Philippe Verdelot (1480 to 1485 – c. 1530 to 1532?) was a French composer of the Renaissance, who spent most of his life in Italy. He is commonly considered to be the father of the Italian madrigal, and certainly was one of its earliest and most prolific composers; in addition he was prominent in the musical life of Florence during the period after the recapture of the city by the Medici from the followers of Girolamo Savonarola.

Property Value
dbo:abstract
  • Philippe Verdelot (1480 to 1485 – c. 1530 to 1532?) was a French composer of the Renaissance, who spent most of his life in Italy. He is commonly considered to be the father of the Italian madrigal, and certainly was one of its earliest and most prolific composers; in addition he was prominent in the musical life of Florence during the period after the recapture of the city by the Medici from the followers of Girolamo Savonarola. (en)
  • Philippe Verdelot, auch: „Verdelotto“, die Zusätze „Deslouges“ oder „Des Loges“ sind auf den Wohnort zurückzuführen, (* zwischen 1480 und 1485 wahrscheinlich in Les Loges in der Gemeinde Verdelot; † wahrscheinlich zwischen 1527 und 1532 in Florenz) war ein französischer Komponist. (de)
  • Philippe Verdelot ( c. 1475 - † 1552 ) fue un compositor francés del Renacimiento. (es)
  • Philippe Verdelot, parfois appelé Verdelotto en Italie, est un compositeur français de la Renaissance, né entre 1480 et 1485 aux Loges, près de Rebais, et décédé entre 1530 et 1552. (fr)
  • Egli è considerato il padre del madrigale italiano. Fu inoltre uno dei maggiori musicisti di Firenze all'epoca dei Medici. (it)
  • セーヌ=エ=マルヌ県のレ・ロージュ出身。幼少期についてははっきりしない。おそらく早くからイタリアに渡り、1510年代か1520年代にはヴェネツィアあたりの北イタリアにいた。1511年にヴァザーリがイタリア人声楽家を描いた油彩画は、さしたる確証があるわけではないものの、音楽学者によってそのうち一人がヴェルドロであると信じられている。 1523年から1525年までフィレンツェの洗礼者聖ヨハネ寺院の教会楽長に就任。1523年から1527年までフィレンツェ大聖堂の教会楽長も兼任していたらしい。1526年にはマキャヴェリと共同で、諷刺喜劇『マンドラゴーラ』の上演に携わる。この戯曲は1518年にマキャヴェリが書き上げていたが、1526年の上演はメディチ家出身の教皇クレメンス7世に献呈されている。マキャヴェリはメディチ家によってフィレンツェ追放中の身で、ヴェルドロは反メディチ家のフィレンツェ共和国におおむね肩入れしていたが、二人はともに、両陣営を満足させるようにデリケートな政治問題の危うい綱渡りをしなければならなかった。この戯曲のためにヴェルドロが書いた数曲は、「カンツォーネ」と呼ばれているものの、こんにち最初期のマドリガーレと見なされている。 ヴェルドロが1530年以降も健在だったという決定的な証拠がないため、ことによると1529年から1530年のフィレンツェ攻略で殺害されたのかもしれない。しかしながら、1530年代に出版されたヴェルドロのマドリガーレ集のテクストにおいて、同時代の出来事についてそれとなく触れたくだりがあることから、1540年までは存命であったと推論する研究者もいる。1530年代後半にヴェネツィアで出版された数冊のマドリガーレ集にヴェルドロの作品が見出され、そのうちの一冊は完全にヴェルドロのものである。ことによると、フィレンツェ攻囲ののち復讐心に駆られた勝利者メディチ家の追及を逃れるために、ヴェネツィア共和国に避難したのかもしれない。遅くとも1552年には故人であった。同年、作家のオルテンツォ・ランディがヴェルドロを死者として言及しているからである。 (ja)
  • Philippe Verdelot (c. 1480 — c. 1530) foi um compositor francês da Renascença, passou a sua vida em Itália. (pt)
  • Филипп Вердело́, устар. Вердело́т (фр. Philippe Verdelot, родился в Les Loges, Seine-et-Marne, между 1480 и 1485; умер во Флоренции между 1527 и 1532) — французский композитор эпохи Возрождения. Жил и работал в Италии. Один из родоначальников итальянского мадригала. (ru)
dbo:birthDate
  • 1470-1-1
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1552-1-1
dbo:deathPlace
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 630107 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 728143752 (xsd:integer)
dct:description
  • French composer (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Philippe Verdelot (1480 to 1485 – c. 1530 to 1532?) was a French composer of the Renaissance, who spent most of his life in Italy. He is commonly considered to be the father of the Italian madrigal, and certainly was one of its earliest and most prolific composers; in addition he was prominent in the musical life of Florence during the period after the recapture of the city by the Medici from the followers of Girolamo Savonarola. (en)
  • Philippe Verdelot, auch: „Verdelotto“, die Zusätze „Deslouges“ oder „Des Loges“ sind auf den Wohnort zurückzuführen, (* zwischen 1480 und 1485 wahrscheinlich in Les Loges in der Gemeinde Verdelot; † wahrscheinlich zwischen 1527 und 1532 in Florenz) war ein französischer Komponist. (de)
  • Philippe Verdelot ( c. 1475 - † 1552 ) fue un compositor francés del Renacimiento. (es)
  • Philippe Verdelot, parfois appelé Verdelotto en Italie, est un compositeur français de la Renaissance, né entre 1480 et 1485 aux Loges, près de Rebais, et décédé entre 1530 et 1552. (fr)
  • Egli è considerato il padre del madrigale italiano. Fu inoltre uno dei maggiori musicisti di Firenze all'epoca dei Medici. (it)
  • Philippe Verdelot (c. 1480 — c. 1530) foi um compositor francês da Renascença, passou a sua vida em Itália. (pt)
  • Филипп Вердело́, устар. Вердело́т (фр. Philippe Verdelot, родился в Les Loges, Seine-et-Marne, между 1480 и 1485; умер во Флоренции между 1527 и 1532) — французский композитор эпохи Возрождения. Жил и работал в Италии. Один из родоначальников итальянского мадригала. (ru)
  • セーヌ=エ=マルヌ県のレ・ロージュ出身。幼少期についてははっきりしない。おそらく早くからイタリアに渡り、1510年代か1520年代にはヴェネツィアあたりの北イタリアにいた。1511年にヴァザーリがイタリア人声楽家を描いた油彩画は、さしたる確証があるわけではないものの、音楽学者によってそのうち一人がヴェルドロであると信じられている。 1523年から1525年までフィレンツェの洗礼者聖ヨハネ寺院の教会楽長に就任。1523年から1527年までフィレンツェ大聖堂の教会楽長も兼任していたらしい。1526年にはマキャヴェリと共同で、諷刺喜劇『マンドラゴーラ』の上演に携わる。この戯曲は1518年にマキャヴェリが書き上げていたが、1526年の上演はメディチ家出身の教皇クレメンス7世に献呈されている。マキャヴェリはメディチ家によってフィレンツェ追放中の身で、ヴェルドロは反メディチ家のフィレンツェ共和国におおむね肩入れしていたが、二人はともに、両陣営を満足させるようにデリケートな政治問題の危うい綱渡りをしなければならなかった。この戯曲のためにヴェルドロが書いた数曲は、「カンツォーネ」と呼ばれているものの、こんにち最初期のマドリガーレと見なされている。 (ja)
rdfs:label
  • Philippe Verdelot (en)
  • Philippe Verdelot (de)
  • Philippe Verdelot (es)
  • Philippe Verdelot (it)
  • Philippe Verdelot (fr)
  • フィリップ・ヴェルドロ (ja)
  • Philippe Verdelot (pt)
  • Вердело, Филипп (ru)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Philippe (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Philippe Verdelot (en)
foaf:surname
  • Verdelot (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is foaf:primaryTopic of