"Think of the children" (also "What about the children?") is a phrase which evolved into a rhetorical tactic. Literally it refers to children's rights (as in discussions of child labor). In debate, however, as a plea for pity, used as an appeal to emotion, it is a logical fallacy.

Property Value
dbo:abstract
  • 子供たちのことを考えろ あるいは 子供たちのことを考えて(英:Think of the children)は、あることを行うべきである理由、あるいは行うべきではない理由を正当化するために使われる。これは文字通り、子供たちの権利について言及するものである。同情論証として使われると、この感情への訴えかけは論理的誤謬となる。 『Art, Argument, and Advocacy』(2002年)は、「このようなアピールは、討論における理由についての感情に作用する」と検討している。倫理学者のJack Marshallは、2005年に「この慣用句の普及は、論理性を阻害する力(特にモラルを語ること)に立脚する」と書いた。「子供たちのことを考えろ」は、知覚されている危険から子供たちをシールドする検閲支持者によって発動されてきた。『Community, Space and Online Censorship』(2009年)は、「子供たちを保護の必要の無邪気な幼児のような作法で分類することは、純粋さの概念上の妄想の一形態である」と注記している。2011年の『Journal for Cultural Research』の記事は、この慣用句はモラル・パニックから発展したと観察している。 この慣用句が『ザ・シンプソンズ』において定番化したのち、これはラブジョイの法則、「ヘレン・ラブジョイ防御」、「ヘレン・ラブジョイ症候群」、「子供たちのことを考えろイズム」と呼ばれるようになった。 (ja)
  • «Подумайте о детях» — фраза, развившаяся в риторический инструмент. Используемая буквально, она говорит о правах ребёнка (например, при обсуждении проблемы детского труда), однако в полемике она является обращением к жалости, разновидностью обращения к эмоциям — формальной логической ошибки. (ru)
  • "Think of the children" (also "What about the children?") is a phrase which evolved into a rhetorical tactic. Literally it refers to children's rights (as in discussions of child labor). In debate, however, as a plea for pity, used as an appeal to emotion, it is a logical fallacy. Art, Argument, and Advocacy (2002) argued that the appeal substitutes emotion for reason in debate. Ethicist Jack Marshall wrote in 2005 that the phrase's popularity stems from its capacity to stunt rationality, particularly discourse on morals. "Think of the children" has been invoked by censorship proponents to shield children from perceived danger. Community, Space and Online Censorship (2009) noted that classifying children in an infantile manner, as innocents in need of protection, is a form of obsession over the concept of purity. A 2011 article in the Journal for Cultural Research observed that the phrase grew out of a moral panic. It was an exhortation in the 1964 Disney film Mary Poppins, when the character of Mrs. Banks pleaded with her departing nanny not to quit and to "think of the children!" The phrase was popularized as a satiric reference on the animated television program The Simpsons in 1996, when character Helen Lovejoy pleaded "Won't somebody please think of the children!" during a contentious debate by citizens of the fictional town of Springfield. In the 2012 Georgia State University Law Review, Charles J. Ten Brink called Lovejoy's use of "Think of the children" a successful parody. The appeal's subsequent use in society was often the subject of mockery. After its popularization on The Simpsons, the phrase has been called "Lovejoy's Law", the "Helen Lovejoy defence", the "Helen Lovejoy Syndrome", and "think-of-the-children-ism". (en)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 39728690 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 745123755 (xsd:integer)
dbp:align
  • right
dbp:bgcolor
  • #c6dbf7
dbp:halig
  • left
dbp:quote
  • Think of the children ... freed of the crushing burden of dangerous and demeaning work.
dbp:salign
  • right
dbp:source
  • —Bill Clinton
dbp:width
  • 25 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • «Подумайте о детях» — фраза, развившаяся в риторический инструмент. Используемая буквально, она говорит о правах ребёнка (например, при обсуждении проблемы детского труда), однако в полемике она является обращением к жалости, разновидностью обращения к эмоциям — формальной логической ошибки. (ru)
  • 子供たちのことを考えろ あるいは 子供たちのことを考えて(英:Think of the children)は、あることを行うべきである理由、あるいは行うべきではない理由を正当化するために使われる。これは文字通り、子供たちの権利について言及するものである。同情論証として使われると、この感情への訴えかけは論理的誤謬となる。 『Art, Argument, and Advocacy』(2002年)は、「このようなアピールは、討論における理由についての感情に作用する」と検討している。倫理学者のJack Marshallは、2005年に「この慣用句の普及は、論理性を阻害する力(特にモラルを語ること)に立脚する」と書いた。「子供たちのことを考えろ」は、知覚されている危険から子供たちをシールドする検閲支持者によって発動されてきた。『Community, Space and Online Censorship』(2009年)は、「子供たちを保護の必要の無邪気な幼児のような作法で分類することは、純粋さの概念上の妄想の一形態である」と注記している。2011年の『Journal for Cultural Research』の記事は、この慣用句はモラル・パニックから発展したと観察している。 (ja)
  • "Think of the children" (also "What about the children?") is a phrase which evolved into a rhetorical tactic. Literally it refers to children's rights (as in discussions of child labor). In debate, however, as a plea for pity, used as an appeal to emotion, it is a logical fallacy. (en)
rdfs:label
  • 子供たちのことを考えろ (ja)
  • Подумайте о детях (ru)
  • Think of the children (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of