Music Macro Language (MML) is a music description language used in sequencing music on computer and video game systems. MML is sometimes known as Music Markup Language, by conflation with the XML musical notation markup language of that name. For instance, what the video game Mabinogi refers to as "Music Markup Language" is actually a typical implementation of Music Macro Language.

Property Value
dbo:abstract
  • Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)とは音楽演奏を表現するデータ記述言語ないしドメイン固有言語である。MMLと略されることが多いが、XMLの一種であるMusic Markup Languageも音楽を表現するものでそちらもMMLと略されるため、混同されることがある。 楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現するとデータ量が膨大になるため、また人間可読な文字列として簡単にシーケンスデータを入力するため、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われた。独立した演奏プログラムとしての実装と、BASICに埋込みの、PLAY文で演奏するものと、どちらが先かは定かではない。 現代でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われている。SMFや各種演奏ソフト用のデータ形式に変換するものをMMLコンパイラと呼んでいる。 (ja)
  • Music Macro Language是電腦上所使用表示樂譜的語言之一,它以循序的方式來表示樂譜。它有可能會和以XML技術發展的Music Markup Language搞混,因兩者縮寫皆為MML,且HTML與XML都有ML做結尾。在線上遊戲瑪奇中也支援了簡易的MML格式樂譜。 (zh)
  • Music Macro Language (MML) is a music description language used in sequencing music on computer and video game systems. MML is sometimes known as Music Markup Language, by conflation with the XML musical notation markup language of that name. For instance, what the video game Mabinogi refers to as "Music Markup Language" is actually a typical implementation of Music Macro Language. (en)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15736910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 718058868 (xsd:integer)
dbp:date
  • March 2016
dbp:reason
  • What makes this different from Modern MML? In Modern MML, lengths can be given by using the L command, which sets a default length, or by placing it behind the note. This sentence, and the use of the word “rather”, can be interpreted to suggest that placing the length behind the note is *not* supported in SMX. However, in my personal experience, and from the Wikibooks reference, QBasic uses Modern MML in the standard IBM/GW-BASIC form. So, what comprises SMX then? If it’s just an alias for Modern MML, please state so.
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Music Macro Language(ミュージック・マクロ・ランゲージ)とは音楽演奏を表現するデータ記述言語ないしドメイン固有言語である。MMLと略されることが多いが、XMLの一種であるMusic Markup Languageも音楽を表現するものでそちらもMMLと略されるため、混同されることがある。 楽曲として聞くに堪える音声信号を直接表現するとデータ量が膨大になるため、また人間可読な文字列として簡単にシーケンスデータを入力するため、初期のパソコンでの音楽演奏によく使われた。独立した演奏プログラムとしての実装と、BASICに埋込みの、PLAY文で演奏するものと、どちらが先かは定かではない。 現代でも簡単にシーケンスデータを表現するものとしてよく使われている。SMFや各種演奏ソフト用のデータ形式に変換するものをMMLコンパイラと呼んでいる。 (ja)
  • Music Macro Language是電腦上所使用表示樂譜的語言之一,它以循序的方式來表示樂譜。它有可能會和以XML技術發展的Music Markup Language搞混,因兩者縮寫皆為MML,且HTML與XML都有ML做結尾。在線上遊戲瑪奇中也支援了簡易的MML格式樂譜。 (zh)
  • Music Macro Language (MML) is a music description language used in sequencing music on computer and video game systems. MML is sometimes known as Music Markup Language, by conflation with the XML musical notation markup language of that name. For instance, what the video game Mabinogi refers to as "Music Markup Language" is actually a typical implementation of Music Macro Language. (en)
rdfs:label
  • Music Macro Language (ja)
  • Music Macro Language (en)
  • Music Macro Language (zh)
owl:differentFrom
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is owl:differentFrom of
is foaf:primaryTopic of