Tympany Five was a successful and influential rhythm and blues and jazz dance band founded by Louis Jordan in 1938. The group was composed of a horn section of three to five different pieces and also drums, double bass, guitar and piano. Louis Jordan and His Tympany Five created many of the most influential songs of the early R&B and Rock n' Roll era, including Let The Good Times Roll, Keep A-Knockin', and Caldonia. Carl Hogan's opening riff to Ain't That Just Like A Woman later became one of rock's most recognizable riffs in Chuck Berry's Johnny B. Goode.

Property Value
dbo:abstract
  • I Tympany Five furono un gruppo musicale di successo, specializzato nel rhythm and blues e nel jazz, fondato da Louis Jordan nel 1938. (it)
  • ティンパニ・ファイブ (Tympany Five) は、1938年にルイ・ジョーダンが結成し、成功を収めて影響力ももったリズム・アンド・ブルース、ジャズのダンス・バンド。3管から5管のホーン・セクションに、ドラムス、ダブルベース、ギター、ピアノで編成されていた。 ルイ・ジョーダンと彼のティンパニ・ファイブ (Louis Jordan and His Tympany Five) は、「レット・ザ・グッド・タイムズ・ロール (Let The Good Times Roll)」、「キープ・ア・ノッキン (Keep A-Knockin')」、「カレドニア (Caldonia)」など、最も大きな影響力のある楽曲を、初期のR&Bとロックンロールの時代に送り出した。カール・ホーガンによる「エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン (Ain't That Just Like A Woman) の冒頭のリフは、後にチャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」の中で、ロック音楽の最も知られたリフのひとつとなった。 ジョーダンは、当初はハーレムにあったジャズ・ジョイント(酒場)「エルクス・ランデヴー (Elks Rendezvous)」からとって、バンドの名を「ジ・エルクス・ランデヴー・バンド (The Elks Rendezvous Band)」と名付けた。最初のセクステットの編成は、ジョーダン(サックス、ボーカル)、コートニー・ウィリアムズ (Courtney Williams)(トランペット)、レム・ジョンソン (Lem Johnson)(テナー・サックス)、クラレンス・ジョンソン (Clarence Johnson)(ピアノ)、チャーリー・ドレイトン (Charlie Drayton)(ベース)、ウォルター・マーティン (Walter Martin)(ドラムス)であった。その後の編成では人数が1-2名増えることもあり、メンバーの中にはビル・ジェニングス (Bill Jennings)やカール・ホーガン(ギター)、高名なピアニストで編曲家であったワイルド・ビル・デイヴィスやビル・ドゲット、"シャドー"・ウィルソン ("Shadow" Wilson) やクリス・コロンバス(ドラムス)、ダラス・バートリー (Dallas Bartley)(ベース)もいた。ジョーダンは、テナー・サックスだけでなく、バリトン・サックスも演奏し、ほとんどの曲でリードボーカルをとった。1941年にシカゴのキャピトル・ラウンジ (Capitol Lounge) で、ミルス・ブラザーズの前座を務めたのを契機として、バンドは名声を獲得した。 1941年、バンドはデッカ傘下のいわゆる「レイス (race)」レーベル(黒人向けレーベル)から、黒人だけでなく白人の聴衆にも訴求すると見なされたアーティストを取り上げていたセピア・シリーズ (Sepia Series,) に移った。ジョーダンは常々、ティンパニ・ファイブの音楽が、黒人のみならず白人の聴衆の間でも人気があったことを誇りとしていた。 (ja)
  • Tympany Five was a successful and influential rhythm and blues and jazz dance band founded by Louis Jordan in 1938. The group was composed of a horn section of three to five different pieces and also drums, double bass, guitar and piano. Louis Jordan and His Tympany Five created many of the most influential songs of the early R&B and Rock n' Roll era, including Let The Good Times Roll, Keep A-Knockin', and Caldonia. Carl Hogan's opening riff to Ain't That Just Like A Woman later became one of rock's most recognizable riffs in Chuck Berry's Johnny B. Goode. Jordan first formed the band as "The Elks Rendezvous Band", named after the Elks Rendezvous jazz joint in Harlem. The original lineup of the sextet was Jordan (saxes, vocals), Courtney Williams (trumpet), Lem Johnson (tenor sax), Clarence Johnson (piano), Charlie Drayton (bass) and Walter Martin (drums). The various lineups of the Tympany Five (which often featured two or three extra players) included Bill Jennings and Carl Hogan on guitar, renowned pianist-arrangers Wild Bill Davis and Bill Doggett, "Shadow" Wilson and Chris Columbus on drums and Dallas Bartley on bass. Jordan played alto, tenor and baritone saxophone and sang the lead vocal on most numbers. The band found fame after opening for The Mills Brothers at the Capitol Lounge in Chicago in 1941. In 1941, they were transferred from Decca's "race" label to its Sepia Series, featuring artists thought to have the crossover potential to appeal to both black and white audiences. Jordan was always proud of the fact that the Tympany Five's music was just as popular with white as it was with black people. (en)
dbo:background
  • group_or_band
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 17215671 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 728037342 (xsd:integer)
dbp:alt
  • Louis Jordan's Typany Five, New York, N.Y., between 1946 and 1948
dbp:caption
  • Louis Jordan's Tympany Five in New York City, between 1946 and 1948
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • I Tympany Five furono un gruppo musicale di successo, specializzato nel rhythm and blues e nel jazz, fondato da Louis Jordan nel 1938. (it)
  • ティンパニ・ファイブ (Tympany Five) は、1938年にルイ・ジョーダンが結成し、成功を収めて影響力ももったリズム・アンド・ブルース、ジャズのダンス・バンド。3管から5管のホーン・セクションに、ドラムス、ダブルベース、ギター、ピアノで編成されていた。 ルイ・ジョーダンと彼のティンパニ・ファイブ (Louis Jordan and His Tympany Five) は、「レット・ザ・グッド・タイムズ・ロール (Let The Good Times Roll)」、「キープ・ア・ノッキン (Keep A-Knockin')」、「カレドニア (Caldonia)」など、最も大きな影響力のある楽曲を、初期のR&Bとロックンロールの時代に送り出した。カール・ホーガンによる「エイント・ザット・ジャスト・ライク・ア・ウーマン (Ain't That Just Like A Woman) の冒頭のリフは、後にチャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」の中で、ロック音楽の最も知られたリフのひとつとなった。 (ja)
  • Tympany Five was a successful and influential rhythm and blues and jazz dance band founded by Louis Jordan in 1938. The group was composed of a horn section of three to five different pieces and also drums, double bass, guitar and piano. Louis Jordan and His Tympany Five created many of the most influential songs of the early R&B and Rock n' Roll era, including Let The Good Times Roll, Keep A-Knockin', and Caldonia. Carl Hogan's opening riff to Ain't That Just Like A Woman later became one of rock's most recognizable riffs in Chuck Berry's Johnny B. Goode. (en)
rdfs:label
  • Tympany Five (it)
  • ティンパニ・ファイブ (ja)
  • Tympany Five (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Tympany Five (en)
is dbo:associatedBand of
is dbo:associatedMusicalArtist of
is dbo:musicalArtist of
is dbo:musicalBand of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of