Lyon Playfair, 1st Baron Playfair GCB PC FRS (1 May 1818 – 29 May 1898) was a Scottish scientist and Liberal politician.

Property Value
dbo:abstract
  • Lyon Playfair, 1st Baron Playfair GCB PC FRS (1 May 1818 – 29 May 1898) was a Scottish scientist and Liberal politician. (en)
  • Lyon Playfair, 1. Baron Playfair (* 1. Mai 1818 in Chunar oder Meerut; † 29. Mai 1898 in South Kensington) war ein britischer Chemiker und Politiker. (de)
  • 初代プレイフェア男爵ライアン・プレイフェア(英: Lyon Playfair, 1st Baron Playfair、1818年5月1日 – 1898年5月29日)はスコットランドの化学者、政治家である。バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)。 インド・ベンガル地方のチュナールで、病院の監督者の息子として生まれた。セント・アンドルーズ大学で学び、グラスゴーのアンダーソニアン研究所(ストラスクライド大学の前身)、エディンバラ大学で学んだ。インドへ赴いた後、1837年の終わりに、ロンドン大学のトーマス・グレアムの実験室の助手となり、1839年にギーセン大学のユストゥス・フォン・リービッヒのもとで働いた。 イギリスに戻った後、繊維工場の工場長を務めた後、1843年にマンチェスター王立研究所の化学の教授になり、ロバート・アンガス・スミスと働いた。2年後、イギリス地質調査所で働き、その後新たに創立された王立鉱山学校の教授となった。1848年に王立協会の会員に選ばれ、1851年のロンドン万国博覧会の委員会のメンバーを務めた。 1851年にGentleman Usherに任じられ、1853年に科学局の事務局長を務め、1855年にパリ万国博覧会の委員となり、2年後にイギリス化学会(Chemical Society)の会長となった。1858年にエディンバラ大学の教授となった。 1868年から1885までセント・アンドルーズ大学およびエディンバラ大学の大学選挙区選出の、1885年から授爵される1892年までリーズ南選挙区選出の自由党所属庶民院議員。1873年に枢密顧問官に列せられ、第1次グラッドストン内閣では閣外相として郵政大臣(Postmaster General of the United Kingdom; 郵政公社総裁)を務めた。1885年にイギリス科学振興協会の会長を任じられ、1889年に枢密院教育委員会の副委員長なども務めた。 1851年にバス勲章コンパニオンを、1883年にバス勲章ナイト・コマンダーを、1895年にバス勲章ナイト・グランド・クロスを受勲した。1892年に「カウンティ・オヴ・ファイフにおけるセント・アンドルーズのプレイフェア男爵」に叙された。 友人のチャールズ・ホイートストンが考案した、プレイフェア暗号に名前が残されている。 (ja)
  • Lyon Playfair, 1. baron Playfair (ur. 1 maja 1818 w Chunar, Bengal, zm. 29 maja 1898 w South Kensington), szkocki naukowiec i parlamentarzysta, popularyzator wynalezionego przez Charlesa Wheatstone’a szyfru Playfair. W latach 1873-1874 pełnił ministerialną funkcję poczmistrza generalnego. Podczas wojny krymskiej proponował użycie broni chemicznej w postaci pocisków artyleryjskich wypełnionych cyjankiem kakodylu. Jego propozycja była rozważana przez premiera Palmerstona, jednak została odrzucona przez brytyjski urząd zaopatrzenia. (pl)
  • 莱昂·普莱费尔,GCB,PC,FRS,(英语:Lyon Playfair,1818年5月1日孟加拉国 - 1898年5月29日英国南肯辛顿),英国科学家、政治家。 普莱费尔出生于孟加拉国,曾前后在圣安德鲁斯大学、安德森学院和爱丁堡大学学习。在1837年去过加尔各答之后,普莱费尔成为伦敦大学学院托马斯·格雷姆的私人实验室助理,之后又在1839年前往吉森大学尤斯图斯·冯·李比希手下工作。 返回英国后,普莱费尔成为克利瑟罗附近一家印花布工厂的经理。1843年,普莱费尔被任命为皇家曼彻斯特学院的化学教授,助手罗伯特·安格斯·史密斯。1848年,他入选英国皇家学会,两年后又成为万国工业博览会执行委员会成员。 1853年,普莱费尔被任命为英国科学大臣,在职期间他一直鼓吹在克里米亚战争中使用毒气杀害俄罗斯人。1855年,普莱费尔成为世界博览会委员。两年后,普莱费尔担任化学学会会长。1858年,他回到爱丁堡大学并担任化学教授。 1868年,普莱费尔当选英国自由党下议院议员并于1873年担任威廉·尤尔特·格拉德斯通内阁的邮政大臣。1880年,自由党重新执政,普莱费尔被任命为英国下议院代理议长。1885年他担任英国先进科学协会主席,次年又成为英国枢密院委员会负责教育的副主席。1889年,普莱费尔成为康沃尔公国委员会成员。 1892年,普莱费尔从下议院退出并在1892年封为“普莱费尔男爵”。 (zh)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1818-05-01 (xsd:date)
  • 1818-5-1
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1898-5-29
dbo:deathPlace
dbo:monarch
dbo:orderInOffice
  • Postmaster General
  • Chairman of Ways and Means
  • Vice-President of the Committee on Education
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:primeMinister
dbo:successor
dbo:termPeriod
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 173627 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 733550073 (xsd:integer)
dbp:after
dbp:before
dbp:deathDate
  • --05-29
dbp:honorificPrefix
dbp:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
dbp:nationality
  • British
dbp:spouse
  • Edith Russell
  • Jean Millington
  • Margaret Oakes
dbp:termEnd
  • 1883 (xsd:integer)
dbp:termStart
  • 1880 (xsd:integer)
dbp:title
dbp:years
  • 1868 (xsd:integer)
  • 1873 (xsd:integer)
  • 1880 (xsd:integer)
  • 1885 (xsd:integer)
  • 1886 (xsd:integer)
  • 1892 (xsd:integer)
dct:description
  • British politician (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Lyon Playfair, 1st Baron Playfair GCB PC FRS (1 May 1818 – 29 May 1898) was a Scottish scientist and Liberal politician. (en)
  • Lyon Playfair, 1. Baron Playfair (* 1. Mai 1818 in Chunar oder Meerut; † 29. Mai 1898 in South Kensington) war ein britischer Chemiker und Politiker. (de)
  • Lyon Playfair, 1. baron Playfair (ur. 1 maja 1818 w Chunar, Bengal, zm. 29 maja 1898 w South Kensington), szkocki naukowiec i parlamentarzysta, popularyzator wynalezionego przez Charlesa Wheatstone’a szyfru Playfair. W latach 1873-1874 pełnił ministerialną funkcję poczmistrza generalnego. Podczas wojny krymskiej proponował użycie broni chemicznej w postaci pocisków artyleryjskich wypełnionych cyjankiem kakodylu. Jego propozycja była rozważana przez premiera Palmerstona, jednak została odrzucona przez brytyjski urząd zaopatrzenia. (pl)
  • 莱昂·普莱费尔,GCB,PC,FRS,(英语:Lyon Playfair,1818年5月1日孟加拉国 - 1898年5月29日英国南肯辛顿),英国科学家、政治家。 普莱费尔出生于孟加拉国,曾前后在圣安德鲁斯大学、安德森学院和爱丁堡大学学习。在1837年去过加尔各答之后,普莱费尔成为伦敦大学学院托马斯·格雷姆的私人实验室助理,之后又在1839年前往吉森大学尤斯图斯·冯·李比希手下工作。 返回英国后,普莱费尔成为克利瑟罗附近一家印花布工厂的经理。1843年,普莱费尔被任命为皇家曼彻斯特学院的化学教授,助手罗伯特·安格斯·史密斯。1848年,他入选英国皇家学会,两年后又成为万国工业博览会执行委员会成员。 1853年,普莱费尔被任命为英国科学大臣,在职期间他一直鼓吹在克里米亚战争中使用毒气杀害俄罗斯人。1855年,普莱费尔成为世界博览会委员。两年后,普莱费尔担任化学学会会长。1858年,他回到爱丁堡大学并担任化学教授。 1868年,普莱费尔当选英国自由党下议院议员并于1873年担任威廉·尤尔特·格拉德斯通内阁的邮政大臣。1880年,自由党重新执政,普莱费尔被任命为英国下议院代理议长。1885年他担任英国先进科学协会主席,次年又成为英国枢密院委员会负责教育的副主席。1889年,普莱费尔成为康沃尔公国委员会成员。 1892年,普莱费尔从下议院退出并在1892年封为“普莱费尔男爵”。 (zh)
  • 初代プレイフェア男爵ライアン・プレイフェア(英: Lyon Playfair, 1st Baron Playfair、1818年5月1日 – 1898年5月29日)はスコットランドの化学者、政治家である。バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCB)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)。 インド・ベンガル地方のチュナールで、病院の監督者の息子として生まれた。セント・アンドルーズ大学で学び、グラスゴーのアンダーソニアン研究所(ストラスクライド大学の前身)、エディンバラ大学で学んだ。インドへ赴いた後、1837年の終わりに、ロンドン大学のトーマス・グレアムの実験室の助手となり、1839年にギーセン大学のユストゥス・フォン・リービッヒのもとで働いた。 イギリスに戻った後、繊維工場の工場長を務めた後、1843年にマンチェスター王立研究所の化学の教授になり、ロバート・アンガス・スミスと働いた。2年後、イギリス地質調査所で働き、その後新たに創立された王立鉱山学校の教授となった。1848年に王立協会の会員に選ばれ、1851年のロンドン万国博覧会の委員会のメンバーを務めた。 友人のチャールズ・ホイートストンが考案した、プレイフェア暗号に名前が残されている。 (ja)
rdfs:label
  • Lyon Playfair, 1st Baron Playfair (en)
  • Lyon Playfair (de)
  • ライアン・プレイフェア (ja)
  • Lyon Playfair (pl)
  • 莱昂·普莱费尔 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Lyon Playfair, 1st Baron Playfair (en)
  • The Lord Playfair (en)
is dbo:doctoralAdvisor of
is dbo:doctoralStudent of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:after of
is dbp:before of
is dbp:candidate of
is foaf:primaryTopic of