William Burnet (March 1687/8 – 7 September 1729) was a British civil servant and colonial administrator who served as governor of New York and New Jersey (1720–1728) and Massachusetts and New Hampshire (1728–1729). Born into a position of privilege (his godfather became William III of England not long after his birth, and his father Gilbert Burnet was later Bishop of Salisbury), Burnet was well educated, tutored among others by Isaac Newton.

Property Value
dbo:abstract
  • William Burnet (* März 1688 in Den Haag, Niederlande; † 7. September 1729 in Boston, das damals zur Province of Massachusetts Bay gehörte) war Anfang des 18. Jahrhunderts englischer Gouverneur verschiedener Kolonien in Amerika. (de)
  • William Burnet (March 1687/8 – 7 September 1729) was a British civil servant and colonial administrator who served as governor of New York and New Jersey (1720–1728) and Massachusetts and New Hampshire (1728–1729). Born into a position of privilege (his godfather became William III of England not long after his birth, and his father Gilbert Burnet was later Bishop of Salisbury), Burnet was well educated, tutored among others by Isaac Newton. Active for most of his life in intellectual pursuits (he was elected a Fellow of the Royal Society in 1705/6), he occupied no posts of importance until financial considerations and political connections brought him the governorships of New York and New Jersey. His tenure in New Jersey was without major controversies, although he set a precedent there for accepting what were effectively bribes in exchange for his assent to legislation. In New York he sought unsuccessfully to end the fur trade between Albany and Montreal in order to implement a colonial policy preferring direct trade with the Native Americans in central North America. His New York rule was marked by an increase in political divisions between land owners (with whom Burnet sided) and merchants. After the death of King George I, King George II appointed Burnet governor of New Hampshire and Massachusetts. Although his New Hampshire tenure was inconsequential, he engaged in a nasty dispute with the Massachusetts assembly over the issue of his salary, holding the legislative body in session for six months and relocating it away from Boston. The dispute held up other colonial business, and was ongoing in September 1729 when Burnet died; his death was apparently caused by illness contracted after his carriage overturned and dumped him in water. (en)
  • ウィリアム・バーネット(英: William Burnet、1687年/1688年3月 - 1729年9月7日)は、居イギリスの官僚であり、植民地の総督を歴任した政治家である。ニューヨークとニュージャージー各植民地(1720年-1728年)、およびマサチューセッツとニューハンプシャー各植民地(1728年-1729年)の総督を務めた。 バーネットは権威ある家系に生まれた(名付け親はバーネットが生まれてから間もなくイングランド王ウィリアム3世となった。父のギルバート・バーネットは後にソールズベリー主教になった)。教育もしっかり受けており、教えを受けた者の中にはアイザック・ニュートンが居た。 バーネットはその生涯の大半で活発に知識を追求しており(1705年/1706年には王立協会のフェローに選ばれた)、当初は重要な役職に就かなかったが、財政面を検討し、政治的な関わりがあったことから、ニューヨークとニュージャージー各植民地の総督職を引き受けた。ニュージャージーにおける総督職は特に大きな問題も無く過ぎたが、議会の意向に同意する代わりに事実上の賄賂を受け入れる慣例を作った。ニューヨークでは、北アメリカの中央部におけるインディアンとの直接交易を好む植民地政策を実施するために、オールバニとモントリオールとの間の毛皮交易を終わらせようとしたが、失敗した。ニューヨークにおける統治は、土地所有者(バーネットが支持した)と商人との間の政治的な分裂が増したことで彩られた。イングランド国王ジョージ1世の死後の1727年、ジョージ2世がバーネットをマサチューセッツとニューハンプシャー各植民地の総督に指名した。 ニューハンプシャーの総督職は重要なものではなかったが、マサチューセッツ植民地議会とは、総督の給与に関する扱いにく議論となり、議会を6か月間開催した後に、開催場所をボストンから遠くに移した。この議論のために植民地の他の事情検討が止められ、それが続いていた1729年にバーネットは死んだ。乗っていた馬車が転覆して水中に放り出されたことから病気になったのが死因に繋がったとされている。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 1729-09-07 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartDate
  • 1728-07-19 (xsd:date)
  • 1728-12-19 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1729-09-07 (xsd:date)
  • 1729-9-7
dbo:deathPlace
dbo:monarch
dbo:office
  • Governor of the Province of Massachusetts Bay
  • Governor of the Province of New Hampshire
  • 4º Governor of the Province of New Jersey
dbo:orderInOffice
  • Governor of the Province of New York
dbo:successor
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4361136 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 708163205 (xsd:integer)
dbp:after
dbp:before
dbp:birthDate
  • March 1687/8
dbp:caption
  • Portrait by John Watson
dbp:predecessor
dbp:signature
  • WilliamBurnetSignature.png
dbp:spouse
  • Mary Van Horne
dbp:termEnd
  • 1728 (xsd:integer)
dbp:termStart
  • 1720 (xsd:integer)
dbp:title
dbp:years
  • 1720 (xsd:integer)
  • --07-19
  • --12-19
dct:description
  • British governor of New York and New Jersey (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • William Burnet (* März 1688 in Den Haag, Niederlande; † 7. September 1729 in Boston, das damals zur Province of Massachusetts Bay gehörte) war Anfang des 18. Jahrhunderts englischer Gouverneur verschiedener Kolonien in Amerika. (de)
  • William Burnet (March 1687/8 – 7 September 1729) was a British civil servant and colonial administrator who served as governor of New York and New Jersey (1720–1728) and Massachusetts and New Hampshire (1728–1729). Born into a position of privilege (his godfather became William III of England not long after his birth, and his father Gilbert Burnet was later Bishop of Salisbury), Burnet was well educated, tutored among others by Isaac Newton. (en)
  • ウィリアム・バーネット(英: William Burnet、1687年/1688年3月 - 1729年9月7日)は、居イギリスの官僚であり、植民地の総督を歴任した政治家である。ニューヨークとニュージャージー各植民地(1720年-1728年)、およびマサチューセッツとニューハンプシャー各植民地(1728年-1729年)の総督を務めた。 バーネットは権威ある家系に生まれた(名付け親はバーネットが生まれてから間もなくイングランド王ウィリアム3世となった。父のギルバート・バーネットは後にソールズベリー主教になった)。教育もしっかり受けており、教えを受けた者の中にはアイザック・ニュートンが居た。 ニューハンプシャーの総督職は重要なものではなかったが、マサチューセッツ植民地議会とは、総督の給与に関する扱いにく議論となり、議会を6か月間開催した後に、開催場所をボストンから遠くに移した。この議論のために植民地の他の事情検討が止められ、それが続いていた1729年にバーネットは死んだ。乗っていた馬車が転覆して水中に放り出されたことから病気になったのが死因に繋がったとされている。 (ja)
rdfs:label
  • William Burnet (Politiker, 1688) (de)
  • William Burnet (colonial administrator) (en)
  • ウィリアム・バーネット (政治家) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • William (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • William Burnet (en)
foaf:surname
  • Burnet (en)
is dbo:governor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:succeeded of
is foaf:primaryTopic of