総督府の「総督府令83号宗教統制案」により、大倧教は宗教団体に偽装した独立運動団体と規定され弾圧が激しくなると、すぐに総本司を満州和龍県青波湖に移して徐一、朴賛翊などと共に民族教育を行い独立活動家を養成し、『神檀実記』、『神檀民史』などの本を編纂したが、これは大韓民国臨時政府の国史教科書に指定された。 建国後は、檀紀年号や開天節を制定、弘益大学校を創立するなどある程度の影響力を発揮したが、1960年代以降、急激に衰退した。その原因としては、壬午教変など徹底的な弾圧、朝鮮戦争による混乱と北朝鮮による指導者拉致、軍事政権による排斥、西洋思想の普及、脱民族主義の拡散、教団の分裂などが挙げられている。 現在大韓民国に約50~60万人の信徒がおり、総本司が直接関与する施設は、道本司4カ所、施教堂100カ所余り。
  • 大倧教(朝鮮語:대종교/大倧敎),是朝鲜王朝末期祟拜檀君,以檀君為始祖的大型朝鮮民族宗教,以追求朝鮮國民獨立統一為目標,同時拒斥外來的神,強調檀君是朝鮮獨自的神。 1909年1月15日、、李沂、金允植、成立,1910年7月30日改名大倧教,同時教內出現分裂,一派是以為首固守檀君教名稱的教徒,後來成為親日派,另一派是主張抗日的大倧教。 1915年10月,朝鮮總督府的「總督府令83号宗教統制案」斷定大倧教是以宗教為偽装的獨立運動團體,決定加以彈壓。經卷『』、『』成為大韓民國臨時政府指定國史教科書。 現在大韓民國約有50~60萬人大倧教信徒,教堂60餘所,修道院40餘所。
Faceted Search & Find service v1.17_git81 as of Jul 16 2021


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 08.03.3322 as of Aug 2 2021, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2021 OpenLink Software