Sheath cleaning is a hygienic process occasionally needed by male horses, both geldings and stallions, wherein a caretaker, groom or veterinarian checks the horse's "sheath," the pocket of skin that protects the penis of the horse when it is not in use for urination (or, in the case of stallions, breeding). This area may need to be cleaned, starting at a young age after breeding and the birth season, but particularly in geldings. Not only can smegma, a waxy substance that includes dirt and dead skin cells, accumulate, but some geldings (and occasionally, stallions) may also form a "bean," a hardened ball of smegma inside the sheath or even the urethra that, in extreme cases, can interfere with urine flow. Although a gelding retains the same beneficial microorganisms in the sheath as a stal

Property Value
dbo:abstract
  • 陰茎鞘洗浄(いんけいしょうせんじょう、sheath cleaning)は、おすウマ、すなわち去勢ウマと種ウマの両者、にときどき必要な衛生的な処置であり、そのとき管理人、馬丁あるいは獣医師は、ウマの陰茎鞘(penile sheath)、すなわちそれが排尿(あるいは、種ウマの場合、繁殖)に用いられていないとき陰茎を保護している皮膚のポケットをチェックする。 この部位は、とくに去勢ウマでは、洗浄を必要とするかもしれない。恥垢、すなわち不潔物と死んだ皮膚の細胞をふくむ蝋のような物が蓄積することがあるのみならず、一部の去勢ウマ(と、ときには種ウマ)が「まめ」("bean")、すなわち恥垢のかたいボールを、鞘の内側に形成し、或いはき極端なば場合、尿道の内側に形成して尿流を妨害することさえある。去勢ウマは、種ウマと同じ有益な微生物を鞘内に保持しているけれども、彼らは、より高い率で恥垢やその他の破片を蓄積しているように思われるが、これは十中八九、去勢ウマはまれにしか陰茎を十分に突き出さず、したがって不潔物と恥垢を皮膚のひだのなかにふやしているからであろう。したがって、鞘は、1年間に2回または3回、洗浄されることがすすめられる。鞘を洗浄することは、専門的な作業であり、必要とされるのは、温水と多くの(通例、使い捨ての)タオルとともに、この処置のために一般的に特別にデザインされた、グリース分を溶解する性質の、マイルドな洗浄剤である。 この作業は臭くまた汚いから、取扱者のためにゴム手袋がすすめられる。 鞘洗浄をいやがりそして鎮静を必要とするウマもいれば、馬丁が注意深くそして我慢強ければがまんするウマもいるが、ただし、かるい鎮静は、馬がより容易な洗浄のために陰茎を「落とす」(drop)たすけとなるかもしれない。理想をいえば、ウマは、処置を我慢する注意深いトレーニングによって敏感でなくされているであろう。まずだいいちに、やさしい温水流がホースか針の無い大型の注射器から鞘のなかに流し込まれる。こうすれば原材料のいちぶをゆるめそしてやわらかくし、そして除去しやすくするであろう。この過程で必要とされるのは、ウマが陰茎を「落とす」(drop)ことか、または、馬丁が鞘のうちがわに手を伸して陰茎亀頭をつかんで陰茎を鞘からやさしく引きだすことであり、この目的は洗浄剤を塗布しそして全領域を注意深く洗浄することである。「まめ」(bean)がしばしば尿道憩室、すなわち尿道の開口部に隣接したポケットに見つかるから、この部位もまた洗浄しなければならない。獣医師が鞘を洗浄することもあるが、これは医療的な行為ではなく、そして適切な方法を学んでいる人なら誰でもなし得る。 (ja)
  • Sheath cleaning is a hygienic process occasionally needed by male horses, both geldings and stallions, wherein a caretaker, groom or veterinarian checks the horse's "sheath," the pocket of skin that protects the penis of the horse when it is not in use for urination (or, in the case of stallions, breeding). This area may need to be cleaned, starting at a young age after breeding and the birth season, but particularly in geldings. Not only can smegma, a waxy substance that includes dirt and dead skin cells, accumulate, but some geldings (and occasionally, stallions) may also form a "bean," a hardened ball of smegma inside the sheath or even the urethra that, in extreme cases, can interfere with urine flow. Although a gelding retains the same beneficial microorganisms in the sheath as a stallion, they seem to accumulate smegma and other debris at a higher rate, probably because geldings rarely fully extrude the penis, and thus dirt and smegma build up in the folds of skin. Thus, it is recommended that the sheath be cleaned once or twice a year. Cleaning the sheath is a specialized task requiring a mild cleaner with grease-cutting properties, generally designed specifically for the process, along with warm water and many clean (usually disposable) towels. Rubber gloves for the handler are recommended, as the job is rather smelly and messy. Some horses object to sheath cleaning and require sedation, others will tolerate it if the groom is careful and patient, though light sedation may help the horse "drop" for easier cleaning. Ideally, the horse will be desensitized by careful training to tolerate the procedure. To begin, a gentle stream of warm water is run into the sheath from a hose or a large, needleless syringe. This will loosen and soften some of the material and make it easier to remove. The process requires either that the horse "drop" his penis or that the groom reach up inside of the sheath to pull the penis gently from the sheath by the glans (head) in order to apply cleaner and carefully clean the entire region. The "bean" is often found in the urethral diverticulum, a pocket adjacent to the opening of the urethra, so that area must also be checked. While a veterinarian can clean a sheath, it is not a medical procedure and can be done by any person who learns the proper method. (en)
dbo:wikiPageID
  • 39478181 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 661903422 (xsd:integer)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • 陰茎鞘洗浄(いんけいしょうせんじょう、sheath cleaning)は、おすウマ、すなわち去勢ウマと種ウマの両者、にときどき必要な衛生的な処置であり、そのとき管理人、馬丁あるいは獣医師は、ウマの陰茎鞘(penile sheath)、すなわちそれが排尿(あるいは、種ウマの場合、繁殖)に用いられていないとき陰茎を保護している皮膚のポケットをチェックする。 この部位は、とくに去勢ウマでは、洗浄を必要とするかもしれない。恥垢、すなわち不潔物と死んだ皮膚の細胞をふくむ蝋のような物が蓄積することがあるのみならず、一部の去勢ウマ(と、ときには種ウマ)が「まめ」("bean")、すなわち恥垢のかたいボールを、鞘の内側に形成し、或いはき極端なば場合、尿道の内側に形成して尿流を妨害することさえある。去勢ウマは、種ウマと同じ有益な微生物を鞘内に保持しているけれども、彼らは、より高い率で恥垢やその他の破片を蓄積しているように思われるが、これは十中八九、去勢ウマはまれにしか陰茎を十分に突き出さず、したがって不潔物と恥垢を皮膚のひだのなかにふやしているからであろう。したがって、鞘は、1年間に2回または3回、洗浄されることがすすめられる。鞘を洗浄することは、専門的な作業であり、必要とされるのは、温水と多くの(通例、使い捨ての)タオルとともに、この処置のために一般的に特別にデザインされた、グリース分を溶解する性質の、マイルドな洗浄剤である。 (ja)
  • Sheath cleaning is a hygienic process occasionally needed by male horses, both geldings and stallions, wherein a caretaker, groom or veterinarian checks the horse's "sheath," the pocket of skin that protects the penis of the horse when it is not in use for urination (or, in the case of stallions, breeding). This area may need to be cleaned, starting at a young age after breeding and the birth season, but particularly in geldings. Not only can smegma, a waxy substance that includes dirt and dead skin cells, accumulate, but some geldings (and occasionally, stallions) may also form a "bean," a hardened ball of smegma inside the sheath or even the urethra that, in extreme cases, can interfere with urine flow. Although a gelding retains the same beneficial microorganisms in the sheath as a stal (en)
rdfs:label
  • 陰茎鞘洗浄 (ja)
  • Horse sheath cleaning (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is rdfs:seeAlso of
is foaf:primaryTopic of