The integrated powerhead demonstrator (IPD) was an U.S. Air Force project in the 1990s and early 2000s run by NASA and the Air Force Research Laboratory (AFRL) to develop a new rocket engine front-end (powerhead) that would utilize a full flow staged combustion cycle (FFSCC). The prime contractors were Rocketdyne and Aerojet. The turbines were also planned to feature hydrostatic bearings instead of the traditional ball bearings.

Property Value
dbo:abstract
  • The integrated powerhead demonstrator (IPD) was an U.S. Air Force project in the 1990s and early 2000s run by NASA and the Air Force Research Laboratory (AFRL) to develop a new rocket engine front-end (powerhead) that would utilize a full flow staged combustion cycle (FFSCC). The prime contractors were Rocketdyne and Aerojet. The long-term design goal was to apply the advantages of FFSCC to create a reusable engine with improved life, reliability and performance. The powerhead demonstrator project was to develop a demonstrator design of what could become the front-end for a future engine development project. No subsequent funding was made available by public policymakers, so no full engine design was ever completed. The turbines were also planned to feature hydrostatic bearings instead of the traditional ball bearings. (en)
  • インテグレーテッド パワーヘッド デモンストレーターIntegrated powerhead demonstrator(IPD) はアメリカ合衆国空軍の計画でNASAとAFRLによってフルフロー二段燃焼サイクル(FFSCC)のロケットエンジンを開発する目的で実施する。主契約社はロケットダインとエアロジェットである。 長期的な設計の目標はFFSCCの利点を取り入れる事により、長寿命で信頼性と性能を高めた再利用型エンジンの開発だった。パワーヘッドデモンストレーター計画は将来のエンジン開発計画のための前哨的な実証設計の開発が目的だった。公共政策立案者によって後続の予算は無かったので実物のエンジンは完成しなかった。 タービンも同様に従来の玉軸受に代わり、先進的な流体軸受の採用が予定された。 主要な設計目標はFFSCCの利点を取り入れる事により、長寿命で信頼性と性能を高めた再利用型エンジンの開発である。タービンも同様に従来の玉軸受に代わり、先進的な流体軸受の採用が予定された。 (ja)
  • 集成动力验证器(Integrated powerhead demonstrator,简写IPD)是美国空军的一项正在实施的工程,由NASA和空军实验室支持。该工程旨在利用全流量分级燃烧循环(FFSCC)制造新型火箭发动机。该工程的总承包商是洛克达因公司和Aerojet。 主要的设计目标是要充分利用FFSCC来设计一台高寿命可重复使用的高性能且可靠的发动机。涡轮机将使用静压轴承代替传统的滚珠轴承。 2006年7月19日,洛克达因宣布验证机已经能达到设计功率。 据NASA的计划,IPD是集成高回报火箭推进技术计划(Integrated High Payoff Rocket Propulsion Technology Program)的第一步,目的在验证是现在的发动机推力水平加倍的新技术。2007年,諾斯洛普·格魯門公司宣布他们与空军实验室签订了研发新型涡轮泵的协议。这种液氢涡轮泵将用在新发动机上。 (zh)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2987931 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 740430418 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • インテグレーテッド パワーヘッド デモンストレーターIntegrated powerhead demonstrator(IPD) はアメリカ合衆国空軍の計画でNASAとAFRLによってフルフロー二段燃焼サイクル(FFSCC)のロケットエンジンを開発する目的で実施する。主契約社はロケットダインとエアロジェットである。 長期的な設計の目標はFFSCCの利点を取り入れる事により、長寿命で信頼性と性能を高めた再利用型エンジンの開発だった。パワーヘッドデモンストレーター計画は将来のエンジン開発計画のための前哨的な実証設計の開発が目的だった。公共政策立案者によって後続の予算は無かったので実物のエンジンは完成しなかった。 タービンも同様に従来の玉軸受に代わり、先進的な流体軸受の採用が予定された。 主要な設計目標はFFSCCの利点を取り入れる事により、長寿命で信頼性と性能を高めた再利用型エンジンの開発である。タービンも同様に従来の玉軸受に代わり、先進的な流体軸受の採用が予定された。 (ja)
  • 集成动力验证器(Integrated powerhead demonstrator,简写IPD)是美国空军的一项正在实施的工程,由NASA和空军实验室支持。该工程旨在利用全流量分级燃烧循环(FFSCC)制造新型火箭发动机。该工程的总承包商是洛克达因公司和Aerojet。 主要的设计目标是要充分利用FFSCC来设计一台高寿命可重复使用的高性能且可靠的发动机。涡轮机将使用静压轴承代替传统的滚珠轴承。 2006年7月19日,洛克达因宣布验证机已经能达到设计功率。 据NASA的计划,IPD是集成高回报火箭推进技术计划(Integrated High Payoff Rocket Propulsion Technology Program)的第一步,目的在验证是现在的发动机推力水平加倍的新技术。2007年,諾斯洛普·格魯門公司宣布他们与空军实验室签订了研发新型涡轮泵的协议。这种液氢涡轮泵将用在新发动机上。 (zh)
  • The integrated powerhead demonstrator (IPD) was an U.S. Air Force project in the 1990s and early 2000s run by NASA and the Air Force Research Laboratory (AFRL) to develop a new rocket engine front-end (powerhead) that would utilize a full flow staged combustion cycle (FFSCC). The prime contractors were Rocketdyne and Aerojet. The turbines were also planned to feature hydrostatic bearings instead of the traditional ball bearings. (en)
rdfs:label
  • Integrated Powerhead Demonstrator (en)
  • インテグレーテッド・パワーヘッド・デモンストレーター (ja)
  • 集成动力验证器 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of