Shiraho Saonetabaru Cave Ruins (白保竿根田原洞穴遺跡 Shiraho Saonetabaru Dōketsu Iseki) is an paleoanthropological site located on Ishigaki Island of the Yaeyama Islands of Japan. Shiraho Saonetabaru is a limestone cave. It was discovered in 2007 when plans for the New Ishigaki Airport were being developed. Remains of human heads, feet, arms were found, in all 9 bones, by the Okinawa Limestone Cave Association.

Property Value
dbo:abstract
  • 白保竿根田原洞穴遺跡(しらほさおねたばるどうけついせき)は、沖縄県石垣市(八重山列島石垣島)にある旧石器時代から断続的に続く複合遺跡である。 「竿根田原」の読み方について、石垣市から「そねたばる」との修正申し入れがなされているが、沖縄県立埋蔵文化財センターの公式発表および、日本考古学協会・日本人類学会での報告は、「さおねたばる」である。よって、正式な遺跡名としては、「さおねたばる」となる。なお、竿根田原は字白保の小字名であり、『石垣市史民俗上』などによれば、方音は「ソンタパリ」という。しかしながら、実際に遺跡がある場所は、石垣市字盛山の東牛種子となっている。このような名称の揺れが生じた理由については、同遺跡が存する洞穴が、盛山東牛種子(もりやまアリィウシタニ)から白保竿根田原に続く長大なものであったことによる。新石垣空港建設前まで、同地はゴルフ場内にあたり盛土されていたため、地下にこのような洞穴があることは、把握されていなかった。よって、長大な洞穴の洞口が最初に見つかった、白保側(現在の遺跡の場所よりも北側)の小字名がそのまま遺跡名として利用されている現状がある。 (ja)
  • Shiraho Saonetabaru Cave Ruins (白保竿根田原洞穴遺跡 Shiraho Saonetabaru Dōketsu Iseki) is an paleoanthropological site located on Ishigaki Island of the Yaeyama Islands of Japan. Shiraho Saonetabaru is a limestone cave. It was discovered in 2007 when plans for the New Ishigaki Airport were being developed. Remains of human heads, feet, arms were found, in all 9 bones, by the Okinawa Limestone Cave Association. Researchers from the University of the Ryukyus and University of Tokyo succeeded in radiocarbon dating three out of five of the bones tested. The three bones yielded the following dates: (20,030-18,100 BP), (22,890-22,400 BP) and (24,990-24,210 BP). This would make these bones the oldest ever found in Japanese territory, surpassing those of the Hamakita Site of Shizuoka's Negata Cave, which were found to date to some 14,000 years ago. (en)
dbo:wikiPageID
  • 31982956 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 737856487 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 白保竿根田原洞穴遺跡(しらほさおねたばるどうけついせき)は、沖縄県石垣市(八重山列島石垣島)にある旧石器時代から断続的に続く複合遺跡である。 「竿根田原」の読み方について、石垣市から「そねたばる」との修正申し入れがなされているが、沖縄県立埋蔵文化財センターの公式発表および、日本考古学協会・日本人類学会での報告は、「さおねたばる」である。よって、正式な遺跡名としては、「さおねたばる」となる。なお、竿根田原は字白保の小字名であり、『石垣市史民俗上』などによれば、方音は「ソンタパリ」という。しかしながら、実際に遺跡がある場所は、石垣市字盛山の東牛種子となっている。このような名称の揺れが生じた理由については、同遺跡が存する洞穴が、盛山東牛種子(もりやまアリィウシタニ)から白保竿根田原に続く長大なものであったことによる。新石垣空港建設前まで、同地はゴルフ場内にあたり盛土されていたため、地下にこのような洞穴があることは、把握されていなかった。よって、長大な洞穴の洞口が最初に見つかった、白保側(現在の遺跡の場所よりも北側)の小字名がそのまま遺跡名として利用されている現状がある。 (ja)
  • Shiraho Saonetabaru Cave Ruins (白保竿根田原洞穴遺跡 Shiraho Saonetabaru Dōketsu Iseki) is an paleoanthropological site located on Ishigaki Island of the Yaeyama Islands of Japan. Shiraho Saonetabaru is a limestone cave. It was discovered in 2007 when plans for the New Ishigaki Airport were being developed. Remains of human heads, feet, arms were found, in all 9 bones, by the Okinawa Limestone Cave Association. (en)
rdfs:label
  • 白保竿根田原洞穴遺跡 (ja)
  • Shiraho Saonetabaru Cave Ruins (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of