Philippine English is the variety of English used in the Philippines by the media and the vast majority of educated Filipinos. English is taught in schools as one of the two official languages of the country, the other being Filipino. Code-switching is prevalent in informal situations. Sub-varieties of Philippine English or Philippine Englishes are emerging based on the regional location and thus linguistic influences of the speakers.

Property Value
dbo:abstract
  • Philippine English is the variety of English used in the Philippines by the media and the vast majority of educated Filipinos. English is taught in schools as one of the two official languages of the country, the other being Filipino. Code-switching is prevalent in informal situations. Sub-varieties of Philippine English or Philippine Englishes are emerging based on the regional location and thus linguistic influences of the speakers. (en)
  • Filipino-Englisch, auch Philippinisches Englisch ist ein auf den Philippinen gesprochener Dialekt, der an das amerikanische Englisch angelehnt ist. Der Dialekt entsteht vor Allem durch eine andere Aussprache. 1898 kam das Englische erstmals auf die Insel und wird heute, vor allem der jahrelangen Präsenz der U.S. Air Force in Angeles City bzw der U.S. Navy in der Subic-Bucht auf der Insel Luzón wegen von der Mehrzahl der philippinischen Bevölkerung gesprochen. Da über 150 verschiedene Sprachen auf den Philippinen gesprochen werden, ist Englisch die Amtssprache der Geschäftswelt, sowie Unterrichtssprache. In den Medien wird oft auch eine Mixtur aus Englisch und Tagalog gesprochen. Beispiele für „kreolisierte“ Wörter sind u. a.: * Sunkist (Orange) * Kodak (Kamera) * Kolget (Zahnpasta). (de)
  • フィリピン英語は、フィリピンで使われる英語のことで、メディアや教育を受けた人たちによって使われることが多い。フィリピンで英語は公用語の一つとしてフィリピノ語と共に学校で教えられている。 英語は教育の場、宗教行事、印刷出版・メディア、そしてビジネスの場面などで主に使われる、しかし第二言語として使う人口のほうが母語として使う人たちより圧倒的に多い(国別英語話者数ランキング参照)。 大学の理数系は英語が使われる。むしろこういった場面で現地語を使うのは珍しい。英語の映画やテレビ番組は字幕なしでも通じる。 フィリピンで教えられる英語は、北アメリカで使われるアメリカ英語とよく似ている。しかしながら、フィリピンの多くの学校の職員は、英語圏のネイティブな英語話者ではないので、ゲルマン語派ではなくオーストロネシア語族系の文法がたまに見られる。 英語の第二言語習得により、スタンダードではない慣用法が出てくるときもある。 (ja)
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 879002 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 744597040 (xsd:integer)
dbp:fam
dbp:familycolor
  • Indo-European
dbp:glotto
  • none
dbp:isoexception
  • dialect
dbp:notice
  • IPA
dbp:speakers
  • ?
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Philippine English is the variety of English used in the Philippines by the media and the vast majority of educated Filipinos. English is taught in schools as one of the two official languages of the country, the other being Filipino. Code-switching is prevalent in informal situations. Sub-varieties of Philippine English or Philippine Englishes are emerging based on the regional location and thus linguistic influences of the speakers. (en)
  • フィリピン英語は、フィリピンで使われる英語のことで、メディアや教育を受けた人たちによって使われることが多い。フィリピンで英語は公用語の一つとしてフィリピノ語と共に学校で教えられている。 英語は教育の場、宗教行事、印刷出版・メディア、そしてビジネスの場面などで主に使われる、しかし第二言語として使う人口のほうが母語として使う人たちより圧倒的に多い(国別英語話者数ランキング参照)。 大学の理数系は英語が使われる。むしろこういった場面で現地語を使うのは珍しい。英語の映画やテレビ番組は字幕なしでも通じる。 フィリピンで教えられる英語は、北アメリカで使われるアメリカ英語とよく似ている。しかしながら、フィリピンの多くの学校の職員は、英語圏のネイティブな英語話者ではないので、ゲルマン語派ではなくオーストロネシア語族系の文法がたまに見られる。 英語の第二言語習得により、スタンダードではない慣用法が出てくるときもある。 (ja)
  • Filipino-Englisch, auch Philippinisches Englisch ist ein auf den Philippinen gesprochener Dialekt, der an das amerikanische Englisch angelehnt ist. Der Dialekt entsteht vor Allem durch eine andere Aussprache. Beispiele für „kreolisierte“ Wörter sind u. a.: * Sunkist (Orange) * Kodak (Kamera) * Kolget (Zahnpasta). (de)
rdfs:label
  • Philippine English (en)
  • Filipino-Englisch (de)
  • フィリピン英語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Philippine English (en)
is dbo:language of
is dbo:officialLanguage of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:blankInfoSec of
is dbp:languages of
is dbp:nativeNameLang of
is dbp:populationBlank of
is foaf:primaryTopic of