The Porto Cathedral (Portuguese: Sé do Porto), located in the historical centre of the city of Porto, Portugal, is one of the city's oldest monuments and one of the most important Romanesque monuments in Portugal The current Cathedral of Porto underwent construction around 1110 under the patronage of Bishop Hugo and was completed in the 13th century, but there is evidence that the city has been a bishopric seat since the Suevi domination in the 5th-6th centuries. This first Romanesque building has suffered many alterations but the general aspect of the façade has remained romanesque.

Property Value
dbo:abstract
  • La catedral de Oporto (en portugués, Sé do Porto), es la sede episcopal de la diócesis de Oporto, en Portugal. Está situada en el corazón del centro histórico de la ciudad y es uno de sus principales y más antiguos monumentos. (es)
  • Die Kathedrale von Porto (port. Sé do Porto) ist die Hauptkirche der Stadt Porto und die Bischofskirche des Bistums Porto in Portugal. Sie liegt auf einem Hügel in der Altstadt, die seit 1996 als Weltkulturerbe der UNESCO gilt. (de)
  • La Cathédrale de Porto est une église forteresse du XIIe siècle sise dans le centre historique de la vieille ville de Porto. De style roman elle est remaniée aux XVIIe et XVIIIe siècles, mais n’en est pas moins un des monuments les plus anciens de la ville. (fr)
  • ポルト大聖堂 (Sé do Porto)は、ポルトガル・ポルトにある大聖堂。市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク様式建築の一つである。 現在のポルト大聖堂はフーゴ司教の後援のもとで1110年頃に建立が開始されて13世紀に完成したが、司教座自体はスエビ王国支配下の5世紀から6世紀には既にポルト市にあったと記録されている。 大聖堂は平面が四角形の双塔を備えている。いずれも控え壁で支えられ、ドームを頂いている。ファサードには装飾が施されておらず、しかも異種建築様式の混合となっている。バロック様式の張り出し玄関と、銃眼模様のアーチの下に美しいロマネスク様式のバラ窓があり、要塞化された教会だという印象を与える。 ロマネスク様式の身廊は狭い方で、トンネルヴォールト(円筒形のヴォールト)が架けられている。両側は背の低いヴォールトの側廊となっている。中央にある身廊の石造り天井を支えるのは、ポルトガルではこの大聖堂で初めて採用された飛び梁を使った技法である。 当初ロマネスク様式であった大聖堂はたびたび改築を受けたが、ファサード全体の外観はロマネスク様式のままである。 1333年頃、ゴシック様式の葬祭用礼拝堂としてジョアン・ゴルド礼拝堂が付け加えられた。ジョアンはディニス1世の臣下として働いた聖ヨハネ騎士団員だった。彼の墓は、彼の横たわる像と12使徒の像で飾られている。ゴシック時代に加えられた他の要素には、14世紀から15世紀にかけ建てられた優雅な回廊がある。この時期の王ジョアン1世は、1387年にポルト大聖堂でイングランド王女フィリパ・デ・レンカストレと結婚式を挙げた。 大聖堂の外側の姿は、バロック時代に大いに改められた。1772年、元のロマネスク様式の扉口が新しい扉口に取り替えられ、塔のドームが改造された。1732年頃、イタリア人建築家ニコロ・ナッツオーニは、大聖堂の側廊側ファサードに優雅なバロック様式の涼み廊を加えた。1801年に勃発したオレンジ戦争ではアマランテで戦闘が繰り広げられる中、スペイン兵士が大聖堂を一時的に占拠したが、地元民の力によって取り戻された。その後、大聖堂を取り戻すために命を落とした地元民の名を残すため、マグネタイトに大理石を重ねた銘板が大聖堂の祭壇の後ろに掲げられた。 内装もバロック時代に変更された。17世紀半ばには礼拝堂の一つにポルトガル人芸術家の手による壮麗な銀製の衝立が祭壇上部に加えられた。また、同じころロマネスク様式の回廊付アプスが取り壊され、新たなアプスがバロック様式で建てられた。のち、ナッツオーニによって新しい壁と聖職者席が塗られた。礼拝堂内の祭壇棚はサントス・パシェーコに設計され、1727年から1729年にかけてミゲル・フランシスコ・ダ・シルヴァによって仕上げられたポルトガル・バロック様式の代表作品である。 1つの像が支える3つの赤大理石製の聖水盤は17世紀の制作である。洗礼室には、聖ヨハネによる洗礼を受けるキリストをモチーフとしたブロンズのレリーフがある。このレリーフの作者はアントニオ・テイシェイラ・ロペスである。 南側翼廊はゴシック様式の回廊とつながっている。回廊はヴァレンティン・デ・アルメイダによりバロックのアズレージョ(彩色タイル)で装飾された。それらは聖母マリアの一生と、オウィディウスによる大変化???を描いている。初期ロマネスク様式の回廊遺構にはいくつかのサルコファガス(棺のための石製の入れ物)が残されている。テラスはアントニオ・ヴィダルによってアズレージョで装飾された。聖堂参事会会議所の格間天井には、道徳的な意味を持つ寓話がパッチーニによって1737年に描かれた。 (ja)
  • The Porto Cathedral (Portuguese: Sé do Porto), located in the historical centre of the city of Porto, Portugal, is one of the city's oldest monuments and one of the most important Romanesque monuments in Portugal The current Cathedral of Porto underwent construction around 1110 under the patronage of Bishop Hugo and was completed in the 13th century, but there is evidence that the city has been a bishopric seat since the Suevi domination in the 5th-6th centuries. The cathedral is flanked by two square towers, each supported with two buttresses and crowned with a cupola. The façade lacks decoration and is rather architecturally heterogeneous. It shows a Baroque porch and a beautiful Romanesque rose window under a crenellated arch, giving the impression of a fortified church. The Romanesque nave is rather narrow and is covered by barrel vaulting. It is flanked by two aisles with a lower vault. The stone roof of the central aisle is supported by flying buttresses, making the building one of the first in Portugal to use this architectonic feature. This first Romanesque building has suffered many alterations but the general aspect of the façade has remained romanesque. Around 1333 the Gothic funerary chapel of João Gordo was added. João was a Knight Hospitaller who worked for King Dinis I. His tomb is decorated with his recumbent figure and reliefs of the Apostles. Also from the Gothic period is the elegant cloister, built between the 14th and the 15th centuries during the reign of King John I, who married English Princess Philippa of Lancaster in Porto Cathedral in 1387. The external appearance of the Cathedral was greatly altered during Baroque times. In 1772 a new main portal substituted the old Romanesque original and the tower cupolas were altered. Around 1732 Italian architect Nicolau Nasoni added an elegant Baroque loggia to the lateral façade of the Cathedral. During the War of the Oranges whilst the battle at Amarante was taking place a group of Spanish soldiers briefly took control of the Cathedral before being overcome by the locals of the town. A marble plaque with a Magnetite backing now hangs up behind the altar in order to remind everyone of those who lost their lives whilst regaining control of the chapel. The magnetite backing was chosen in order to remind those travelling near the cathedral by interfering with the direction in which their compass points, The interior was also altered during the baroque era. In one of the chapels there is a magnificent silver altarpiece, built in the second half of the 17th century by Portuguese artists. Also in the 17th century the romanesque apse (which had an ambulatory) was torn down and a new one was built in baroque style, later decorated with new wall paintings by Nasoni and choir stalls. The altarpiece of the chapel, designed by Santos Pacheco and executed by Miguel Francisco da Silva between 1727 and 1729, is an important work of Portuguese Baroque. The three red marble holy-water fonts, supported by a statue, date from the 17th century. The baptistery contains a bronze bas-relief by António Teixeira Lopes, depicting the baptism of Christ by John the Baptist. The South transept arm gives access to the Gothic cloister, which is decorated with baroque azulejos by Valentim de Almeida (between 1729 and 1731). They depict the life of the Virgin Mary and Ovid's Metamorphoses. The remains of the Early-Romanesque ambulatory contain a few sarcophagi. The terrace is decorated with tile panels by António Vidal. The coffered ceiling of the chapter house was painted with allegories of moral values by Pachini in 1737. (en)
  • A Sé / Catedral da cidade do Porto, situada no coração do centro histórico da cidade do Porto, é um dos principais e mais antigos monumentos de Portugal. (pt)
  • Sé Catedral, znana także jako Sé do Porto - katedra rzymskokatolicka pod wezwaniem Wniebowzięcia Najświętszej Maryi Panny w Porto, w Portugalii. Jest to świątynia obronna o potężnych i wysokich murach. Pierwotnie budowla romańska, przebudowana została w XVIII wieku w stylu barokowym. We wnętrzu świątyni znajduje się srebrny ołtarz. Renesansowe schody prowadzą do sali kapitulnej. Katedra znajduje się na Liście Światowego Dziedzictwa UNESCO. (pl)
  • 波尔图主教座堂(葡萄牙語:Sé do Porto)是天主教波尔图教区的主教座堂,位于葡萄牙城市波尔图的历史中心,是该市最古老的古迹之一和葡萄牙最重要的罗曼式建筑之一。 目前的主教座堂建于1110年前后,完成于13世纪,但有证据显示在5-6世纪该市已经是主教驻地。 波尔图主教座堂两侧各有一座方形钟楼,立面缺少装饰,在建筑上算是相当另类。它有一个巴洛克门廊和美丽的玫瑰窗。顶部的锯齿,使之看来像个堡垒。通廊很狭长,覆盖着桶形穹窿。石砌屋顶由飞扶壁支撑,是葡萄牙最早使用此建筑功能的建筑之一。 这座教堂的立面大体未变,但是在巴洛克时代,增加了优雅的门廊,内部也增加了豪华的银祭台,以及其他华丽的装饰。 (zh)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 5972122 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 739669730 (xsd:integer)
dbp:architectureStyle
dbp:architectureType
dbp:caption
  • Façade of the Porto Cathedral
dbp:district
dbp:imageSize
  • 275 (xsd:integer)
dbp:location
dbp:province
dbp:religiousAffiliation
dbp:status
dbp:yearCompleted
  • 1737 (xsd:integer)
dbp:yearStarted
  • 1110 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
georss:point
  • 41.1428 -8.6113
rdf:type
rdfs:comment
  • La catedral de Oporto (en portugués, Sé do Porto), es la sede episcopal de la diócesis de Oporto, en Portugal. Está situada en el corazón del centro histórico de la ciudad y es uno de sus principales y más antiguos monumentos. (es)
  • Die Kathedrale von Porto (port. Sé do Porto) ist die Hauptkirche der Stadt Porto und die Bischofskirche des Bistums Porto in Portugal. Sie liegt auf einem Hügel in der Altstadt, die seit 1996 als Weltkulturerbe der UNESCO gilt. (de)
  • La Cathédrale de Porto est une église forteresse du XIIe siècle sise dans le centre historique de la vieille ville de Porto. De style roman elle est remaniée aux XVIIe et XVIIIe siècles, mais n’en est pas moins un des monuments les plus anciens de la ville. (fr)
  • A Sé / Catedral da cidade do Porto, situada no coração do centro histórico da cidade do Porto, é um dos principais e mais antigos monumentos de Portugal. (pt)
  • Sé Catedral, znana także jako Sé do Porto - katedra rzymskokatolicka pod wezwaniem Wniebowzięcia Najświętszej Maryi Panny w Porto, w Portugalii. Jest to świątynia obronna o potężnych i wysokich murach. Pierwotnie budowla romańska, przebudowana została w XVIII wieku w stylu barokowym. We wnętrzu świątyni znajduje się srebrny ołtarz. Renesansowe schody prowadzą do sali kapitulnej. Katedra znajduje się na Liście Światowego Dziedzictwa UNESCO. (pl)
  • 波尔图主教座堂(葡萄牙語:Sé do Porto)是天主教波尔图教区的主教座堂,位于葡萄牙城市波尔图的历史中心,是该市最古老的古迹之一和葡萄牙最重要的罗曼式建筑之一。 目前的主教座堂建于1110年前后,完成于13世纪,但有证据显示在5-6世纪该市已经是主教驻地。 波尔图主教座堂两侧各有一座方形钟楼,立面缺少装饰,在建筑上算是相当另类。它有一个巴洛克门廊和美丽的玫瑰窗。顶部的锯齿,使之看来像个堡垒。通廊很狭长,覆盖着桶形穹窿。石砌屋顶由飞扶壁支撑,是葡萄牙最早使用此建筑功能的建筑之一。 这座教堂的立面大体未变,但是在巴洛克时代,增加了优雅的门廊,内部也增加了豪华的银祭台,以及其他华丽的装饰。 (zh)
  • The Porto Cathedral (Portuguese: Sé do Porto), located in the historical centre of the city of Porto, Portugal, is one of the city's oldest monuments and one of the most important Romanesque monuments in Portugal The current Cathedral of Porto underwent construction around 1110 under the patronage of Bishop Hugo and was completed in the 13th century, but there is evidence that the city has been a bishopric seat since the Suevi domination in the 5th-6th centuries. This first Romanesque building has suffered many alterations but the general aspect of the façade has remained romanesque. (en)
  • ポルト大聖堂 (Sé do Porto)は、ポルトガル・ポルトにある大聖堂。市内で最も古い建造物であり、ポルトガル国内で最も重要なロマネスク様式建築の一つである。 現在のポルト大聖堂はフーゴ司教の後援のもとで1110年頃に建立が開始されて13世紀に完成したが、司教座自体はスエビ王国支配下の5世紀から6世紀には既にポルト市にあったと記録されている。 大聖堂は平面が四角形の双塔を備えている。いずれも控え壁で支えられ、ドームを頂いている。ファサードには装飾が施されておらず、しかも異種建築様式の混合となっている。バロック様式の張り出し玄関と、銃眼模様のアーチの下に美しいロマネスク様式のバラ窓があり、要塞化された教会だという印象を与える。 ロマネスク様式の身廊は狭い方で、トンネルヴォールト(円筒形のヴォールト)が架けられている。両側は背の低いヴォールトの側廊となっている。中央にある身廊の石造り天井を支えるのは、ポルトガルではこの大聖堂で初めて採用された飛び梁を使った技法である。 当初ロマネスク様式であった大聖堂はたびたび改築を受けたが、ファサード全体の外観はロマネスク様式のままである。 1つの像が支える3つの赤大理石製の聖水盤は17世紀の制作である。洗礼室には、聖ヨハネによる洗礼を受けるキリストをモチーフとしたブロンズのレリーフがある。このレリーフの作者はアントニオ・テイシェイラ・ロペスである。 (ja)
rdfs:label
  • Kathedrale von Porto (de)
  • Catedral de Oporto (es)
  • Porto Cathedral (en)
  • Cathédrale de Porto (fr)
  • Cattedrale di Porto (it)
  • ポルト大聖堂 (ja)
  • Katedra w Porto (pl)
  • Sé do Porto (pt)
  • 波尔图主教座堂 (zh)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(-8.6113004684448 41.142799377441)
geo:lat
  • 41.142799 (xsd:float)
geo:long
  • -8.611300 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Sé do Porto (en)
  • (Cathedral of the Assumption of Our Lady) (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:caption of
is dbp:cathedral of
is foaf:primaryTopic of