Mitsutaka Fujita (藤田 光孝 Fujita Mitsutaka, August 16, 1959 – March 18, 1998) was a Japanese physicist. He proposed the edge state that is unique in the graphene zigzag edges. Also, he theoretically pointed out the importance andpeculiarity of nanoscale and edge shape effects in nanographene. Thegraphene nanoribbons was theoretically introduced by him and his research groupto study the nanoscale effect of graphene. He had been an associate professor in the Tsukuba University, and died by subarachnoid hemorrhage on March 18, 1998. His posthumous name is Rikakuin-Shinju-Houkou-Koji (理覚院深珠放光居士) in Japanese.

Property Value
dbo:abstract
  • 藤田 光孝(ふじた みつたか、Mitsutaka Fujita、1959年8月16日 - 1998年3月18日)は、日本の物理学者。元筑波大学物質工学系助教授。専門は、物性理論。フラーレン、カーボンナノチューブ、ナノグラファイトおよびナノグラフェンに関する理論的研究について数多くの先駆的な研究成果を残した。ナノ炭素系物質の理論研究者として、将来を嘱望されていたが、1998年3月18日に急性くも膜下出血によって、38歳の若さで急逝した。 最も有名な仕事は、グラフェンのジグザグ端にエッジ状態が現れる可能性を理論的に予言したこと。また、グラフェンリボン(または、グラフェンナノリボンあるいはナノグラファイトリボンとも呼ばれる)模型を導入したことである。この原論文は、1996年に日本物理学会欧文誌であるJournal of the Physical Society of Japanに出版された。この成果は、2003年のコンスタンチン・ノボセロフ、アンドレ・ガイム等によるグラフェンの発見以降、グラフェンのナノスケール効果および端効果を議論をする上で欠かすことのできない理論となっている。 (ja)
  • 藤田光孝(1959年8月16日-1998年3月18日,ふじたみつたか),日本物理学家。 (zh)
  • Mitsutaka Fujita (藤田 光孝 Fujita Mitsutaka, August 16, 1959 – March 18, 1998) was a Japanese physicist. He proposed the edge state that is unique in the graphene zigzag edges. Also, he theoretically pointed out the importance andpeculiarity of nanoscale and edge shape effects in nanographene. Thegraphene nanoribbons was theoretically introduced by him and his research groupto study the nanoscale effect of graphene. He had been an associate professor in the Tsukuba University, and died by subarachnoid hemorrhage on March 18, 1998. His posthumous name is Rikakuin-Shinju-Houkou-Koji (理覚院深珠放光居士) in Japanese. (en)
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1959-08-16 (xsd:date)
  • 1959-1-1
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1998-1-1
dbo:deathPlace
dbo:field
dbo:knownFor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 19322100 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 729158913 (xsd:integer)
dbp:deathDate
  • --03-18
dbp:imageSize
  • 80 (xsd:integer)
dbp:nationality
  • Japan
dct:description
  • Japanese physicist (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 藤田 光孝(ふじた みつたか、Mitsutaka Fujita、1959年8月16日 - 1998年3月18日)は、日本の物理学者。元筑波大学物質工学系助教授。専門は、物性理論。フラーレン、カーボンナノチューブ、ナノグラファイトおよびナノグラフェンに関する理論的研究について数多くの先駆的な研究成果を残した。ナノ炭素系物質の理論研究者として、将来を嘱望されていたが、1998年3月18日に急性くも膜下出血によって、38歳の若さで急逝した。 最も有名な仕事は、グラフェンのジグザグ端にエッジ状態が現れる可能性を理論的に予言したこと。また、グラフェンリボン(または、グラフェンナノリボンあるいはナノグラファイトリボンとも呼ばれる)模型を導入したことである。この原論文は、1996年に日本物理学会欧文誌であるJournal of the Physical Society of Japanに出版された。この成果は、2003年のコンスタンチン・ノボセロフ、アンドレ・ガイム等によるグラフェンの発見以降、グラフェンのナノスケール効果および端効果を議論をする上で欠かすことのできない理論となっている。 (ja)
  • 藤田光孝(1959年8月16日-1998年3月18日,ふじたみつたか),日本物理学家。 (zh)
  • Mitsutaka Fujita (藤田 光孝 Fujita Mitsutaka, August 16, 1959 – March 18, 1998) was a Japanese physicist. He proposed the edge state that is unique in the graphene zigzag edges. Also, he theoretically pointed out the importance andpeculiarity of nanoscale and edge shape effects in nanographene. Thegraphene nanoribbons was theoretically introduced by him and his research groupto study the nanoscale effect of graphene. He had been an associate professor in the Tsukuba University, and died by subarachnoid hemorrhage on March 18, 1998. His posthumous name is Rikakuin-Shinju-Houkou-Koji (理覚院深珠放光居士) in Japanese. (en)
rdfs:label
  • 藤田光孝 (ja)
  • Mitsutaka Fujita (en)
  • 藤田光孝 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Mitsutaka (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Mitsutaka Fujita (en)
foaf:surname
  • Fujita (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is foaf:primaryTopic of