Casey released his first album Amen (So Be It) in 1999[1] . This album was produced by Pat Donne and was certified triple platinum in Ireland and did fairly well Worldwide.Casey played a range of different instruments in the short time spent recording it, and the track Winter's Fire featured Mundy as a guest guitarist. Sweet Suburban Sky surfaced the following year on the soundtrack to the award winning US TV teen drama Dawson's Creek. Paddy received nominations for Best Irish Songwriter and Best Male Singer at the Hot Press Awards. Hot Press readers themselves voted the album Best Debut Album, as well as voting Paddy the year’s Most Promising Act and nominating him in seven other end of the year categories. Touring saw Casey providing support to artists like R.E.M., Ian Brown, Ani DiFranc

Property Value
dbo:abstract
  • Casey released his first album Amen (So Be It) in 1999[1] . This album was produced by Pat Donne and was certified triple platinum in Ireland and did fairly well Worldwide.Casey played a range of different instruments in the short time spent recording it, and the track Winter's Fire featured Mundy as a guest guitarist. Sweet Suburban Sky surfaced the following year on the soundtrack to the award winning US TV teen drama Dawson's Creek. Paddy received nominations for Best Irish Songwriter and Best Male Singer at the Hot Press Awards. Hot Press readers themselves voted the album Best Debut Album, as well as voting Paddy the year’s Most Promising Act and nominating him in seven other end of the year categories. Touring saw Casey providing support to artists like R.E.M., Ian Brown, Ani DiFranco and The Pretenders. Casey returned in 2003 with the multi-platinum album, Living. Living was produced by Fred De Faye, Paddy Casey and Pat Donne. It spawned the Irish chart hits Saints and Sinners, The Lucky One (in 2003) Bend Down Low and Want It Can't Have It (in 2004). Living spent the majority of the year in the top ten, climbing to the top of the charts 21 weeks after its initial release. In 2004 he won his first of two consecutive Meteor Irish Music Awards for Best Irish Male. He also garnered good reviews for a performance at that year's Oxegen Festival. 2004 saw Living confirmed as the highest selling Irish album of the year. He had a week-long residency at the Olympia Theatre. The year ended with a sold out performance at Dublin's RDS. In 2005, Casey Toured The Living album extensively in Ireland and abroad, highlights including a headline concert at the Heineken Green Energy Festival and also supported U2 on their Vertigo tour, performing in Ireland, Scotland and Norway. In 2006 Paddy went to LA to record with George Drakoulias, who had worked at the Def Jam label with Rick Rubin.Recording Dave Blanco's Studio in North Hollywood.Working there with some great musicians i.e. James Gadson (Charles Wright & The Watts 103rd Street Rhythm Band & Bill Withers) Steve Ferrone (Average White Band, Tom Petty) and a few more. He returned to Ireland to finish the album in his kitchen. He worked on the rest of the album with the producer from “AMEN” Pat Donne. Titled Addicted To Company (Part One), it was released in Ireland on September 7, 2007, and in the US on April 1, 2008. In March 2008, MTV US promoted him as MTV Buzzworthy Artist on their TV channel and website and on its student-led brand, MTVU. He toured the album extensively and also toured with KT Tunstall and Augustana amongst others. On the 3rd of April 2008 Paddy performed on the hit American CBS chat show the "Late Show with David Letterman".[2] After returning from the US Paddy chose to part ways with Sony, and Paul McGuinness and For the next few years. He began writing and recording at home. Deciding that the next album would consist of songs/tracks that were recorded on the day they were written. Once he had a collection he was happy with he called on his old friend Pat Donne began mixing the recordings, in November 2012 he released his first independent, long-awaited album 'The Secret Life Of'. The first single, "Wait", featuring the Shannon Gospel Choir, was released in May 2012. Paddy has been touring this album constantly in Ireland and abroad for the last few years with frequent visits to Australia,Europe and the middle East. Currently he is mixing/recording his new as of yet untitled album which he hopes to release at the end of the summer 2015. Casey's backing band consists of Tim McGrath (drums), Cion O’Callaghan (percussion), Fiona Melady (keyboards and backing vocals), John Colbert (bass and backing vocals), Andy Coogan (guitar and backing vocals) and Jonathon O’Halloran (flute and trumpet). Influences cited by Paddy Casey include Duke Ellington, John Martyn, The Waterboys, Prince and Sly & The Family Stone. (en)
  • パディ・ケイシー "Paddy Casey" アイルランド ダブリン出身 アイリッシュ(アイルランド人) ミュージックアーティスト シンガーソングライター。最初のギターを手にしたのは彼が12歳の頃だった。その後すぐに家を離れ、路上ライブ(バスキング)などで演奏を12年間続ける。24歳の頃ダブリンにあるインターナショナル バーで、シンガーやシンガーソングライター達の当時ホスト役を務めていたデイブ マーフィー(Dave Murphy)によってナイトパフォーマンスを行なっていた彼に、ソニーレコードミュージック会社でA&Rをしていたヒュー ムレイ(Hugh Murray)によってスカウトされる。パディを発見したソニーは、サン スタジオ ダブリンというスタジオを彼に与え、そこでパディは2日間で9曲をレコーディング。このトラックを非常に好んだソニーはそのままの状態で発売することに決定した。これを機にソニーからレコーディング契約のオファーを受け、後に"U2"のマネージメント会社の元で契約を結ぶことになる。 1999年にデビューアルバム、アーメン(ソー・ビー・イット) "Amen (So Be It) " を発表。プロデューサーのパット ドン (Pat Donne)に手掛けられたこのデビューアルバムはトリプル プラチナムとしてアイルランド国内、世界的にも広く認められた。短期間のレコーディングにも関わらずケイシーは様々な楽器を全て自ら演奏している。トラック曲のウインター・ファイアー "Winter's Fire" ではマンディ(Mundy)がゲストギターリストとして共演した。スイート・スバーバン・スカイ "Sweet Suburban Sky" では、アメリカのティーンの間で人気のテレビドラマDawson's Creekのサウンドトラックとして選ばれ、翌年初の賞を獲得した。アイルランドの音楽雑誌ホットプレス(Hot Press)からはベスト アイリッシュ シンガーソングライター、ベスト アイリッシュシンガー男性部門としてホットプレス賞を受賞。またホットプレス購読者からの投票の中のアルバム部門では、ベスト デビューアルバム、最も将来有望なシンガー、その他7つのカテゴリーに渡り次々とノミネートされた。当時ツアー中だったアール イー エム(R.E.M.)、イアン ブラウン(Ian Brown)、アニ ディフランコ アンド ザ プリテンダース(Ani DiFranco and The Pretenders)のサポーターとしても活躍した。 ケイシーは、2003年にセカンドアルバムのリビング "Living" (多種のプラチナアルバム)と共に戻ってきた。プロデューサーはフレッド デ フェイエ(Fred De Faye)、パディ ケイシー(Paddy Casey)、パット ドン(Pat Donne)。アルバムの中の曲で、セイント・アンド・シナース "Saints and Sinners"、ラッキー・ワン "Lucky One" 、ベンド・ダウン・ロウ "Bend Down Low" が2003年に、翌年の2004年には、ウォント・イット・カーント・ハブ・イット "Want It Can't Have It" は大ヒットを引き起こしアイルランド国内でチャート入りをした。アルバム "リビング" 発売後も年間を通し21週間連続して上昇し続け見事にトップテン入りを果たした。これを讃えられて2004年にはメテオ アイリッシュ アワード男性部門で連続して「ベスト アイリッシュ」賞が贈られた。またその夏に開催されたオクセジャン フェスティバルOxegen Festival(ミュージックフェス)で彼のパフォーマンスは人々からグッドレビューとして注目を集め、アルバムの "リビング" は更に上昇した。コンサート会場 オリンピアシアターOlympia Theatre (現在Three)で一週間連続してライブを行なった。年の暮れにはダブリンRDSのコンサートチケットも完売させ、アルバムの売り上げは国内で最高値に達した。 2005年は広範囲に渡り国内と海外でアルバム "リビング" ツアーを続行、その年に開催されたハイネケン グリーン エナジー フェスティバルHeineken Green Energy Festivalではヘッドラインを飾り、U2のVertigoツアーではサポーターとしてアイルランド、スコットランド、ノルウェーの各地で前座パフォーマンスを行った。 2006年パディはレコード制作にあたり、以前デフ ジャム レーベル(Def Jam label)でリック ルビン(Rick Rubin)と共に働いていたジョージ ドラコウリアス(George Drakoulias)と一緒にLAへ渡る。 レコーディングは北ハリウッドにあるデイブズ ブランコ スタジオ(Dave Blanco's Studio)で行われた。そこでは素晴らしいミュージシャンらと一緒に仕事を共にした。(例: ジェームス ガドソンJames Gadson (チャールズ ライト&ザ ワッツ 103rd ストリート リズム バンド&ビル ウィザーズ Charles Wright & The Watts 103rd Street Rhythm Band & Bill Withers)スティーブ フェロンSteve Ferrone(アベレージ ホワイト バンドAverage White Band,トム ペティTom Petty)これ以外にも多数。この後、彼のキッチンでアルバムを終わらせる為にアイルランドに戻ってきた彼は、アーメン "AMEN" のプロデューサーを担当したパット ダンと一緒に残りのアルバム制作を仕上げる。2007年9月7日にアイルランドでタイトル名 アディクティット・トゥ・カンパニー(パートワン) "Addicted To Company (Part One)"、2008年4月1日にはアメリカで発売された。 2008年4月3日、パディはアメリカCBSトークショウ番組"Late Show with David Letterman"の中でもパフォーマンスを行った。 アメリカから帰国したパディは、ポール マックギネス(Paul McGuinness)とソニーから離別することを選び、それ以降は作詞とレコーディングを自宅で開始している。 アルバム制作のレコーディングは、作詞したその日に歌やトラックを収録する、という構成を決めている。彼がハッピーだった、かつてコレクションをした古き友のパット ドン(Pat Donne)を呼んでレコーディングのミックスを一緒に始め、2012年11月、独立以来長く待った はじめてのアルバム、ザ・シークレット・ライフ・オブ 'The Secret Life Of' と、2012年5月、シングルのウェイト "Wait" (ゲスト出演 ザ シャンノン ゴスペラーズ コアーThe Shannon Gospel Choir)を発表した。 現在彼はミックスとレコーディングをしながら新作アルバム(未タイトル)を制作中、2015年夏の終わりに発表することを期待している。 ケイシーズ バッキング バンドは、ドラムのティム マックグレース(Tim McGrath) 、パーカッションのシオン オガラハン(Cion O’Callaghan)、キーボードとバックコーラスのフィオーナ メラディ(Fiona Melady)、ベースとバックボーカルのジョン コルバート(John Colbert)、ギターとバックボーカルのアンディ コーガン(Andy Coogan)and フルートとトランペットのジョナサン オハロラン(Jonathon O’Halloran)で構成されている。パディ ケイシー(Paddy Casey)を含めデューク イリングトン(Duke Ellington)、ジョン マータン(John Martyn)、ザ ウォーター ボーイズ (The Waterboys)、プリンス(Prince)、スライ アンド ザ ファミリー ストーン (Sly & the Family Stone)らの影響を受けている。 (ja)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1998-01-01 (xsd:date)
dbo:background
  • solo_singer
dbo:genre
dbo:hometown
dbo:recordLabel
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3218131 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 717253426 (xsd:integer)
dbp:instrument
  • Guitar, vocals ,keyboards, drums, percussion, producer
dbp:occupation
  • Singer-songwriter/Recording Artist
dbp:wordnet_type
dct:description
  • Irish singer (en)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Casey released his first album Amen (So Be It) in 1999[1] . This album was produced by Pat Donne and was certified triple platinum in Ireland and did fairly well Worldwide.Casey played a range of different instruments in the short time spent recording it, and the track Winter's Fire featured Mundy as a guest guitarist. Sweet Suburban Sky surfaced the following year on the soundtrack to the award winning US TV teen drama Dawson's Creek. Paddy received nominations for Best Irish Songwriter and Best Male Singer at the Hot Press Awards. Hot Press readers themselves voted the album Best Debut Album, as well as voting Paddy the year’s Most Promising Act and nominating him in seven other end of the year categories. Touring saw Casey providing support to artists like R.E.M., Ian Brown, Ani DiFranc (en)
  • パディ・ケイシー "Paddy Casey" アイルランド ダブリン出身 アイリッシュ(アイルランド人) ミュージックアーティスト シンガーソングライター。最初のギターを手にしたのは彼が12歳の頃だった。その後すぐに家を離れ、路上ライブ(バスキング)などで演奏を12年間続ける。24歳の頃ダブリンにあるインターナショナル バーで、シンガーやシンガーソングライター達の当時ホスト役を務めていたデイブ マーフィー(Dave Murphy)によってナイトパフォーマンスを行なっていた彼に、ソニーレコードミュージック会社でA&Rをしていたヒュー ムレイ(Hugh Murray)によってスカウトされる。パディを発見したソニーは、サン スタジオ ダブリンというスタジオを彼に与え、そこでパディは2日間で9曲をレコーディング。このトラックを非常に好んだソニーはそのままの状態で発売することに決定した。これを機にソニーからレコーディング契約のオファーを受け、後に"U2"のマネージメント会社の元で契約を結ぶことになる。 2006年パディはレコード制作にあたり、以前デフ ジャム レーベル(Def Jam label)でリック ルビン(Rick Rubin)と共に働いていたジョージ ドラコウリアス(George Drakoulias)と一緒にLAへ渡る。 (ja)
rdfs:label
  • Paddy Casey (en)
  • パディ・ケイシー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Paddy (en)
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Paddy Casey (en)
foaf:surname
  • Casey (en)
is dbo:artist of
is dbp:extra of
is dbp:performances of
is foaf:primaryTopic of