Glencoe (1831–1857) was a British bred Thoroughbred racehorse, who won the 2,000 Guineas Stakes and the Ascot Gold Cup. He was one of the earliest Thoroughbred stallions imported into the United States and was a top broodmare sire there. Several outstanding sons of Lexington were out of Glencoe mares, including Asteroid, Kentucky and Norfolk.

Property Value
dbo:abstract
  • Glencoe (1831–1857) was a British bred Thoroughbred racehorse, who won the 2,000 Guineas Stakes and the Ascot Gold Cup. He was one of the earliest Thoroughbred stallions imported into the United States and was a top broodmare sire there. Several outstanding sons of Lexington were out of Glencoe mares, including Asteroid, Kentucky and Norfolk. (en)
  • グレンコー(Glencoe、1831年 - 1857年)は、イギリスの競走馬である。1834年に2000ギニーを制したほか、翌年アスコットゴールドカップに勝った。種牡馬としてはすぐにアメリカに輸出されたが、輸出先で大成功を収め8年間種牡馬チャンピオンを獲得した。イギリスに残した産駒、ポカホンタスは名繁殖牝馬として有名である。名前はスコットランドの有名な谷から。 セカンドリドルズワースステークス、デザートステークスに勝ち、デビュー以来の3連勝で2000ギニーを制覇した。同世代にはほかにプレニポテンシャリーやタッチストンらがおり、レベルの高い世代として知られている。エプソムダービーではそのプレニポテンシャリーの3着に敗れている。この年はほかにグッドウッドカップなどに勝った。 翌年は当時古馬の最高峰であったアスコットゴールドカップに勝ち、その翌年引退した。 引退後は種牡馬入りしたがわずか1年間の供用のみでアメリカに輸出された。この1年間の供用で「繁殖牝馬の皇后」と呼ばれるポカホンタスを出した。ポカホンタスの子にはストックウェル、ラタプラン、キングトムの3頭の大種牡馬がおり現在への影響も強い。ポカホンタスのほかにも、アメリカでも残した牝駒がレキシントンとの交配で活躍馬を多数輩出し、チョーサーらと並びサラブレッド史上に残る名ブルードメアサイアーだったといえる。 一方直仔の活躍馬としてはプライヤーが挙げられる。そのほかにも活躍馬を輩出し、計8回のアメリカ種牡馬チャンピオンを獲得した。これはアメリカにおいてボールドルーラーと並ぶ歴代2位の記録である。メールラインもヴァンダルを通じて一時アメリカで大きく繁栄したが、20世紀にはいると勢力を失ってしまい、現在ではほぼ滅びている。 (ja)
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1831-0-0
dbo:breeder
dbo:colour
dbo:country
dbo:dam
dbo:damsire
dbo:deathDate
  • 1857-0-0
dbo:grandsire
dbo:owner
dbo:race
dbo:sex
  • Stallion
dbo:sire
dbo:thumbnail
dbo:trainer
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3087557 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 739884502 (xsd:integer)
dbp:caption
  • Glencoe, from Frank Forester's Horse and Horsemanship of the United States published in 1857
dbp:earnings
  • Not found
dbp:f
dbp:ff
dbp:fff
  • Buzzard
dbp:ffff
dbp:fffm
  • Misfortune
dbp:ffm
dbp:ffmf
  • Alexander
dbp:ffmm
  • Highflyer mare
dbp:fm
  • 1809 (xsd:integer)
  • Bacchante
dbp:fmf
dbp:fmff
dbp:fmfm
  • Arethusa
dbp:fmm
  • Mercury mare
dbp:fmmf
  • Mercury
dbp:fmmm
  • Herod mare
dbp:foaled
  • 1831 (xsd:integer)
dbp:m
dbp:mf
  • 1810 (xsd:integer)
  • Tramp
dbp:mff
  • Dick Andrews
dbp:mfff
  • Joe Andrews
dbp:mffm
  • Highflyer mare
dbp:mfm
  • Gohanna mare
dbp:mfmf
  • Gohanna
dbp:mfmm
  • Fraxinella
dbp:mm
  • 1808 (xsd:integer)
  • Web
dbp:mmf
dbp:mmff
dbp:mmfm
  • Maria
dbp:mmm
dbp:mmmf
  • Trumpator
dbp:mmmm
dbp:name
  • Glencoe , chestnut stallion, 1831
dbp:record
  • 10 (xsd:integer)
dbp:updated
  • 2010-11-22 (xsd:date)
dct:description
  • British bred Thoroughbred racehorse (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Glencoe (1831–1857) was a British bred Thoroughbred racehorse, who won the 2,000 Guineas Stakes and the Ascot Gold Cup. He was one of the earliest Thoroughbred stallions imported into the United States and was a top broodmare sire there. Several outstanding sons of Lexington were out of Glencoe mares, including Asteroid, Kentucky and Norfolk. (en)
  • グレンコー(Glencoe、1831年 - 1857年)は、イギリスの競走馬である。1834年に2000ギニーを制したほか、翌年アスコットゴールドカップに勝った。種牡馬としてはすぐにアメリカに輸出されたが、輸出先で大成功を収め8年間種牡馬チャンピオンを獲得した。イギリスに残した産駒、ポカホンタスは名繁殖牝馬として有名である。名前はスコットランドの有名な谷から。 セカンドリドルズワースステークス、デザートステークスに勝ち、デビュー以来の3連勝で2000ギニーを制覇した。同世代にはほかにプレニポテンシャリーやタッチストンらがおり、レベルの高い世代として知られている。エプソムダービーではそのプレニポテンシャリーの3着に敗れている。この年はほかにグッドウッドカップなどに勝った。 翌年は当時古馬の最高峰であったアスコットゴールドカップに勝ち、その翌年引退した。 引退後は種牡馬入りしたがわずか1年間の供用のみでアメリカに輸出された。この1年間の供用で「繁殖牝馬の皇后」と呼ばれるポカホンタスを出した。ポカホンタスの子にはストックウェル、ラタプラン、キングトムの3頭の大種牡馬がおり現在への影響も強い。ポカホンタスのほかにも、アメリカでも残した牝駒がレキシントンとの交配で活躍馬を多数輩出し、チョーサーらと並びサラブレッド史上に残る名ブルードメアサイアーだったといえる。 (ja)
rdfs:label
  • Glencoe I (en)
  • グレンコー (競走馬) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male creature (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Glencoe (en)
  • Glencoe I (en)
is dbo:damsire of
is dbo:grandsire of
is dbo:raceHorse of
is dbo:sire of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:fff of
is dbp:ffff of
is dbp:ffmf of
is dbp:fmf of
is dbp:mf of
is dbp:mfmf of
is dbp:mmf of
is dbp:mmff of
is dbp:mmmf of
is foaf:primaryTopic of