This kite was invented by Alexander Graham Bell. It came about from his experiments with Hargrave's Box Kites and his attempts to build a kite that was scalable and big enough to carry both a man and a motor. As such, it was an early experiment on the road to manned flight. He worked on the kites between 1895 and 1910. Bell wrote about his discovery of this concept in the June 1903 issue of National Geographic magazine; the article was titled "Tetrahedral Principle in Kite Structure". Bell also experimented with a large circular "tetrahedral truss" design during the same period.

Property Value
dbo:abstract
  • This kite was invented by Alexander Graham Bell. It came about from his experiments with Hargrave's Box Kites and his attempts to build a kite that was scalable and big enough to carry both a man and a motor. As such, it was an early experiment on the road to manned flight. He worked on the kites between 1895 and 1910. Bell wrote about his discovery of this concept in the June 1903 issue of National Geographic magazine; the article was titled "Tetrahedral Principle in Kite Structure". From an initial one cell model, Bell advanced to a 3,393 cell "Cygnet" model in 1907. This 40-foot (12.2 m) long, 200 pound (91 kilogram) kite was towed by a steamer offshore near Baddeck, Nova Scotia on 6 December 1907 and carried a man 168 feet (51.2 metres) above the water. Bell also experimented with a large circular "tetrahedral truss" design during the same period. The tetrahedral kite, while not easy to make compared to the simple cross kite, is very stable and easy to fly. It flies well in moderate to heavy winds if it is properly set up. (en)
  • 四面体凧(しめんたいたこ、tetrahedral kite)はグラハム・ベルによって発明された四面体で構成された凧である。1907年に12mあまりの四面体凧、「シグネット」("Cygnet")は汽船に牽引されて人間を50mあまりの高さに飛行させた。 グラハム・ベルは、ローレンス・ハーグレーブが発明した箱凧の実験から、四面体凧を発明した。有人飛行機械の発明を目指して、人が乗れ、モーターを搭載できる凧の製作を目指したものである。ベルは1895年から1910年の間、凧の研究をおこなった。1903年に、"Tetrahedral Principle in Kite Structure"(「凧の構造における四面体の原理」)というタイトルでナショナル・ジオグラフィック・マガジンの6月号に記事を執筆した。 1個の四面体から構成される凧から始まり、3,393の四面体から構成される長さ40フィート(12.2m)、重量200ポンド(91kg)のシグネットは1907年12月6日、カナダのノバ・スコシア州のバデックの沖合いで汽船に牽引されて、人をのせて海面から50mの高さに上昇した。後にこの構造で浮力を得る動力航空機の製作が行われ、1912年には実際に飛行した。 四面体凧は通常の箱凧に比べて製作は難しいが、安定していて、上げるのが容易であり、強風の中で比較的上げるのに適しているとされる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2198343 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 659728769 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 四面体凧(しめんたいたこ、tetrahedral kite)はグラハム・ベルによって発明された四面体で構成された凧である。1907年に12mあまりの四面体凧、「シグネット」("Cygnet")は汽船に牽引されて人間を50mあまりの高さに飛行させた。 グラハム・ベルは、ローレンス・ハーグレーブが発明した箱凧の実験から、四面体凧を発明した。有人飛行機械の発明を目指して、人が乗れ、モーターを搭載できる凧の製作を目指したものである。ベルは1895年から1910年の間、凧の研究をおこなった。1903年に、"Tetrahedral Principle in Kite Structure"(「凧の構造における四面体の原理」)というタイトルでナショナル・ジオグラフィック・マガジンの6月号に記事を執筆した。 1個の四面体から構成される凧から始まり、3,393の四面体から構成される長さ40フィート(12.2m)、重量200ポンド(91kg)のシグネットは1907年12月6日、カナダのノバ・スコシア州のバデックの沖合いで汽船に牽引されて、人をのせて海面から50mの高さに上昇した。後にこの構造で浮力を得る動力航空機の製作が行われ、1912年には実際に飛行した。 四面体凧は通常の箱凧に比べて製作は難しいが、安定していて、上げるのが容易であり、強風の中で比較的上げるのに適しているとされる。 (ja)
  • This kite was invented by Alexander Graham Bell. It came about from his experiments with Hargrave's Box Kites and his attempts to build a kite that was scalable and big enough to carry both a man and a motor. As such, it was an early experiment on the road to manned flight. He worked on the kites between 1895 and 1910. Bell wrote about his discovery of this concept in the June 1903 issue of National Geographic magazine; the article was titled "Tetrahedral Principle in Kite Structure". Bell also experimented with a large circular "tetrahedral truss" design during the same period. (en)
rdfs:label
  • Tetrahedral kite (en)
  • 四面体凧 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of