Parental child abduction is child abduction by a parent. It often occurs when the parents separate or begin divorce proceedings. One parent may remove or retain the child from the other seeking to gain an advantage in expected or pending child-custody proceedings or because that parent fears losing the child in those expected or pending child-custody proceedings; a parent may refuse to return a child at the end of an access visit or may flee with the child to prevent an access visit or fear of domestic violence and abuse.

Property Value
dbo:abstract
  • 片親による子供の拉致(かたおやによるこどものらち)とは、片方の親が子供を連れ去ること。「連れ去り」という表現に激しく反応する弁護士がいるが、taking awayに対応する一般的な日本語である。別居、里帰り、家出と区別する必要は必ずしも無く、日本では子の面会忌避や面会拒否、引き離し等様々な言葉で表されるが全て片親による拉致である。債務不履行と判例で認められる場合もあるが、延々に片親の都合により子供の面会を拒否でき、別居親があきらめる場合が多い。離婚の前後を問わずいつでも起き、親が子供を自己の所有物とする瞬間である。又、法的、文化的には子供を盾にすると表現される場合あるが、ジュネーブ条約で禁止されたHuman Shield(人間の盾)では諸外国より誤解を受ける可能性があり、拉致(Abduction)が理解されやすい。日本はハーグ条約加入前においては、別居時に子どもを日本に連れて行くことは「拉致」とはされていなかった。家庭裁判所は虐待の事実など養育上の不適格要素がない限り、親権者による拉致よりも現状維持の原則を優先する。家事事件は事前に調停を行うことが家事審判法18条によって定められているので、裁判を起こしたとしても拉致行為が遡って追及されることはない。従って、ハーグ条約の及ばない国内においては親権者による拉致行為はした者勝ちとなるのが実情である。 (ja)
  • Parental child abduction is child abduction by a parent. It often occurs when the parents separate or begin divorce proceedings. One parent may remove or retain the child from the other seeking to gain an advantage in expected or pending child-custody proceedings or because that parent fears losing the child in those expected or pending child-custody proceedings; a parent may refuse to return a child at the end of an access visit or may flee with the child to prevent an access visit or fear of domestic violence and abuse. Child abduction may also occur when a child has been, is about to be or parent(s) fekar that s/he will be, taken into care of the competent authorities, usually due to child endangerment proceedings. (en)
dbo:wikiPageID
  • 31762559 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 737779769 (xsd:integer)
dbp:date
  • September 2014
dbp:reason
  • several typo and grammatical issues
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 片親による子供の拉致(かたおやによるこどものらち)とは、片方の親が子供を連れ去ること。「連れ去り」という表現に激しく反応する弁護士がいるが、taking awayに対応する一般的な日本語である。別居、里帰り、家出と区別する必要は必ずしも無く、日本では子の面会忌避や面会拒否、引き離し等様々な言葉で表されるが全て片親による拉致である。債務不履行と判例で認められる場合もあるが、延々に片親の都合により子供の面会を拒否でき、別居親があきらめる場合が多い。離婚の前後を問わずいつでも起き、親が子供を自己の所有物とする瞬間である。又、法的、文化的には子供を盾にすると表現される場合あるが、ジュネーブ条約で禁止されたHuman Shield(人間の盾)では諸外国より誤解を受ける可能性があり、拉致(Abduction)が理解されやすい。日本はハーグ条約加入前においては、別居時に子どもを日本に連れて行くことは「拉致」とはされていなかった。家庭裁判所は虐待の事実など養育上の不適格要素がない限り、親権者による拉致よりも現状維持の原則を優先する。家事事件は事前に調停を行うことが家事審判法18条によって定められているので、裁判を起こしたとしても拉致行為が遡って追及されることはない。従って、ハーグ条約の及ばない国内においては親権者による拉致行為はした者勝ちとなるのが実情である。 (ja)
  • Parental child abduction is child abduction by a parent. It often occurs when the parents separate or begin divorce proceedings. One parent may remove or retain the child from the other seeking to gain an advantage in expected or pending child-custody proceedings or because that parent fears losing the child in those expected or pending child-custody proceedings; a parent may refuse to return a child at the end of an access visit or may flee with the child to prevent an access visit or fear of domestic violence and abuse. (en)
rdfs:label
  • 親による子供の拉致 (ja)
  • Parental child abduction (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:conviction of
is foaf:primaryTopic of