Sir John Nicholas Henderson, GCMG, KCVO (1 April 1919 – 16 March 2009) was a British diplomat and writer, who served as British Ambassador to the United States from 1979 to 1982.

Property Value
dbo:abstract
  • Sir John Nicholas Henderson GCMG, KCVO (* 1. April 1919; † 16. März 2009) war ein britischer Diplomat und Autor. Henderson, Sohn des Politischen Ökonomen Hubert Douglas Henderson, wurde auf der Stowe School erzogen und besuchte dann das Hertford College an der Universität Oxford. 1946 trat Henderson in den Diplomatischen Dienst ein; dort war er im Aus- und Inland tätig. 1963 wurde er Privatsekretär des britischen Außenministers George Brown. Ab 1965 war er als Botschafter in Spanien, Polen (1969–1972), Deutschland (1972–1975) und Frankreich (1975–1979) tätig. 1979 bat er um seine Entlassung, war aber für Margaret Thatcher noch bis 1982 als Botschafter in den Vereinigten Staaten tätig. Weiterhin schrieb er Bücher über Geschichte, etwa über Eugen von Savoyen, sowie seine Lebenserinnerungen. (de)
  • Sir John Nicholas Henderson, GCMG, KCVO (1 April 1919 – 16 March 2009) was a British diplomat and writer, who served as British Ambassador to the United States from 1979 to 1982. (en)
  • ジョン・ニコラス・ヘンダースン(John Nicholas Henderson、GCMG、KCVO、1919年4月1日 - 2009年3月16日)、英国の著名な外交官、作家である。1979年から1982年まで駐米大使を務めた。 ストウ・スクールとオックスフォード大学ハートフォード・カレッジで学んだ彼は、1946年に外務省に入省し、1963年に外務大臣の私設秘書に昇進した。その後、スペイン、ポーランド、ドイツ、及びフランス駐在の大使を務めた。1979年に引退したが、同年5月にマーガレット・サッチャーが首相に当選すると、ワシントン駐在の駐米大使として職務に復帰するよう彼女に請われ、1982年まで務めた。なお、サッチャーは当初エドワード・ヒース卿に就任を依頼したことが現在明らかになっているが、彼はこれを拒否した。 彼はワシントンで非常に人気があった。彼と妻メアリーは苦難の2期目にあったロナルド・レーガン大統領との間に親しい交友関係を築き、その特別な友好はレーガンとサッチャーとの友好へと発展した。 引退に際し、ヘンダースンは歴史に関するいくつかの本と外交官としての彼の経歴に関する手記(『マンダリン (Mandarin) 』)を書いた。彼は、チャンネル・トンネル・グループ、サザビーズ、ハンブローズ銀行など英国の主要企業数社の役員職にあった。また、皇太子との間に緊密な関係があり、外務省引退後はウォーデン・オヴ・スタナリーズ卿となり、皇太子評議会(コーンウォール公爵領を管轄する組織)の議長を務めた。彼は、王室に対するこの貢献により、KCVOに叙された。1986年には、オックスフォード大学でロマーニズ・レクリャーを行った。 父のヒューバート・ダグラス・ヘンダースンは、著名な政治経済学者にしてオックスフォード大学の政治経済学ドラムンド教授職の保持者であった。母は、フェイス・マリオン・ジェイン・バジェナルであった。 1951年、ヘンダーソンはメアリー・バーバー(旧姓カワディアス。ギリシア出身。タイム=ライフの元従軍記者)と結婚した。彼女は2004年に死去した。彼らの唯一の子であるアレグザンドラ・ニコレットは、第12代ドラハダ伯爵デリー・ムーアと結婚した。彼女はアレグザンドラ・ヘンダースンの名で、時事問題を専門に扱う、テレビ及びラジオのプロデューサーとなった。 彼は、私生活では「ニッコ (Nicko)」と呼ばれていた。 (ja)
  • Николас Хендерсон (англ. John Nicholas Henderson; 01.04.1919 — 16.03.2009) — дипломат Великобритании. Учился в школе Stowe и Hertford колледже Оксфорда. С 1946 года на дипломатической службе. В 1963—1965 годах старший личный секретарь министра иностранных дел Великобритании. В 1969—1972 годах посол Великобритании в Польше.В 1972—1975 годах посол Великобритании в ФРГ.В 1975—1979 годах посол Великобритании во Франции.В 1979—1982 годах посол Великобритании в США. Рыцарь Великого Креста ордена Святого Михаила и Святого Георгия (1977, рыцарь-командор 1972, кавалер 1965).Рыцарь-командор Королевского Викторианского ордена (1991). (ru)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1919-04-01 (xsd:date)
  • 1919-4-1
dbo:deathDate
  • 2009-03-16 (xsd:date)
  • 2009-3-16
dbo:nationality
dbo:office
  • British Ambassador to France
  • British Ambassador to Poland
  • British Ambassador to West Germany
dbo:orderInOffice
  • British Ambassador to the United States
dbo:president
dbo:primeMinister
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2906813 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 744926820 (xsd:integer)
dbp:chancellor
dbp:education
dbp:headOfState
dbp:predecessor
dbp:termEnd
  • 1972 (xsd:integer)
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
dbp:termStart
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1972 (xsd:integer)
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
dbp:title
dbp:years
  • 1963 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1972 (xsd:integer)
  • 1975 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
dct:description
  • British diplomat (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Sir John Nicholas Henderson, GCMG, KCVO (1 April 1919 – 16 March 2009) was a British diplomat and writer, who served as British Ambassador to the United States from 1979 to 1982. (en)
  • Sir John Nicholas Henderson GCMG, KCVO (* 1. April 1919; † 16. März 2009) war ein britischer Diplomat und Autor. Henderson, Sohn des Politischen Ökonomen Hubert Douglas Henderson, wurde auf der Stowe School erzogen und besuchte dann das Hertford College an der Universität Oxford. Weiterhin schrieb er Bücher über Geschichte, etwa über Eugen von Savoyen, sowie seine Lebenserinnerungen. (de)
  • ジョン・ニコラス・ヘンダースン(John Nicholas Henderson、GCMG、KCVO、1919年4月1日 - 2009年3月16日)、英国の著名な外交官、作家である。1979年から1982年まで駐米大使を務めた。 ストウ・スクールとオックスフォード大学ハートフォード・カレッジで学んだ彼は、1946年に外務省に入省し、1963年に外務大臣の私設秘書に昇進した。その後、スペイン、ポーランド、ドイツ、及びフランス駐在の大使を務めた。1979年に引退したが、同年5月にマーガレット・サッチャーが首相に当選すると、ワシントン駐在の駐米大使として職務に復帰するよう彼女に請われ、1982年まで務めた。なお、サッチャーは当初エドワード・ヒース卿に就任を依頼したことが現在明らかになっているが、彼はこれを拒否した。 彼はワシントンで非常に人気があった。彼と妻メアリーは苦難の2期目にあったロナルド・レーガン大統領との間に親しい交友関係を築き、その特別な友好はレーガンとサッチャーとの友好へと発展した。 父のヒューバート・ダグラス・ヘンダースンは、著名な政治経済学者にしてオックスフォード大学の政治経済学ドラムンド教授職の保持者であった。母は、フェイス・マリオン・ジェイン・バジェナルであった。 彼は、私生活では「ニッコ (Nicko)」と呼ばれていた。 (ja)
  • Николас Хендерсон (англ. John Nicholas Henderson; 01.04.1919 — 16.03.2009) — дипломат Великобритании. Учился в школе Stowe и Hertford колледже Оксфорда. С 1946 года на дипломатической службе. В 1963—1965 годах старший личный секретарь министра иностранных дел Великобритании. В 1969—1972 годах посол Великобритании в Польше.В 1972—1975 годах посол Великобритании в ФРГ.В 1975—1979 годах посол Великобритании во Франции.В 1979—1982 годах посол Великобритании в США. (ru)
rdfs:label
  • Nicholas Henderson (de)
  • Nicholas Henderson (en)
  • Nicholas Henderson (it)
  • ニコラス・ヘンダースン (ja)
  • Хендерсон, Николас (ru)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Nicholas (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Nicholas Henderson (en)
  • Sir Nicholas Henderson (en)
foaf:surname
  • Henderson (en)
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:after of
is foaf:primaryTopic of