Suswa is a shield volcano in the Great Rift Valley, Kenya. It is located between Narok and Nairobi, the capital of Kenya. Suswa has a unique double crater with a moat-like inner crater surrounding a tilted block of rock. The mountain is also known for its lava tube caves on the northeast side of the outer crater.

Property Value
dbo:abstract
  • ススワ山(ススワさん、Mount Suswa)はケニアにある火山である。グレート・リフト・ヴァレーにあり、東リフト・ヴァレーにある一連のカルデラの中で最南端に位置する。ナイロビの約50 km西北西にあたる。「ススワ」はマサイ族の言葉で「草」を意味する。 基底直径が20 km余り、面積が270 km2に達する楯状火山で、その頂部に約8×12 kmのカルデラがある。カルデラの南側に響岩-粗面岩の溶岩火山丘が突出し、2,356 mの山頂を作っている。この火山丘はオルドイニョ・オニョケ (Ol Doinyo Onyoke or Ol Doinyo Nyukie) として知られ、マサイ語で「赤い山」という意味である。 カルデラの中央に直径約5 kmの環状地溝があり、特有の「二重クレーター」となっている。環状地溝はオルドイニョ・オニョケ山体の北側を切り取っていて、地溝内側の島状ブロックが北に傾斜している。この山はカルデラの北東側にある溶岩洞でも知られている。 ススワ火山は次のような順番で発達したと考えられている。最初に楯状火山が形成された後、更新世に大量の軽石流と溶岩流の噴出が起こってカルデラが形成された。そしてカルデラ後の響岩-粗面岩の火山活動によってオルドイニョ・オニョケ山体が形成された。ススワの最後の噴火は1世紀ほど前と推測され、衛星火口からの溶岩流にはまだ植生が進出していない。 カルデラ底は北側から入る道があり、季節的に放牧が行われている。 (ja)
  • Suswa is a shield volcano in the Great Rift Valley, Kenya. It is located between Narok and Nairobi, the capital of Kenya. Suswa has a unique double crater with a moat-like inner crater surrounding a tilted block of rock. The mountain is also known for its lava tube caves on the northeast side of the outer crater. It is possible to drive up the lesser-end of the mountain into the outer crater with a four-wheel-drive vehicle; however, there are numerous barricades across the trail where local Masaai try to collect a fee for allowing you through. Arrangements can be made to pay a set fee and get a guide to take you past the barricades. The inner crater is home to a variety of snakes species. Other wildlife of interest found on or near Mt. Suswa includes zebras, giraffes, mongooses, turtles, hyenas and leopards. It is also possible to climb the mountain, which owns a 2,356-meter summit. There are no specified paths, but Suswa is best accessed from the mountain from the north and northeast. The Suswa Primary school, located at the base of the mountain, is another practical starting point. Also, there are many Masaai homesteads surrounding the base of the mountain; it is recommended to introduce yourself to the head of the family if your route crosses such. With the exception of Rauch's Trail, there are no designated pathways to the summit. However, the Masaai do graze cattle on the mountain's grasslands, making for the occasional route. The peak can be reached on foot by following Rauch's Trail, which begins approximately one-and-a-half kilometers from the summit, from the northeast. Rauch's Trail is marked with a wooden sign, overlooking the crater. (en)
  • 蘇蘇瓦山是的一座盾状火山,位於肯尼亞的納羅克和首都内罗毕之間的東非大裂谷,海拔高度2,356米,底部直徑超過20公里,山頂的破火山口長12公里、寬8公里。 (zh)
dbo:elevation
  • 2356.000000 (xsd:double)
dbo:locatedInArea
dbo:type
dbo:wikiPageID
  • 8890492 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 739592994 (xsd:integer)
dbp:easiestRoute
  • Rauch's Trail
dbp:labelPosition
  • bottom
dbp:lastEruption
  • Unknown
dbp:latD
  • 1.150000 (xsd:double)
dbp:latNs
  • S
dbp:longD
  • 36.350000 (xsd:double)
dbp:longEw
  • E
dbp:mapCaption
  • Location in Kenya
dbp:wordnet_type
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
georss:point
  • -1.15 36.35
rdf:type
rdfs:comment
  • 蘇蘇瓦山是的一座盾状火山,位於肯尼亞的納羅克和首都内罗毕之間的東非大裂谷,海拔高度2,356米,底部直徑超過20公里,山頂的破火山口長12公里、寬8公里。 (zh)
  • Suswa is a shield volcano in the Great Rift Valley, Kenya. It is located between Narok and Nairobi, the capital of Kenya. Suswa has a unique double crater with a moat-like inner crater surrounding a tilted block of rock. The mountain is also known for its lava tube caves on the northeast side of the outer crater. (en)
  • ススワ山(ススワさん、Mount Suswa)はケニアにある火山である。グレート・リフト・ヴァレーにあり、東リフト・ヴァレーにある一連のカルデラの中で最南端に位置する。ナイロビの約50 km西北西にあたる。「ススワ」はマサイ族の言葉で「草」を意味する。 基底直径が20 km余り、面積が270 km2に達する楯状火山で、その頂部に約8×12 kmのカルデラがある。カルデラの南側に響岩-粗面岩の溶岩火山丘が突出し、2,356 mの山頂を作っている。この火山丘はオルドイニョ・オニョケ (Ol Doinyo Onyoke or Ol Doinyo Nyukie) として知られ、マサイ語で「赤い山」という意味である。 カルデラの中央に直径約5 kmの環状地溝があり、特有の「二重クレーター」となっている。環状地溝はオルドイニョ・オニョケ山体の北側を切り取っていて、地溝内側の島状ブロックが北に傾斜している。この山はカルデラの北東側にある溶岩洞でも知られている。 ススワ火山は次のような順番で発達したと考えられている。最初に楯状火山が形成された後、更新世に大量の軽石流と溶岩流の噴出が起こってカルデラが形成された。そしてカルデラ後の響岩-粗面岩の火山活動によってオルドイニョ・オニョケ山体が形成された。ススワの最後の噴火は1世紀ほど前と推測され、衛星火口からの溶岩流にはまだ植生が進出していない。 (ja)
rdfs:label
  • Suswa (en)
  • ススワ山 (ja)
  • 蘇蘇瓦山 (zh)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(36.349998474121 -1.1499999761581)
geo:lat
  • -1.150000 (xsd:float)
geo:long
  • 36.349998 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Suswa (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of