Leo Blech (21 April 1871 – 25 August 1958) was a German opera composer and conductor who is perhaps most famous for his work at the Königliches Opernhaus (later the Berlin State Opera / Staatsoper Unter den Linden) from 1906 to 1937, and later as the conductor of Berlin's Städtische Oper from 1949 to 1953. Blech was known for his reliable, clear, and elegant performances, especially of works by Wagner, Verdi, and Bizet's Carmen (which he conducted over 600 times), and for his sensitivity as an accompanist.

Property Value
dbo:abstract
  • Leo Blech (* 21. April 1871 in Aachen; † 25. August 1958 in Berlin) war ein deutscher Komponist und Dirigent. (de)
  • Leo Blech (Aquisgrán, 21 de abril de 1871 - Berlín, 25 de agosto de 1958) fue un compositor de ópera y director de orquesta alemán, conocido en especial por su trabajo en el Königliches Opernhaus (Ópera Estatal de Berlín) entre 1906 y 1937 de forma casi continuada y, más tarde, como director de la llamada entonces Ópera Cívica (1949-1953). Blech destacó por sus interpretaciones fieles, claras y elegantes, especialmente de obras de Wagner, Verdi y la Carmen de Bizet, centenares de veces interpretada. (es)
  • Leo Blech (21 April 1871 – 25 August 1958) was a German opera composer and conductor who is perhaps most famous for his work at the Königliches Opernhaus (later the Berlin State Opera / Staatsoper Unter den Linden) from 1906 to 1937, and later as the conductor of Berlin's Städtische Oper from 1949 to 1953. Blech was known for his reliable, clear, and elegant performances, especially of works by Wagner, Verdi, and Bizet's Carmen (which he conducted over 600 times), and for his sensitivity as an accompanist. (en)
  • 8歳で神童ピアニストとして郷里アーヘンで演奏会を開いたにもかかわらず、1887年から1891年まで商科の教育を受ける。その後ベルリンでヴォルデマール・バルギールに作曲を、エルンスト・ルドルフにピアノを師事し、1893年から1899年までアーヘン交響楽団の楽長を務めながらエンゲルベルト・フンパーディンクの下でさらに研修を積んだ。1893年に最初の歌劇《アグラヤ(Aglaja)》を作曲してアーヘン市立劇場で上演してもらい、同劇場の副楽長に就任。1899年にソプラノ歌手のマルタ・フランク(1871年~1962年)と結婚して、一人娘リーズルを儲けた。リーズルも声楽家となり、指揮者のヘルベルト・サンドベリと結婚した。 1899年にプラハに移り、1906年までプラハ・ドイツ歌劇場に勤めた。1903年にはオイゲン・ダルベールの歌劇《低地》を初演している。1906年にはベルリン宮廷歌劇場(現在のベルリン国立歌劇場)の指揮者に任命され、1913年には音楽総監督に昇進した。1916年からはたびたび録音活動にも取り組んでおり、当初はドイツ・グラモフォン社と、1926年以降はエレクトローラ社と契約した。1923年から1926年までの間に、ドイツ・シャルロッテンブルク歌劇場(現在のベルリン・ドイツ・オペラ)、ベルリン・フォルクスオーパー、ウィーン・フォルクスオーパーの指揮者を歴任。その後、音楽総監督としてベルリン国立歌劇場に復帰し、1937年まで総計2846回の公演を指揮した。1935年にはストックホルム王立歌劇場から楽長への就任を要請されていたが、スウェーデンに亡命するまで、就任を保留している。 首席文芸部員のハインツ・ティーチェンは、ヘルマン・ゲーリングの特別な認可を得て、ユダヤ系のブレッヒを第三帝国期にも雇い続けた。しかし1937年になると、ブレッヒは解任を余儀なくされ、ラトビアのリガ国立歌劇場の監督に転出。1940年にラトビアがソ連邦に占領されると、ブレッヒはモスクワやレニングラードに客演して大成功を収め、モスクワ音楽院に院長として就任するよう招請された。ブレッヒはこれを断ってリガに戻ったが、1941年にドイツ軍がリガに侵攻し、ゲットーへの勾留の危機にさらされた。しかし、ティーチェンの仲介によって、ベルリンとザースニッツを経由して秘密裡にスウェーデンに亡命し、かねてから要請されていたストックホルム王立歌劇場の楽長に就任。ストックホルムでは「自由ドイツ文化同盟(Freien Deutschen Kulturbund)」の創設メンバーとして委員に名を連ねた。1949年にドイツに帰国して、ベルリン市立シャルロッテンブルク歌劇場(現在のベルリン・ドイツ・オペラ)の音楽総監督に就任した。1953年に難聴の悪化により引退。同年、西ドイツ政府よりドイツ連邦功労大十字勲章を授与されている。 1958年にベルリンに永眠し、ヘーアシュトラーセ霊園に埋葬された。 (ja)
  • Лео Блех (нем. Leo Blech; 21 апреля 1871, Ахен ― 25 августа 1958, Берлин) ― немецкий дирижёр и композитор. (ru)
dbo:birthDate
  • 1871-4-21
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1958-8-24
dbo:deathPlace
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 5584804 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 731898502 (xsd:integer)
dct:description
  • German opera composer and conductor (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Leo Blech (* 21. April 1871 in Aachen; † 25. August 1958 in Berlin) war ein deutscher Komponist und Dirigent. (de)
  • Leo Blech (Aquisgrán, 21 de abril de 1871 - Berlín, 25 de agosto de 1958) fue un compositor de ópera y director de orquesta alemán, conocido en especial por su trabajo en el Königliches Opernhaus (Ópera Estatal de Berlín) entre 1906 y 1937 de forma casi continuada y, más tarde, como director de la llamada entonces Ópera Cívica (1949-1953). Blech destacó por sus interpretaciones fieles, claras y elegantes, especialmente de obras de Wagner, Verdi y la Carmen de Bizet, centenares de veces interpretada. (es)
  • Leo Blech (21 April 1871 – 25 August 1958) was a German opera composer and conductor who is perhaps most famous for his work at the Königliches Opernhaus (later the Berlin State Opera / Staatsoper Unter den Linden) from 1906 to 1937, and later as the conductor of Berlin's Städtische Oper from 1949 to 1953. Blech was known for his reliable, clear, and elegant performances, especially of works by Wagner, Verdi, and Bizet's Carmen (which he conducted over 600 times), and for his sensitivity as an accompanist. (en)
  • Лео Блех (нем. Leo Blech; 21 апреля 1871, Ахен ― 25 августа 1958, Берлин) ― немецкий дирижёр и композитор. (ru)
  • 8歳で神童ピアニストとして郷里アーヘンで演奏会を開いたにもかかわらず、1887年から1891年まで商科の教育を受ける。その後ベルリンでヴォルデマール・バルギールに作曲を、エルンスト・ルドルフにピアノを師事し、1893年から1899年までアーヘン交響楽団の楽長を務めながらエンゲルベルト・フンパーディンクの下でさらに研修を積んだ。1893年に最初の歌劇《アグラヤ(Aglaja)》を作曲してアーヘン市立劇場で上演してもらい、同劇場の副楽長に就任。1899年にソプラノ歌手のマルタ・フランク(1871年~1962年)と結婚して、一人娘リーズルを儲けた。リーズルも声楽家となり、指揮者のヘルベルト・サンドベリと結婚した。 1958年にベルリンに永眠し、ヘーアシュトラーセ霊園に埋葬された。 (ja)
rdfs:label
  • Leo Blech (de)
  • Leo Blech (en)
  • Leo Blech (es)
  • レオ・ブレッヒ (ja)
  • Блех, Лео (ru)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Leo (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Leo Blech (en)
foaf:surname
  • Blech (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:after of
is dbp:before of
is foaf:primaryTopic of