Randel Edward "Randy" Vataha, (born December 4, 1948 in Santa Monica, California), was a wide receiver who played seven seasons in the NFL.

Property Value
dbo:abstract
  • ランディ・バタハ(Randy Vataha 1948年12月4日- )はカリフォルニア州サンタモニカ出身の元アメリカンフットボール選手で実業家。ポジションはワイドレシーバー。 彼はジム・プランケットの好んだレシーバーでありスタンフォード大学4年次の1970年、96ヤードのタッチダウンレシーブをマークした。この記録は1999年にジョー・ボーチャードからトロイ・ウォルターズへの98ヤードのタッチダウンパスが決まるまで大学記録であった。またパントリターンで平均14.7ヤードの大学記録を保持している。 1970年のローズボウルで1TDをあげたが14-22で敗れた。 1971年のローズボウルでもTDレシーブをあげてオハイオ州立大学を破る番狂わせを演じた。 1971年のNFLドラフト17巡目でロサンゼルス・ラムズに指名されたが開幕ロースターに残ることはできずフリーエージェントで大学時代のチームメートであるジム・プランケットがドラフト全体1位で入団していたニューイングランド・ペイトリオッツに入団し、1年目彼は51回のキャッチで872ヤードを獲得、9タッチダウンをあげてUPI通信よりAFCオールルーキーチームに選ばれた。ペイトリオッツで6シーズン過ごした後、1977年にグリーンベイ・パッカーズでプレーし現役を引退した。 1975年にはNFL選手会代表として労使交渉にあたった。 現役を引退した後、スポーツ選手のマネージメントを行う会社を設立しCEOに就任、彼の会社の顧客にはラリー・バードやラリー・キングなどが在籍した。1983年にはUSFLのボストン・ブレイカーズの共同オーナーとなった。現在はプロスポーツチームの売買を行う会社の社長を務めている。 (ja)
  • Randel Edward "Randy" Vataha, (born December 4, 1948 in Santa Monica, California), was a wide receiver who played seven seasons in the NFL. (en)
dbo:birthDate
  • 1948-12-04 (xsd:date)
  • 1948-12-4
dbo:birthPlace
dbo:position
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 10145217 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 735993572 (xsd:integer)
dbp:college
dbp:databasefootball
  • VATAHRAN01
dbp:nfldraftedround
  • 17 (xsd:integer)
dbp:nfldraftedyear
  • 1971 (xsd:integer)
dbp:playingTeam
dbp:playingYears
  • 1971 (xsd:integer)
  • 1977 (xsd:integer)
dct:description
  • American football player (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Randel Edward "Randy" Vataha, (born December 4, 1948 in Santa Monica, California), was a wide receiver who played seven seasons in the NFL. (en)
  • ランディ・バタハ(Randy Vataha 1948年12月4日- )はカリフォルニア州サンタモニカ出身の元アメリカンフットボール選手で実業家。ポジションはワイドレシーバー。 彼はジム・プランケットの好んだレシーバーでありスタンフォード大学4年次の1970年、96ヤードのタッチダウンレシーブをマークした。この記録は1999年にジョー・ボーチャードからトロイ・ウォルターズへの98ヤードのタッチダウンパスが決まるまで大学記録であった。またパントリターンで平均14.7ヤードの大学記録を保持している。 1970年のローズボウルで1TDをあげたが14-22で敗れた。 1971年のローズボウルでもTDレシーブをあげてオハイオ州立大学を破る番狂わせを演じた。 1971年のNFLドラフト17巡目でロサンゼルス・ラムズに指名されたが開幕ロースターに残ることはできずフリーエージェントで大学時代のチームメートであるジム・プランケットがドラフト全体1位で入団していたニューイングランド・ペイトリオッツに入団し、1年目彼は51回のキャッチで872ヤードを獲得、9タッチダウンをあげてUPI通信よりAFCオールルーキーチームに選ばれた。ペイトリオッツで6シーズン過ごした後、1977年にグリーンベイ・パッカーズでプレーし現役を引退した。 1975年にはNFL選手会代表として労使交渉にあたった。 (ja)
rdfs:label
  • Randy Vataha (en)
  • ランディ・バタハ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Randy (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Randy Vataha (en)
foaf:surname
  • Vataha (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of