John Bloomfield Jervis (December 14, 1795 – January 12, 1885) was an American civil engineer. America's leading consulting engineer of the antebellum era (1820–60), Jervis designed and supervised the construction of five of America's earliest railroads, was chief engineer of three major canal projects, designed the first locomotive to run in America, designed and built the 41-mile Croton Aqueduct – New York City's fresh water supply from 1842 to 1891 – and was a consulting engineer for the Boston water system.

Property Value
dbo:abstract
  • John Bloomfield Jervis (December 14, 1795 – January 12, 1885) was an American civil engineer. America's leading consulting engineer of the antebellum era (1820–60), Jervis designed and supervised the construction of five of America's earliest railroads, was chief engineer of three major canal projects, designed the first locomotive to run in America, designed and built the 41-mile Croton Aqueduct – New York City's fresh water supply from 1842 to 1891 – and was a consulting engineer for the Boston water system. (en)
  • ジョン・ブルームフィールド・ジャービス(英語: John Bloomfield Jervis、1795年12月14日 - 1885年1月12日)は、アメリカ合衆国の土木技術者である。南北戦争前の時期、1820年から1860年頃にかけての指導的な技術者であった。領土を拡大しつつあったアメリカ合衆国にとって、ジャービスは運河と鉄道建設のパイオニアであった。彼はアメリカ合衆国でも初期の5つの鉄道の建設の設計・監督に携わり、3つの大きな運河プロジェクトの主任技術者を務め、アメリカで最初に走った蒸気機関車を設計し、1842年から1891年までニューヨークに新鮮な水を供給していた全長41マイルのクロトン導水路の設計を行い、そしてボストンの水道システムの顧問技師であった。 デラウェア・アンド・ハドソン運河の主任技術者として務めているときに、彼はスタウアブリッジ・ライオンの設計を行い、また先台車を持つ最初の蒸気機関車、車軸配置4-2-0の機関車を開発した。この4-2-0は彼にちなんでジャービスと呼ばれる。 ジャービスは経済学に関する本を著し、1877年にはThe Question of Labor and Capital(労働と資本の問題)を出し、またロームに製鉄所を建設してアップステート・ニューヨークの産業を発展させる助けとなった。また彼はロームの図書館の創設者でもある。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1795-12-14 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 1795-01-01 (xsd:date)
dbo:deathDate
  • 1885-01-12 (xsd:date)
  • 1885-1-12
dbo:deathPlace
dbo:deathYear
  • 1885-01-01 (xsd:date)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1587496 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 739932617 (xsd:integer)
dbp:imageSize
  • 187 (xsd:integer)
dct:description
  • American civil engineer (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • John Bloomfield Jervis (December 14, 1795 – January 12, 1885) was an American civil engineer. America's leading consulting engineer of the antebellum era (1820–60), Jervis designed and supervised the construction of five of America's earliest railroads, was chief engineer of three major canal projects, designed the first locomotive to run in America, designed and built the 41-mile Croton Aqueduct – New York City's fresh water supply from 1842 to 1891 – and was a consulting engineer for the Boston water system. (en)
  • ジョン・ブルームフィールド・ジャービス(英語: John Bloomfield Jervis、1795年12月14日 - 1885年1月12日)は、アメリカ合衆国の土木技術者である。南北戦争前の時期、1820年から1860年頃にかけての指導的な技術者であった。領土を拡大しつつあったアメリカ合衆国にとって、ジャービスは運河と鉄道建設のパイオニアであった。彼はアメリカ合衆国でも初期の5つの鉄道の建設の設計・監督に携わり、3つの大きな運河プロジェクトの主任技術者を務め、アメリカで最初に走った蒸気機関車を設計し、1842年から1891年までニューヨークに新鮮な水を供給していた全長41マイルのクロトン導水路の設計を行い、そしてボストンの水道システムの顧問技師であった。 デラウェア・アンド・ハドソン運河の主任技術者として務めているときに、彼はスタウアブリッジ・ライオンの設計を行い、また先台車を持つ最初の蒸気機関車、車軸配置4-2-0の機関車を開発した。この4-2-0は彼にちなんでジャービスと呼ばれる。 ジャービスは経済学に関する本を著し、1877年にはThe Question of Labor and Capital(労働と資本の問題)を出し、またロームに製鉄所を建設してアップステート・ニューヨークの産業を発展させる助けとなった。また彼はロームの図書館の創設者でもある。 (ja)
rdfs:label
  • John B. Jervis (en)
  • ジョン・ジャービス (技術者) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • John (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • John B. Jervis (en)
  • John Bloomfield Jervis (en)
is dbo:architect of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of