In law, a hearing is a proceeding before a court or other decision-making body or officer, such as a government agency. A hearing is generally distinguished from a trial in that it is usually shorter and often less formal.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • In law, a hearing is a proceeding before a court or other decision-making body or officer, such as a government agency. A hearing is generally distinguished from a trial in that it is usually shorter and often less formal. In the course of litigation, hearings are conducted as oral arguments in support of motions, whether to resolve the case without further trial on a motion to dismiss or for summary judgment, or to decide discrete issues of law, such as the admissibility of evidence, that will determine how the trial proceeds. Limited evidence and testimony may also be presented in hearings to supplement the legal arguments. In the United States, one aspect of the "due process revolution" is that many administrative decisions that were once made much less formally must now be preceded by a hearing. An important step in this development was the Supreme Court decision in Goldberg v. Kelly, 397 U.S. 254 (1970). There the Court held that an agency could not terminate a recipient's welfare benefits without a pre-termination hearing. The decision also illustrated that what constitutes a "hearing" can depend on the context. In Goldberg, the goal of a speedy decision was held to "justify the limitation of the pre-termination hearing to minimum procedural safeguards," which included such basic matters as the right to appear and to cross-examine witnesses, but did not include "a complete record and a comprehensive opinion".
  • 審問は、英米法系の法制度においてhearing(ヒアリング)の訳語として当てられる、裁判や政府機関等による決定に先立つ法的手続きである。 審問は、トライアル(対審)と対比され、一般に短期かつ簡易である。裁判過程において、訴え却下や略式裁判の申立に対してさらなるトライアル無しで解決させるのかという事項や、公判の分離や証拠の採用などいかに裁判を進めるかを決定する申立に際して、聴聞の形式で行う。弁論補強のため限定的な証拠の提出や証言がなされる場合もある。 米国において、デュー・プロセス革命のひとつの側面が、行政法上の決定において、審問が、かつてはあまり公式になされなかったのに対して、現在では必須となったということがある。この様になった重要な契機は、ゴールドバーグ対ケリー事件(English版)における、政府は生活保護を事前の審問無しに打ち切ってはならないとする最高裁判決だった。また、この判決は審問を構成するものは状況により異なるということを判示している。本事件においては、迅速な意思決定という目的が、打ち切りの事前審問を制限することを正当化するために、権利内容が示され、複数の証言を得るなど基本的事項は含まれるが、記録が完全であることや公判に意見を求めていることまでは含まれない。
  • 聆訊是指案件在公开审讯前,法庭进行的各项中途聆听与讼各方的陈述,聆讯一般都在内庭形式进行,与案无关人士不得列席。 依据本词条原意,本人认为“聆讯”一词,可理解为:聆讯属于执法部门对当事人陈述事实和答复质询等执法程序之一。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1097011 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInLinkCount
  • 191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutLinkCount
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 541100837 (xsd:integer)
dbpprop:hasPhotoCollection
dcterms:subject
rdfs:comment
  • In law, a hearing is a proceeding before a court or other decision-making body or officer, such as a government agency. A hearing is generally distinguished from a trial in that it is usually shorter and often less formal.
  • 審問は、英米法系の法制度においてhearing(ヒアリング)の訳語として当てられる、裁判や政府機関等による決定に先立つ法的手続きである。 審問は、トライアル(対審)と対比され、一般に短期かつ簡易である。裁判過程において、訴え却下や略式裁判の申立に対してさらなるトライアル無しで解決させるのかという事項や、公判の分離や証拠の採用などいかに裁判を進めるかを決定する申立に際して、聴聞の形式で行う。弁論補強のため限定的な証拠の提出や証言がなされる場合もある。 米国において、デュー・プロセス革命のひとつの側面が、行政法上の決定において、審問が、かつてはあまり公式になされなかったのに対して、現在では必須となったということがある。この様になった重要な契機は、ゴールドバーグ対ケリー事件(English版)における、政府は生活保護を事前の審問無しに打ち切ってはならないとする最高裁判決だった。また、この判決は審問を構成するものは状況により異なるということを判示している。本事件においては、迅速な意思決定という目的が、打ち切りの事前審問を制限することを正当化するために、権利内容が示され、複数の証言を得るなど基本的事項は含まれるが、記録が完全であることや公判に意見を求めていることまでは含まれない。
  • 聆訊是指案件在公开审讯前,法庭进行的各项中途聆听与讼各方的陈述,聆讯一般都在内庭形式进行,与案无关人士不得列席。 依据本词条原意,本人认为“聆讯”一词,可理解为:聆讯属于执法部门对当事人陈述事实和答复质询等执法程序之一。
rdfs:label
  • 聆讯
  • Hearing (law)
  • 審問
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of