Simon Mitton (born 1946) is an astronomer and writer. He is based at St Edmund's College, Cambridge. He has written numerous astronomical works. The most well known of these is his biography of fellow Cambridge astronomer Fred Hoyle.

Property Value
dbo:abstract
  • Simon Mitton, né le 18 décembre 1946, est un astronome et écrivain britannique. Il est basé au St Edmund's College, à Cambridge. Il a publié de nombreux œuvres reconnues telles The Cambridge Encyclopedia of Astronomy (1978), Exploring the Galaxies (1974) et Cambridge Scientific Minds (2000). Son ouvrage le plus fameux est sans doute sa biographie de son collègue astronome de Cambridge Fred Hoyle. (fr)
  • サイモン・ミットン(英: Simon Mitton. 1946年-)は、イギリス在住の天文学者、科学伝記作家。天文学者ジャクリーン・ミットン の夫で、暗黒物質の提唱者エレミア・オストライカーの友人。 現在、ケンブリッジ大学セント・エドムンズ・カレッジに拠点を構えている。彼は多数の天文学上の著作を書いている。これらの中で最も有名なものは、ケンブリッジ大学フェローで天文学者のフレッド・ホイルの伝記である。サイモンの妻、ジャクリーンも著名な天文学者であり、小惑星「ミットン4027」は、ミットン夫妻の功績を記念するために名づけられた。 ケンブリッジ大学の同僚には、マイケル・ホスキンらがいる。ホスキンは、優れた天文学史家でハーシェル一族の伝記作家であり、ハーシェル家の人々とは40数年間以上も親密な関係を築いてきた。この影響もあり、ミットンはハーシェル一族の宇宙論と伝記に詳しい。また、ミットンは、もう一人のケンブリッジ大学の天文学史家であるオーウェン・ギンギリッヒとも親交がある。 (ja)
  • Simon Mitton (born 1946) is an astronomer and writer. He is based at St Edmund's College, Cambridge. He has written numerous astronomical works. The most well known of these is his biography of fellow Cambridge astronomer Fred Hoyle. (en)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1946-12-18 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:doctoralAdvisor
dbo:field
dbo:nationality
dbo:residence
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 21268935 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 715999052 (xsd:integer)
dbp:caption
  • Simon Mitton, Parc Phoenix Nice France 2013
dbp:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbp:workplaces
dct:description
  • British astronomer (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Simon Mitton, né le 18 décembre 1946, est un astronome et écrivain britannique. Il est basé au St Edmund's College, à Cambridge. Il a publié de nombreux œuvres reconnues telles The Cambridge Encyclopedia of Astronomy (1978), Exploring the Galaxies (1974) et Cambridge Scientific Minds (2000). Son ouvrage le plus fameux est sans doute sa biographie de son collègue astronome de Cambridge Fred Hoyle. (fr)
  • サイモン・ミットン(英: Simon Mitton. 1946年-)は、イギリス在住の天文学者、科学伝記作家。天文学者ジャクリーン・ミットン の夫で、暗黒物質の提唱者エレミア・オストライカーの友人。 現在、ケンブリッジ大学セント・エドムンズ・カレッジに拠点を構えている。彼は多数の天文学上の著作を書いている。これらの中で最も有名なものは、ケンブリッジ大学フェローで天文学者のフレッド・ホイルの伝記である。サイモンの妻、ジャクリーンも著名な天文学者であり、小惑星「ミットン4027」は、ミットン夫妻の功績を記念するために名づけられた。 ケンブリッジ大学の同僚には、マイケル・ホスキンらがいる。ホスキンは、優れた天文学史家でハーシェル一族の伝記作家であり、ハーシェル家の人々とは40数年間以上も親密な関係を築いてきた。この影響もあり、ミットンはハーシェル一族の宇宙論と伝記に詳しい。また、ミットンは、もう一人のケンブリッジ大学の天文学史家であるオーウェン・ギンギリッヒとも親交がある。 (ja)
  • Simon Mitton (born 1946) is an astronomer and writer. He is based at St Edmund's College, Cambridge. He has written numerous astronomical works. The most well known of these is his biography of fellow Cambridge astronomer Fred Hoyle. (en)
rdfs:label
  • Simon Mitton (fr)
  • サイモン・ミットン (ja)
  • Simon Mitton (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Simon (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Simon Mitton (en)
foaf:surname
  • Mitton (en)
is foaf:primaryTopic of