Stockwell (1849–1871) was a British Thoroughbred racehorse and a Leading sire in Great Britain & Ireland seven times; he was second on the sires' list a further four times during a 14-year period.

Property Value
dbo:abstract
  • Stockwell (1849–1871) was a British Thoroughbred racehorse and a Leading sire in Great Britain & Ireland seven times; he was second on the sires' list a further four times during a 14-year period. (en)
  • ストックウェル(Stockwell、1849年 - 1870年)は、19世紀中ごろに活躍したイギリスの競走馬・種牡馬。エプソムダービーは20着と大敗したが2000ギニーとセントレジャーステークスに勝ち二冠を達成した。種牡馬としても計7回のイギリスリーディングサイアーを獲得するなど活躍し、「種牡馬の皇帝」と呼ばれた。 母は「繁殖牝馬の皇后」と呼ばれた大繁殖牝馬ポカホンタスで、本馬の全弟にラタプラン、半弟にキングトムほかを輩出している。 2歳時は善戦こそするものの1勝もできずにおわったが、2000ギニーに出走するとホームブレッドを捕らえて半馬身差で勝利した。初勝利が2000ギニーという快挙である。その後、1戦を叩いて出走したエプソムダービーでは20着と大敗するも、それ以外は連勝街道を突き進み秋にはセントレジャーステークスを制覇、二冠馬となる。最終的にこの年は13戦11勝という優秀な成績を残した。 だが翌年はロシアインペリアルプレート(当時のアスコットゴールドカップの名称)で2着に入ったものの1勝もできずに終わった。5歳時は1戦のみで、唯一出走したマッチレースでは対戦相手が故障している。このレースを最後に引退した。 種牡馬成績は非常に優秀なもので計7回リーディングサイアーを獲得した。直系子孫は意外に発展しなかったが、ドンカスターの仔であるベンドアを通じて主流血統を築いている。ファラリス系、オーム系共にベンドアの直系子孫である。 ストックウェル自身はヴァイエの標準ドサージュで340と19世紀中4番目の値が与えられている。また、1866年の獲得賞金は特筆もので、この年の産駒の勝ち数は132にも及び、総獲得賞金61,340ポンドはその後68年間破られなかった。19世紀を代表する種牡馬セントサイモンとの比較でも、リーディングサイアー回数、後世への影響の点で若干劣るものの直仔の活躍はほぼ同等であり、勝ち数・勝ち頭数を中心とした幾つかの指標で上回っている。 (ja)
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1841-0-0
dbo:colour
dbo:country
dbo:dam
dbo:damsire
dbo:deathDate
  • 1871-0-0
dbo:grandsire
dbo:owner
dbo:race
dbo:sex
  • Stallion
dbo:sire
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 3038132 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 661679745 (xsd:integer)
dbp:breeder
  • William Theobald
dbp:caption
  • Stockwell with jockey up by Harry Hall, 1852
dbp:f
dbp:ff
dbp:fff
dbp:ffff
dbp:fffm
  • Peri
dbp:ffm
  • Guiccioli
  • ch. 1823
dbp:ffmf
  • Bob Booty
dbp:ffmm
  • Flight
dbp:fm
  • Echidna
  • b. 1838
dbp:fmf
  • Economist
  • br. 1825
dbp:fmff
  • Whisker
dbp:fmfm
  • Floranthe
dbp:fmm
  • Miss Pratt
  • br. 1825
dbp:fmmf
dbp:fmmm
  • Gadabout
dbp:foaled
  • 1849 (xsd:integer)
dbp:m
dbp:mf
dbp:mff
dbp:mfff
dbp:mffm
  • Bacchante
dbp:mfm
dbp:mfmf
  • Tramp
dbp:mfmm
  • Web
dbp:mm
  • Marpessa
  • br. 1830
dbp:mmf
  • Muley
  • b. 1810
dbp:mmff
  • Orville
dbp:mmfm
dbp:mmm
  • Clare
  • b. 1824
dbp:mmmf
  • Marmion
dbp:mmmm
  • Harpalice
dbp:name
  • Stockwell, chestnut stallion, 1849
dbp:record
  • 16 (xsd:integer)
dbp:trainer
  • W. Harlock
dbp:updated
  • 2011-02-21 (xsd:date)
dct:description
  • British Thoroughbred racehorse (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Stockwell (1849–1871) was a British Thoroughbred racehorse and a Leading sire in Great Britain & Ireland seven times; he was second on the sires' list a further four times during a 14-year period. (en)
  • ストックウェル(Stockwell、1849年 - 1870年)は、19世紀中ごろに活躍したイギリスの競走馬・種牡馬。エプソムダービーは20着と大敗したが2000ギニーとセントレジャーステークスに勝ち二冠を達成した。種牡馬としても計7回のイギリスリーディングサイアーを獲得するなど活躍し、「種牡馬の皇帝」と呼ばれた。 母は「繁殖牝馬の皇后」と呼ばれた大繁殖牝馬ポカホンタスで、本馬の全弟にラタプラン、半弟にキングトムほかを輩出している。 2歳時は善戦こそするものの1勝もできずにおわったが、2000ギニーに出走するとホームブレッドを捕らえて半馬身差で勝利した。初勝利が2000ギニーという快挙である。その後、1戦を叩いて出走したエプソムダービーでは20着と大敗するも、それ以外は連勝街道を突き進み秋にはセントレジャーステークスを制覇、二冠馬となる。最終的にこの年は13戦11勝という優秀な成績を残した。 だが翌年はロシアインペリアルプレート(当時のアスコットゴールドカップの名称)で2着に入ったものの1勝もできずに終わった。5歳時は1戦のみで、唯一出走したマッチレースでは対戦相手が故障している。このレースを最後に引退した。 (ja)
rdfs:label
  • Stockwell (horse) (en)
  • ストックウェル (競走馬) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male creature (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Stockwell (en)
is dbo:damsire of
is dbo:grandsire of
is dbo:sire of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbp:f of
is dbp:ff of
is dbp:fff of
is dbp:ffff of
is dbp:ffmf of
is dbp:fmf of
is dbp:fmff of
is dbp:fmmf of
is dbp:mf of
is dbp:mff of
is dbp:mfff of
is dbp:mfmf of
is dbp:mmf of
is dbp:mmff of
is dbp:mmmf of
is foaf:primaryTopic of