Trinity Bay is a large bay in the Coral Sea off the east coast of Far North Queensland, Australia. The Mossman River discharges into the bay. At one time the Mulgrave River also entered the bay until geological changes resulted in its mouth forming further south at Port Constantine. The bay was named after the Christian holy day Trinity Sunday by Lieutenant James Cook on 10 June 1770.

Property Value
dbo:abstract
  • Trinity Bay is a large bay in the Coral Sea off the east coast of Far North Queensland, Australia. The Mossman River discharges into the bay. At one time the Mulgrave River also entered the bay until geological changes resulted in its mouth forming further south at Port Constantine. The bay was named after the Christian holy day Trinity Sunday by Lieutenant James Cook on 10 June 1770. At its southern end is the city of Cairns. Here there are extensive mangrove ecosytems which are protected by Cape Grafton. Trinity Inlet and Trinity Bay form the location for the Cairns seaport. Trinity Bay State High School is a school located in Cairns. (en)
  • トリニティ湾(トリニティわん、英: Trinity Bay)は、オーストラリアのファー・ノース・クイーンズランド (Far North Queensland) 東岸から珊瑚海 (Coral Sea) にかけての大きな湾である。モスマン川 (Mossman River) が湾に注ぐ。かつて、モルグレイブ川(マルグレーブ川、Mulgrave River)も地質的変化により、さらに南のコンスタンティン港 (Port Constantine) に河口が形成されるまで、トリニティ湾に流入していた。 湾の名は、ジェームズ・クックにより、1770年6月10日、キリスト教の聖日トリニティ・サンデー(Trinity Sunday、三位一体の主日)にちなんで命名された。 湾の南端の都市としてケアンズがある。ケアンズのトリニティ湾沿いには、およそ4キロメートルにわたってエスプラネード (Esplanade) が通り、緑地として整備されている。トリニティ湾およびトリニティ入江 (Trinity Inlet) がケアンズ港 (Cairns seaport) を形成する。湾岸は遠浅で泥質の干潟であり、ケアンズ港もかつてはマングローブ林であった。グラフトン岬(ケープ・グラフトン、Cape Grafton)には、広範囲なマングローブ林が保護されている。 トリニティ湾州立高等学校 (Trinity Bay State High School) がケアンズにある。 (ja)
dbo:inflow
dbo:isPartOf
dbo:location
dbo:namedAfter
dbo:wikiPageID
  • 2507870 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 731811437 (xsd:integer)
dbp:basinCountries
  • Australia
dbp:latd
  • 16 (xsd:integer)
dbp:latm
  • 54 (xsd:integer)
dbp:latns
  • S
dbp:longd
  • 145 (xsd:integer)
dbp:longew
  • E
dbp:longm
  • 47 (xsd:integer)
dbp:pushpinMap
  • Queensland
dbp:type
  • Bay
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
georss:point
  • -16.9 145.78333333333333
rdf:type
rdfs:comment
  • Trinity Bay is a large bay in the Coral Sea off the east coast of Far North Queensland, Australia. The Mossman River discharges into the bay. At one time the Mulgrave River also entered the bay until geological changes resulted in its mouth forming further south at Port Constantine. The bay was named after the Christian holy day Trinity Sunday by Lieutenant James Cook on 10 June 1770. (en)
  • トリニティ湾(トリニティわん、英: Trinity Bay)は、オーストラリアのファー・ノース・クイーンズランド (Far North Queensland) 東岸から珊瑚海 (Coral Sea) にかけての大きな湾である。モスマン川 (Mossman River) が湾に注ぐ。かつて、モルグレイブ川(マルグレーブ川、Mulgrave River)も地質的変化により、さらに南のコンスタンティン港 (Port Constantine) に河口が形成されるまで、トリニティ湾に流入していた。 湾の名は、ジェームズ・クックにより、1770年6月10日、キリスト教の聖日トリニティ・サンデー(Trinity Sunday、三位一体の主日)にちなんで命名された。 湾の南端の都市としてケアンズがある。ケアンズのトリニティ湾沿いには、およそ4キロメートルにわたってエスプラネード (Esplanade) が通り、緑地として整備されている。トリニティ湾およびトリニティ入江 (Trinity Inlet) がケアンズ港 (Cairns seaport) を形成する。湾岸は遠浅で泥質の干潟であり、ケアンズ港もかつてはマングローブ林であった。グラフトン岬(ケープ・グラフトン、Cape Grafton)には、広範囲なマングローブ林が保護されている。 (ja)
rdfs:label
  • Trinity Bay (Queensland) (en)
  • トリニティ湾 (クイーンズランド) (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(145.7833404541 -16.89999961853)
geo:lat
  • -16.900000 (xsd:float)
geo:long
  • 145.783340 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Trinity Bay (en)
is dbo:riverMouth of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of