Phra Sunthorn Vohara, known as Sunthorn Phu (26 June 1786 – 1855), is Thailand's best-known royal poet. He wrote during the Rattanakosin period. Phu's career as a royal poet began in the reign of King Rama II, and when the king died, he resigned from the role and became a monk. Twenty years later, in the reign of King Rama III, he returned to court as a royal scribe, where he remained for the rest of his life.

Property Value
dbo:abstract
  • Sunthon Phu (auch: Sonthorn Phu oder Sunthorn Pu; in Thai: สุนทรภู่; * 26. Juni 1786 in Bangkok; † 1855) war ein thailändischer Dichter. (de)
  • Phra Sunthorn Vohara, known as Sunthorn Phu (26 June 1786 – 1855), is Thailand's best-known royal poet. He wrote during the Rattanakosin period. Phu's career as a royal poet began in the reign of King Rama II, and when the king died, he resigned from the role and became a monk. Twenty years later, in the reign of King Rama III, he returned to court as a royal scribe, where he remained for the rest of his life. Phu was renowned for composing verse, and his epic poetry is popular in Thailand to the present day. His works include Nirat Phukaothong, a collection of poems recounting his journey to the Golden Mountain; Nirat Suphan, his journey to Suphanburi Province; and the Phra Aphai Mani saga. (en)
  • Sunthorn Phu (en thaï สุนทรภู่, né le 26 juin 1786, mort en 1855) est l'un des poètes thaïlandais les plus connus. (fr)
  • 本名はただ単にプーである。王族出身ではなく平民出身であった。2歳の時に両親が離婚し、父は田舎のラヨーンに帰り、母は再婚し後宮で副王の長子の乳母の職をえた。プーはトンブリーにあるチーパカーオ寺(シースダーラーム寺)に預けられそこで学んだ。 学問をためると還俗して役所の書記となった。そのうち相聞歌にこり始めたが、非常に上手く役所内では評判の物書きとなった。しかし、後宮のチャンという女性と恋仲になり、ラーマ1世の王子の怒りにふれ、二人とも牢屋に入れられた。20歳で許され出獄すると、ラヨーンの父の元を訪れた。このときに書かれたのが『クレーン紀行詩(ニラート)』である。 まもなくバンコクに帰り、チャンとの結婚を許され落ち着くが長続きせず離婚。その後4人の女性と結婚したが、酒癖が悪くいずれも長続きしなかった。 一方で『クレーン紀行詩』によりその文才を認められ始めた、プーはラーマ2世により宮廷歌人の職を仰せつかり、ター・チャーン(王宮近くの舟場)付近に住居を賜った。しかしその後、酒によって王族を殴ったため、再び牢屋に入れられた。このころから『アパイマニー王子物語』の著作を始めたと言われる。 しばらくはプーは忘れ去られていたが、ラーマ2世がある時、詩作に困りふとプーの顔を思い出したため、釈放の運びとなった。釈放された彼は、クン・スントーンウォーハーン(ขุ่นสุนทรโวหาร)の名を賜った。この爵位名の一部と本名を合わせてスントーン・プーと通称がつかわれることとなる。この後、宮廷内では熱弁を奮い、タイ古典文学史上最高作品と言われる『クン・チャーン=クン・ペーン』などの作品の共作をしたりするようになった。プーの黄金時代である。 しかしラーマ3世が即位するとプーは官位は剥奪された。そのためワット・ラーチャブーラナ(仏教寺院)で出家をした(当時人生に悪い変化があると出家をするのがタイの習慣であった)が、再び酒を飲み(上座部仏教の戒律違反)で僧籍を追われ、アユタヤー、スパンブリーなどを放浪した。再びバンコクに帰るとワット・ポー(仏教寺院)に僧籍を於いたが、再びアユタヤーを放浪した。再びバンコクに帰るとワット・マハータート(仏教寺院)で出家した。このころ、プーにはある王族のファンがいたが、その王族が死んでしまったため、小舟を仕立てて行商の旅に出た。このころ数種の作品を仕上げた。 しかし後にピンクラオ親王がプーを再び王宮に引き抜いた。この辺りで『アパイマニー王子』が完成したと見られている。その後複数の詩を書いた。ラーマ3世が崩御し、ラーマ4世が即位すると、以前よりも高い官位プラ・スントーンウォーハーン(พระนสุนทรโวหาร)に叙された。その後作品いくつか残し死んだ。 (ja)
  • Сунтон Пу тайск. สุนทรภู่ (1786—1855) — тайский поэт, считается величайшим поэтом Таиланда, реформатор тайского стихосложения. Пу — имя, полученное при рождении, а Сунтон — часть его придворного титула. (ru)
dbo:birthDate
  • 1786-6-26
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1855-1-1
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 690483 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 713404286 (xsd:integer)
dbp:date
  • 20091027020105 (xsd:double)
dbp:title
  • Sunthorn Phu - Thailand's Greatest Poet
dbp:url
dct:description
  • Thai writer (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Sunthon Phu (auch: Sonthorn Phu oder Sunthorn Pu; in Thai: สุนทรภู่; * 26. Juni 1786 in Bangkok; † 1855) war ein thailändischer Dichter. (de)
  • Sunthorn Phu (en thaï สุนทรภู่, né le 26 juin 1786, mort en 1855) est l'un des poètes thaïlandais les plus connus. (fr)
  • Сунтон Пу тайск. สุนทรภู่ (1786—1855) — тайский поэт, считается величайшим поэтом Таиланда, реформатор тайского стихосложения. Пу — имя, полученное при рождении, а Сунтон — часть его придворного титула. (ru)
  • Phra Sunthorn Vohara, known as Sunthorn Phu (26 June 1786 – 1855), is Thailand's best-known royal poet. He wrote during the Rattanakosin period. Phu's career as a royal poet began in the reign of King Rama II, and when the king died, he resigned from the role and became a monk. Twenty years later, in the reign of King Rama III, he returned to court as a royal scribe, where he remained for the rest of his life. (en)
  • 本名はただ単にプーである。王族出身ではなく平民出身であった。2歳の時に両親が離婚し、父は田舎のラヨーンに帰り、母は再婚し後宮で副王の長子の乳母の職をえた。プーはトンブリーにあるチーパカーオ寺(シースダーラーム寺)に預けられそこで学んだ。 学問をためると還俗して役所の書記となった。そのうち相聞歌にこり始めたが、非常に上手く役所内では評判の物書きとなった。しかし、後宮のチャンという女性と恋仲になり、ラーマ1世の王子の怒りにふれ、二人とも牢屋に入れられた。20歳で許され出獄すると、ラヨーンの父の元を訪れた。このときに書かれたのが『クレーン紀行詩(ニラート)』である。 まもなくバンコクに帰り、チャンとの結婚を許され落ち着くが長続きせず離婚。その後4人の女性と結婚したが、酒癖が悪くいずれも長続きしなかった。 一方で『クレーン紀行詩』によりその文才を認められ始めた、プーはラーマ2世により宮廷歌人の職を仰せつかり、ター・チャーン(王宮近くの舟場)付近に住居を賜った。しかしその後、酒によって王族を殴ったため、再び牢屋に入れられた。このころから『アパイマニー王子物語』の著作を始めたと言われる。 (ja)
rdfs:label
  • Sunthorn Phu (en)
  • Sunthon Phu (de)
  • Sunthorn Phu (fr)
  • スントーン・プー (ja)
  • Сунтон Пу (ru)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Sunthorn Phu (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:writer of
is foaf:primaryTopic of