Sir John McLeavy Brown, CMG, born Magheragall, Lisburn, Ireland, 27 November 1835 - 6 April 1926. After attending Queen's University Belfast and Trinity College Dublin, McLeavy Brown, a lawyer by trade, joined the Customs Service in April 1873. In 1874 he was appointed Deputy Commissioner in Canton.1 At the time of his appointment the Japanese legation was in the ascendency. Following the murder of Queen Min in 1895, the King fled, but not before signing a decree giving McLeavy Brown absolute control over the treasury. External Links 1. Hart of Lisburn Article 3. NY Times article August 30 1905

Property Value
dbo:abstract
  • 勲爵士ジョン・マクレヴィ・ブラウン (Sir John McLeavy Brown、聖マイケル・聖ジョージ勲章、1835年11月27日 - 1926年4月6日) は、アイルランドのリスバーンにあるMagheragallで生まれた。 クイーンズ大学ベルファストとダブリン大学トリニティ・カレッジに通った後、マクレヴィ・ブラウン (商売は弁護士) は、1873年4月、関税機関に加わった。1874年、彼は広東省の副総監に任命された。 マクレヴィ・ブラウンは彼の上官である勲爵士ロバート・ハートに、ハートが彼を朝鮮の関税局のマネージャーのポジションにオファーするまでの印象を与えた。この立場を務める間、1893年に彼は、王(後の皇帝)の高宗より、財務アドバイザーと税関のチーフコミッショナーとしての地位をオファーされた。 彼の就任時に、日本公使館は主導権を持っていた。1895年の閔妃の殺害に続き、王は逃げたが、しかしそれは国庫への絶対的管理をマクレヴィ・ブラウンに与える勅命に署名する前ではなかった。 日露戦争における日本の勝利に続き、日本は大韓帝国により管理を及ぼし始め、1905年8月にマクレヴィ・ブラウンは関税局を辞め、韓国を去った。 1913年、彼はロンドンの中国公使館に法律顧問として任命された。彼は、1926年に彼が死ぬまで地位を保持した。 (ja)
  • Sir John McLeavy Brown, CMG, born Magheragall, Lisburn, Ireland, 27 November 1835 - 6 April 1926. After attending Queen's University Belfast and Trinity College Dublin, McLeavy Brown, a lawyer by trade, joined the Customs Service in April 1873. In 1874 he was appointed Deputy Commissioner in Canton.1 McLeavy Brown impressed his superior, Sir Robert Hart, to the extent that Hart offered him the position of manager of Korea's Customs Department. While serving in this capacity he was offered, by King (later Emperor) Kojong, a position as financial advisor and Chief Commissioner of Customs in 1893.2 At the time of his appointment the Japanese legation was in the ascendency. Following the murder of Queen Min in 1895, the King fled, but not before signing a decree giving McLeavy Brown absolute control over the treasury. Following Japan's victory in the Russo Japanese War Japan began to exert more control over Korea and in August 1905 McLeavy Brown left the Customs Department and Korea.3 In 1913 he was appointed Counsellor to the Chinese Legation in London, a position he held until his death in 1926. External Links 1. Hart of Lisburn Article 2. Robert Neff's The Irish Contribution 3. NY Times article August 30 1905 (en)
dbo:birthDate
  • 1835-1-1
dbo:deathDate
  • 1926-1-1
dbo:wikiPageID
  • 14269185 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 713025895 (xsd:integer)
dct:description
  • British colonial administrator (en)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 勲爵士ジョン・マクレヴィ・ブラウン (Sir John McLeavy Brown、聖マイケル・聖ジョージ勲章、1835年11月27日 - 1926年4月6日) は、アイルランドのリスバーンにあるMagheragallで生まれた。 クイーンズ大学ベルファストとダブリン大学トリニティ・カレッジに通った後、マクレヴィ・ブラウン (商売は弁護士) は、1873年4月、関税機関に加わった。1874年、彼は広東省の副総監に任命された。 マクレヴィ・ブラウンは彼の上官である勲爵士ロバート・ハートに、ハートが彼を朝鮮の関税局のマネージャーのポジションにオファーするまでの印象を与えた。この立場を務める間、1893年に彼は、王(後の皇帝)の高宗より、財務アドバイザーと税関のチーフコミッショナーとしての地位をオファーされた。 彼の就任時に、日本公使館は主導権を持っていた。1895年の閔妃の殺害に続き、王は逃げたが、しかしそれは国庫への絶対的管理をマクレヴィ・ブラウンに与える勅命に署名する前ではなかった。 日露戦争における日本の勝利に続き、日本は大韓帝国により管理を及ぼし始め、1905年8月にマクレヴィ・ブラウンは関税局を辞め、韓国を去った。 1913年、彼はロンドンの中国公使館に法律顧問として任命された。彼は、1926年に彼が死ぬまで地位を保持した。 (ja)
  • Sir John McLeavy Brown, CMG, born Magheragall, Lisburn, Ireland, 27 November 1835 - 6 April 1926. After attending Queen's University Belfast and Trinity College Dublin, McLeavy Brown, a lawyer by trade, joined the Customs Service in April 1873. In 1874 he was appointed Deputy Commissioner in Canton.1 At the time of his appointment the Japanese legation was in the ascendency. Following the murder of Queen Min in 1895, the King fled, but not before signing a decree giving McLeavy Brown absolute control over the treasury. External Links 1. Hart of Lisburn Article 3. NY Times article August 30 1905 (en)
rdfs:label
  • ジョン・マクレヴィ・ブラウン (ja)
  • John McLeavy Brown (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • John (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • John McLeavy Brown (en)
foaf:surname
  • Brown (en)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is foaf:primaryTopic of