About: Crown Council of Ethiopia     Goto   Sponge   NotDistinct   Permalink

An Entity of Type : yago:SocialGroup107950920, within Data Space : dbpedia.org associated with source document(s)

The Crown Council of Ethiopia was the constitutional body within the Ethiopian Empire, which advised the reigning Emperor of Ethiopia (Ge'ez: ንጉሠ ነገሥት, Nəgusä Nägäst). It also acted on behalf of the Crown. The council's members were appointed by the Emperor. The Crown Council of Ethiopia acted as Government-in-exile of the Ethiopian Empire (thus claiming Ethiopia & Eritrea).

AttributesValues
rdf:type
rdfs:label
  • Kronrat von Abessinien
  • Crown Council of Ethiopia
  • Consejo de la Corona de Etiopía
  • エチオピア帝冠評議会
  • 埃塞俄比亚王权委员会
rdfs:comment
  • Der Kronrat von Abessinien bzw. Äthiopien (englisch: Crown Council of Ethiopia) oder heute auch Kronkonzil von Abessinien bzw. Äthiopien war von 1931 bis 1974 das offizielle Parlament, ein Verfassungsorgan des Kaiserreichs Abessinien und Beratungsgremium des äthiopischen Kaisers. Das Parlament war ein Zweikammer-Parlament und bestand zuerst aus dem Rat und einem Senat und später aus dem Rat und dem Volksrepräsentantenhaus.
  • 埃塞俄比亚王权委员会(Crown Council of Ethiopia)是埃塞俄比亚帝国的一个法定机构,负责向埃塞俄比亚皇帝提供建议,它的行为象征着王权。委员会成员由皇帝任命。帝制被推翻时,委员会也相应地被解散,委员会的大部分成员被军政府逮捕或者处决。 1993年,一个新的埃塞俄比亚王权委员会重新成立,其成员包括了海尔·塞拉西一世的一些后人。2005以来,委员会主席一直由王子担任。委员会总部位于美国华盛顿大都会区。
  • El Consejo de la Corona de Etiopía era el órgano constitucional del Imperio Etíope que aconsejaba al emperador de Etiopía, y actuaba en nombre de la Corona. Los miembros del Consejo eran nombrados por el emperador.
  • The Crown Council of Ethiopia was the constitutional body within the Ethiopian Empire, which advised the reigning Emperor of Ethiopia (Ge'ez: ንጉሠ ነገሥት, Nəgusä Nägäst). It also acted on behalf of the Crown. The council's members were appointed by the Emperor. The Crown Council of Ethiopia acted as Government-in-exile of the Ethiopian Empire (thus claiming Ethiopia & Eritrea).
  • エチオピア帝冠評議会(エチオピアていかんひょうぎかい、英語: Crown Council of Ethiopia)は、エチオピア帝国の憲法上の機関であり、エチオピア皇帝に助言を与え、帝冠を代表して行動した。評議会のメンバーは皇帝によって任命された。 1974年9月12日、クーデターにより皇帝ハイレ・セラシエ1世は退位させられ、評議会も解散させられた。評議会のメンバーのほとんどは投獄されて処刑された。その中には、評議会の議長である王子も含まれていた。革命政権である(デルグ)は、その翌年に帝政を廃止した。 1993年、ハイレ・セラシエ1世の子孫らにより帝冠評議会が新たに発足した。新しい帝冠評議会は、デルグによる帝政の廃止は違憲であって、エチオピア皇帝の称号はまだ存在していると主張し、評議会はその利益のために行動するとした。この新しい帝冠評議会は、実質的にエチオピア帝国の亡命政府として機能した。そして、1993年にエチオピアから分国されたエリトリアの領土についても領有を主張した。 により、エチオピアの共和国としての地位が確認された。しかし、帝冠評議会はその後も活動を続けている。エチオピア政府は、儀礼上、元皇族に王子の称号を与え続けている。 2004年7月28日、帝冠評議会は、その使命を政治的な領域から、エチオピアの文化保護、開発、人道的努力へと転換することを決定した。
foaf:name
  • Crown Council of Ethiopia
foaf:homepage
name
  • Crown Council of Ethiopia
foaf:depiction
  • External Image
foaf:isPrimaryTopicOf
thumbnail
dct:subject
Wikipage page ID
Wikipage revision ID
Link from a Wikipage to another Wikipage
Link from a Wikipage to an external page
sameAs
Faceted Search & Find service v1.17_git81 as of Jul 16 2021


Alternative Linked Data Documents: PivotViewer | ODE     Content Formats:       RDF       ODATA       Microdata      About   
This material is Open Knowledge   W3C Semantic Web Technology [RDF Data] Valid XHTML + RDFa
OpenLink Virtuoso version 08.03.3322 as of Sep 15 2021, on Linux (x86_64-generic-linux-glibc25), Single-Server Edition (61 GB total memory)
Data on this page belongs to its respective rights holders.
Virtuoso Faceted Browser Copyright © 2009-2021 OpenLink Software