Mogens Wöldike (5 July 1897, Copenhagen – 20 October 1988, Copenhagen) was a Danish conductor, choirmaster, organist, and scholar known for his interpretation of music from the Baroque and Classical periods. His son-in-law was the Haydn scholar Jens Peter Larsen. He studied under Carl Nielsen and Thomas Laub and graduated from Copenhagen University in 1920. He was organist at the Marine church in 1924 and the Christiansborg Palace Church from 1931; from 1959 to 1972 he was organist at Copenhagen Cathedral. He composed sets of organ chorales published in 1943, 1960 and 1972.

Property Value
dbo:abstract
  • Mogens Wöldike (* 5. Juli 1897 in Kopenhagen; † 20. Oktober 1988 ebenda) war ein dänischer Dirigent, Chorleiter und -gründer und Organist, der für seine Barock- und Klassikinterpretationen über Skandinavien hinaus bekannt war. (de)
  • Mogens Wöldike, né le 5 juillet 1897 à Copenhague et mort le 20 octobre 1988 dans la même ville, est un chef d'orchestre et organiste danois connu pour son interprétation de la musique baroque et classique. Il fut lauréat du Léonie Sonning Music Award en 1976. (fr)
  • Mogens Wöldike (5 July 1897, Copenhagen – 20 October 1988, Copenhagen) was a Danish conductor, choirmaster, organist, and scholar known for his interpretation of music from the Baroque and Classical periods. His son-in-law was the Haydn scholar Jens Peter Larsen. He studied under Carl Nielsen and Thomas Laub and graduated from Copenhagen University in 1920. He was organist at the Marine church in 1924 and the Christiansborg Palace Church from 1931; from 1959 to 1972 he was organist at Copenhagen Cathedral. After the war he conducted the Swedish Radio Symphony Orchestra and from 1950-67 worked regularly with the Danish Radio Symphony Orchestra. He composed sets of organ chorales published in 1943, 1960 and 1972. He was the founder of the Copenhagen Royal Chapel Choir. He is the 1976 laureate of the Léonie Sonning Music Prize, the most prestigious musical award in Denmark. (en)
  • モーゲンス・ヴェルディケ(Mogens Wöldike, 1897年7月5日 - 1988年10月20日)は、デンマーク出身の指揮者、オルガン奏者。 コペンハーゲンの生まれ。 1916年から1919年までデンマーク王立音楽院でカール・ニールセンに音楽理論、トマス・ラウプにオルガンや教会音楽を学び、1920年にコペンハーゲン大学で音楽学の修士号を取得した。卒業後はホルメン教会のカントルとなり、1925年にはラウプの後任としてその教会のオルガニストとなった。1931年からクリスチャンボー城教会、1959年から1972年までコペンハーゲン聖母教会のそれぞれオルガニストを歴任している。一方で、1922年にはパレストリーナ合唱団、1924年にはコペンハーゲン少年合唱団を相次いで設立して合唱指揮者として活動するようになり、1929年から聖アン・ギムナジウムで合唱の指導に当たるようになった。1932年には、自ら設立した合唱団のメンバーらとデンマーク国立放送合唱団を結成している。1937年から1955年まではデンマーク国立放送マドリガル合唱団を指揮した。1943年から1945年までスウェーデン放送局の指揮者を務めた頃からオーケストラの指揮もするようになり、戦後は世界各国のオーケストラへの客演指揮で好評を博した。 1954年にニールセン賞、1976年にはレオニー・ソンニング音楽賞を受賞している。 コペンハーゲンにて死去した。 (ja)
  • Mogens Anker Wöldike, född 5 juli 1897, död 20 oktober 1988, var en dansk dirigent och organist. Han var under ett halvt sekel en av de mest betydelsefulla personligheterna i danskt musikliv. (sv)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13141676 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2711 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 957683264 (xsd:integer)
dbp:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Mogens Wöldike (* 5. Juli 1897 in Kopenhagen; † 20. Oktober 1988 ebenda) war ein dänischer Dirigent, Chorleiter und -gründer und Organist, der für seine Barock- und Klassikinterpretationen über Skandinavien hinaus bekannt war. (de)
  • Mogens Wöldike, né le 5 juillet 1897 à Copenhague et mort le 20 octobre 1988 dans la même ville, est un chef d'orchestre et organiste danois connu pour son interprétation de la musique baroque et classique. Il fut lauréat du Léonie Sonning Music Award en 1976. (fr)
  • Mogens Anker Wöldike, född 5 juli 1897, död 20 oktober 1988, var en dansk dirigent och organist. Han var under ett halvt sekel en av de mest betydelsefulla personligheterna i danskt musikliv. (sv)
  • Mogens Wöldike (5 July 1897, Copenhagen – 20 October 1988, Copenhagen) was a Danish conductor, choirmaster, organist, and scholar known for his interpretation of music from the Baroque and Classical periods. His son-in-law was the Haydn scholar Jens Peter Larsen. He studied under Carl Nielsen and Thomas Laub and graduated from Copenhagen University in 1920. He was organist at the Marine church in 1924 and the Christiansborg Palace Church from 1931; from 1959 to 1972 he was organist at Copenhagen Cathedral. He composed sets of organ chorales published in 1943, 1960 and 1972. (en)
  • モーゲンス・ヴェルディケ(Mogens Wöldike, 1897年7月5日 - 1988年10月20日)は、デンマーク出身の指揮者、オルガン奏者。 コペンハーゲンの生まれ。 1916年から1919年までデンマーク王立音楽院でカール・ニールセンに音楽理論、トマス・ラウプにオルガンや教会音楽を学び、1920年にコペンハーゲン大学で音楽学の修士号を取得した。卒業後はホルメン教会のカントルとなり、1925年にはラウプの後任としてその教会のオルガニストとなった。1931年からクリスチャンボー城教会、1959年から1972年までコペンハーゲン聖母教会のそれぞれオルガニストを歴任している。一方で、1922年にはパレストリーナ合唱団、1924年にはコペンハーゲン少年合唱団を相次いで設立して合唱指揮者として活動するようになり、1929年から聖アン・ギムナジウムで合唱の指導に当たるようになった。1932年には、自ら設立した合唱団のメンバーらとデンマーク国立放送合唱団を結成している。1937年から1955年まではデンマーク国立放送マドリガル合唱団を指揮した。1943年から1945年までスウェーデン放送局の指揮者を務めた頃からオーケストラの指揮もするようになり、戦後は世界各国のオーケストラへの客演指揮で好評を博した。 1954年にニールセン賞、1976年にはレオニー・ソンニング音楽賞を受賞している。 (ja)
rdfs:label
  • Mogens Wöldike (de)
  • Mogens Wöldike (en)
  • Mogens Wöldike (fr)
  • モーゲンス・ヴェルディケ (ja)
  • Mogens Wöldike (sv)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of