Textile manufacturing is a major industry. It is based on the conversion of fibre into yarn, yarn into fabric. These are then dyed or printed, fabricated into clothes. Different types of fibre are used to produce yarn. Cotton remains the most important natural fibre, so is treated in depth. There are many variable processes available at the spinning and fabric-forming stages coupled with the complexities of the finishing and colouration processes to the production of a wide ranges of products. There remains a large industry that uses hand techniques to achieve the same results.

Property Value
dbo:abstract
  • El procesamiento usual de los textiles incluye 4 etapas: formación del hilo a partir de la fibra, formación de la tela, proceso de humidificación y fabricación. Los tres principales tipos de telas de más importantes del mundo son las fibras como son: * fibras naturales vegetales (tales como el algodón, lino, jute y cáñamo) * fibras hechas por el hombre: * hechas artificialmente sobre la base de materias primas naturales (tal es el caso del rayón, acetato, modal, cupro y lyocell, recientemente desarrollado), * fibras sintéticas (una subclasificación de las fibras hechas por el hombre, las cuales usan frecuentemente elementos químicos sintéticos como base en lugar de provenir de químicos naturales extraídos por puros proceso físicos) * fibras basadas en proteínas (como la lana, seda y angora). (es)
  • Textile manufacturing is a major industry. It is based on the conversion of fibre into yarn, yarn into fabric. These are then dyed or printed, fabricated into clothes. Different types of fibre are used to produce yarn. Cotton remains the most important natural fibre, so is treated in depth. There are many variable processes available at the spinning and fabric-forming stages coupled with the complexities of the finishing and colouration processes to the production of a wide ranges of products. There remains a large industry that uses hand techniques to achieve the same results. (en)
  • A Engenharia têxtil é o ramo da engenharia voltado para a fabricação e tratamento de fibras, fios e tecidos, atendendo aos mais variados segmentos da indústria têxtil e de confecção. Os segmentos da cadeia de produção têxtil são: fiação, tecelagem, malharia, beneficiamento de tecidos e confecção. (pt)
  • 繊維学(せんいがく)は、繊維を中心に研究を行う学問分野である。繊維科学ともいい、英語では「Textile Science」や単に「Textiles」と訳される。また、繊維に関する工学の分野を、繊維工学と呼ぶ。一方で、化学をベースとした場合には、染色化学や繊維化学、特に英語では統括してtextile chemistryとも呼ばれる。蚕糸研究や繊維工業を背景に成立した学問で、研究は工学、生物学、化学、物理学、感性工学及びを統計学をベースとすることが多い一方で、テキスタイルデザインやファッションデザインといった芸術分野も含む。 日本の大学や工業高等学校等には繊維学・繊維工学を扱う繊維学部や繊維工学科、繊維科が複数存在した。しかし、名称変更などで繊維を冠する学部や学科名は徐々に廃止され、2015年現在繊維学部を擁するのは信州大学のみである。かつては、東京農工大学、京都工芸繊維大学にも繊維学部は存在したが、東京農工大学では1962年に工学部に組み込まれ、京都工芸繊維大学でも2006年に工芸学部と繊維学部を合わせた工芸科学部に改組された。廃止後もこの三大学をまとめて三繊維大学と呼ぶことがある。また、山形大学、群馬大学、福井大学および岐阜大学工学部に繊維工学科、福井大学工学部に繊維染料学科があったが、学科再編で大学の繊維工学科は高分子工学系の学科に、繊維染料学科は生物応用化学科になった。 日本では繊維工業の衰退に伴い、繊維に特化した繊維学研究は縮小傾向にあるが、日本国外では繊維の研究は特にスマート・テキスタイルズやメディカル・テキスタイルズを中心に極めて注目を集めている分野であり、米国屈指のノースカロライナ州立大学、英国屈指のマンチェスター大学 にはテキスタイルエンジニアリング(繊維工学)のみでなく、テキスタイルデザイン・ファッションデザイン・アパレルプロダクションに関する修士課程(Master's program)・博士課程(PhD program)が多く存在する。 (ja)
  • 纺织工业涉及的领域很多,分类方式也有几种,可以按照纺织加工的材料来分: * 棉纺 * 丝绸加工 * 麻纺 * 毛纺 * 化纤 * 纺织品检测 也可以按照织造的方法分为: * 针织 * 机织 * 无纺 各道工序都有化学加工存在,不过存在化学加工最多的要数化学纤维工业和染整工业。 (zh)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2162735 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 744309962 (xsd:integer)
dbp:date
  • June 2015
dbp:dupe
  • textile industry
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Textile manufacturing is a major industry. It is based on the conversion of fibre into yarn, yarn into fabric. These are then dyed or printed, fabricated into clothes. Different types of fibre are used to produce yarn. Cotton remains the most important natural fibre, so is treated in depth. There are many variable processes available at the spinning and fabric-forming stages coupled with the complexities of the finishing and colouration processes to the production of a wide ranges of products. There remains a large industry that uses hand techniques to achieve the same results. (en)
  • A Engenharia têxtil é o ramo da engenharia voltado para a fabricação e tratamento de fibras, fios e tecidos, atendendo aos mais variados segmentos da indústria têxtil e de confecção. Os segmentos da cadeia de produção têxtil são: fiação, tecelagem, malharia, beneficiamento de tecidos e confecção. (pt)
  • 纺织工业涉及的领域很多,分类方式也有几种,可以按照纺织加工的材料来分: * 棉纺 * 丝绸加工 * 麻纺 * 毛纺 * 化纤 * 纺织品检测 也可以按照织造的方法分为: * 针织 * 机织 * 无纺 各道工序都有化学加工存在,不过存在化学加工最多的要数化学纤维工业和染整工业。 (zh)
  • El procesamiento usual de los textiles incluye 4 etapas: formación del hilo a partir de la fibra, formación de la tela, proceso de humidificación y fabricación. Los tres principales tipos de telas de más importantes del mundo son las fibras como son: (es)
  • 繊維学(せんいがく)は、繊維を中心に研究を行う学問分野である。繊維科学ともいい、英語では「Textile Science」や単に「Textiles」と訳される。また、繊維に関する工学の分野を、繊維工学と呼ぶ。一方で、化学をベースとした場合には、染色化学や繊維化学、特に英語では統括してtextile chemistryとも呼ばれる。蚕糸研究や繊維工業を背景に成立した学問で、研究は工学、生物学、化学、物理学、感性工学及びを統計学をベースとすることが多い一方で、テキスタイルデザインやファッションデザインといった芸術分野も含む。 日本の大学や工業高等学校等には繊維学・繊維工学を扱う繊維学部や繊維工学科、繊維科が複数存在した。しかし、名称変更などで繊維を冠する学部や学科名は徐々に廃止され、2015年現在繊維学部を擁するのは信州大学のみである。かつては、東京農工大学、京都工芸繊維大学にも繊維学部は存在したが、東京農工大学では1962年に工学部に組み込まれ、京都工芸繊維大学でも2006年に工芸学部と繊維学部を合わせた工芸科学部に改組された。廃止後もこの三大学をまとめて三繊維大学と呼ぶことがある。また、山形大学、群馬大学、福井大学および岐阜大学工学部に繊維工学科、福井大学工学部に繊維染料学科があったが、学科再編で大学の繊維工学科は高分子工学系の学科に、繊維染料学科は生物応用化学科になった。 (ja)
rdfs:label
  • Textile manufacturing (en)
  • Manufactura textil (es)
  • 繊維学 (ja)
  • Engenharia têxtil (pt)
  • 纺织工业 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:field of
is dbo:genre of
is dbo:industry of
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:buildingType of
is rdfs:seeAlso of
is foaf:primaryTopic of