"Sen to Rei" (Japanese: セントレイ, "1000 & 0") (Japanese pronunciation: [sentoɺei]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a digital download on November 12, 2008, and on December 10 was released as the band's first physical CD single.

Property Value
dbo:Work/runtime
  • 3.85
dbo:abstract
  • 『セントレイ』(日本語発音: [sentoɺei])は、日本のロック・バンド、サカナクションの楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって作詞・作曲されたこの楽曲は、シングルとしてリリースされ、バンドにっとって本作は物理メディアでのリリースでは初の作品となった。2008年11月12日にデジタル・ダウンロードとして各配信サイトににて配信リリースされた後に、12月10日にビクターエンタテインメントの傘下レーベル、BabeStar LabelよりCDシングルとしてリリースされた。楽曲のタイトルは、数字の“1000”(セン)と“0”(レイ)という意味を持っており、シングルの発売を記念としたライブツアー『SEN(千)LIVE』および『REI(零)LIVE』ではそれにちなんだ料金でのライブを行っている。ライブではシングルに収録された楽曲などがライブ・パフォーマンスされた。楽曲の音楽性は、ギター・ロックとエレクトロニカをメインとしており、曲中2度目のAメロのサウンドではダンス・ビートの要素が含まれている。付属するミュージック・ビデオは豊田京太郎が務めており、映像はバンドメンバー5人が出演している。楽曲は、音楽評論家により賛否両論評価されている。ロッキングオンの岡崎咲子は、ウェブ上で「バンド初のシングルで、サカナクションの景色が変わった。」とコメントしており、躍進だけではなく、ギターをはじめとした楽器での演奏などを肯定的に評価している一方、タワーレコードの音楽雑誌、『bounce』の山田邦子は、曲の「疾走感」を賞賛し、バンドがより標準的な「ギターロック」の歌を作成すると快適であったと指摘し、一部を否定している。 (ja)
  • "Sen to Rei" (Japanese: セントレイ, "1000 & 0") (Japanese pronunciation: [sentoɺei]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a digital download on November 12, 2008, and on December 10 was released as the band's first physical CD single. (en)
dbo:album
dbo:format
dbo:genre
dbo:musicalArtist
dbo:musicalBand
dbo:previousWork
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:releaseDate
  • 2008-11-12 (xsd:date)
dbo:runtime
  • 231.000000 (xsd:double)
dbo:soundRecording
dbo:subsequentWork
dbo:wikiPageID
  • 20840272 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 738970769 (xsd:integer)
dbo:writer
dbp:allWriting
dbp:alt
  • A park at night time with stylized white dots in the foreground.
dbp:collapsed
  • no
  • yes
dbp:cover
  • Sentorei.jpg
dbp:format
dbp:headline
  • Single
  • Digital download
  • Limited edition bonus track
dbp:language
dbp:length
  • 211.0
  • 231.0
  • 256.0
  • 307.0
dbp:note
  • , "East of the Night"
  • "Rain "
  • , "Irritating Days"
dbp:recorded
  • 2008 (xsd:integer)
dbp:thisSingle
  • "Sen to Rei"
dbp:title
  • Ame
  • Yoru no Higashigawa
  • Modokashii Hibi
  • Sen to Rei
dbp:totalLength
  • 231.0
  • 1005.0
  • 749.0
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 『セントレイ』(日本語発音: [sentoɺei])は、日本のロック・バンド、サカナクションの楽曲。バンドのフロントマン山口一郎によって作詞・作曲されたこの楽曲は、シングルとしてリリースされ、バンドにっとって本作は物理メディアでのリリースでは初の作品となった。2008年11月12日にデジタル・ダウンロードとして各配信サイトににて配信リリースされた後に、12月10日にビクターエンタテインメントの傘下レーベル、BabeStar LabelよりCDシングルとしてリリースされた。楽曲のタイトルは、数字の“1000”(セン)と“0”(レイ)という意味を持っており、シングルの発売を記念としたライブツアー『SEN(千)LIVE』および『REI(零)LIVE』ではそれにちなんだ料金でのライブを行っている。ライブではシングルに収録された楽曲などがライブ・パフォーマンスされた。楽曲の音楽性は、ギター・ロックとエレクトロニカをメインとしており、曲中2度目のAメロのサウンドではダンス・ビートの要素が含まれている。付属するミュージック・ビデオは豊田京太郎が務めており、映像はバンドメンバー5人が出演している。楽曲は、音楽評論家により賛否両論評価されている。ロッキングオンの岡崎咲子は、ウェブ上で「バンド初のシングルで、サカナクションの景色が変わった。」とコメントしており、躍進だけではなく、ギターをはじめとした楽器での演奏などを肯定的に評価している一方、タワーレコードの音楽雑誌、『bounce』の山田邦子は、曲の「疾走感」を賞賛し、バンドがより標準的な「ギターロック」の歌を作成すると快適であったと指摘し、一部を否定している。 (ja)
  • "Sen to Rei" (Japanese: セントレイ, "1000 & 0") (Japanese pronunciation: [sentoɺei]) is a song by Japanese band Sakanaction. It was released as a digital download on November 12, 2008, and on December 10 was released as the band's first physical CD single. (en)
rdfs:label
  • セントレイ (ja)
  • Sen to Rei (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Sen to Rei (en)
is dbo:previousWork of
is dbo:subsequentWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:title of
is foaf:primaryTopic of