George Francis Baquet (July 22, 1881 – Jan. 14, 1949) was an American jazz clarinetist, known for his contributions to early jazz in New Orleans. His father, Theogene V. Baquet, eminent New Orleans musician and educator, was also a clarinetist, as were his brothers, Achille and Harold. (Hal Baquet was stabbed to death, and the murder was once thought to have been carried out by Clarence Williams.)

Property Value
dbo:abstract
  • Pour les articles homonymes, voir Baquet. George Baquet est un clarinettiste et saxophoniste américain (né à La Nouvelle-Orléans le 14 janvier 1883, décédé à Philadelphie le 14 janvier 1949). Il fut le professeur de Sydney Bechet. * * Portail du jazz Portail du jazz (fr)
  • George F. Baquet, auch Bacquet, (* 1883 in New Orleans; † 14. Januar 1949 in Philadelphia) war ein US-amerikanischer Jazz-Klarinettist des frühen New Orleans Jazz. (de)
  • ジョージ・バケー(George Baquet、1882年/1883年 - 1949年1月14日)は、アメリカのジャズ・クラリネット奏者で、ニューオーリンズの初期のジャズへ貢献したことで知られている。 バケーの父、セオジーン・バケーもクラリネット奏者で、兄弟のアキレ en:Achille Baquet とハル Harold も同じくクラリネット奏者だった。(ハル・バケーは刺し殺された。以前は、その殺人事件はクラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams によって為されたと考えられていた。) バケーの職歴は、まだティーン前半だった1897年に始まった。バケーはライア・クラブ・シンフォニー・オーケストラ the Lyre Club Symphony Orchestra で演奏していた。その後まもなく、P. T. ライト P. T. Wright のナッシュビル・スチューデント・ミンストラルズ Nashville Student Minstrels と地方巡業をしていた。バケーはその時ジョージア・ミンストラルズ the Georgia Minstrels に加わったが、1905年にニューオーリンズへ帰郷し、そこでバディ・ボールデンと共に演奏をした。1900年代から1910年代初期にかけてバケーは演奏を休んでいたが、ジョン・ロビショー en:John Robichaux、フレディ・ケパード、オンワド・ブラス・バンド en:Onward Brass Band と共に演奏をするようになった。バケーとケパードはロサンゼルスでオリジナル・クレオール・オーケストラ the Original Creole Orchestra で演奏した。バケーはその楽団に1916年まで残った。ケパードとバケーの両者は、この時、録音することを考えてはみたが、そうはしなかった。ケパードは彼の音楽のアイデアが盗用されることを心配していたし、バケーにはお金の心配があったからだ。 この 10 年の後半、バケーはニューヨーク市のコニーアイランドで演奏をした。1923年、バケーはフィラデルフィアでサム・ゴードンと彼のバンド Sam Gordon and his band (ラファイエット・プレーヤーズである)に加わった。そしてフィラデルフィアはバケーが死ぬまで暮らす場所となった。バケーはベッシー・スミスと録音をし、1929年にはジェリー・ロール・モートンと録音をし、そして1940年代にはシドニー・ベシェと録音をした。 (ja)
  • George Francis Baquet (July 22, 1881 – Jan. 14, 1949) was an American jazz clarinetist, known for his contributions to early jazz in New Orleans. His father, Theogene V. Baquet, eminent New Orleans musician and educator, was also a clarinetist, as were his brothers, Achille and Harold. (Hal Baquet was stabbed to death, and the murder was once thought to have been carried out by Clarence Williams.) Baquet's professional career began in 1897 while he was still in his early teens. He played in the Lyre Club Symphony Orchestra and then on the road with P. T. Wright's Nashville Students Company. He then joined the Georgia Minstrels, but returned to New Orleans in 1905, where he played with Buddy Bolden. In the 1900s and early 1910s he played off and on with John Robichaux, Freddie Keppard, and the Onward Brass Band. Baquet and Keppard played in Los Angeles with the Original Creole Orchestra, an ensemble Baquet remained in until 1916. Both Keppard and Baquet considered recording at this time, but didn't; Keppard worried about the theft of his musical ideas, and Baquet had financial concerns. Later in the decade Baquet played in New York City at Coney Island. In 1923 he joined Sam Gordon and his band, the Lafayette Players, in Philadelphia; Baquet lived there until his death. He assembled several of his own groups, including the New Orleans Nighthawks and George Bakey's Swingsters (sic). In the 1920s, Baquet recorded with Bessie Smith; in 1929, he recorded with Jelly Roll Morton, and in the 1940s with Sidney Bechet. (en)
dbo:birthDate
  • 1881-7-22
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1949-1-14
dbo:deathPlace
dbo:wikiPageID
  • 15757402 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 743918980 (xsd:integer)
dbp:class
  • artist
dbp:id
  • mn0001247471
dbp:tab
  • biography
dct:description
  • American musician (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Pour les articles homonymes, voir Baquet. George Baquet est un clarinettiste et saxophoniste américain (né à La Nouvelle-Orléans le 14 janvier 1883, décédé à Philadelphie le 14 janvier 1949). Il fut le professeur de Sydney Bechet. * * Portail du jazz Portail du jazz (fr)
  • George F. Baquet, auch Bacquet, (* 1883 in New Orleans; † 14. Januar 1949 in Philadelphia) war ein US-amerikanischer Jazz-Klarinettist des frühen New Orleans Jazz. (de)
  • ジョージ・バケー(George Baquet、1882年/1883年 - 1949年1月14日)は、アメリカのジャズ・クラリネット奏者で、ニューオーリンズの初期のジャズへ貢献したことで知られている。 バケーの父、セオジーン・バケーもクラリネット奏者で、兄弟のアキレ en:Achille Baquet とハル Harold も同じくクラリネット奏者だった。(ハル・バケーは刺し殺された。以前は、その殺人事件はクラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams によって為されたと考えられていた。) この 10 年の後半、バケーはニューヨーク市のコニーアイランドで演奏をした。1923年、バケーはフィラデルフィアでサム・ゴードンと彼のバンド Sam Gordon and his band (ラファイエット・プレーヤーズである)に加わった。そしてフィラデルフィアはバケーが死ぬまで暮らす場所となった。バケーはベッシー・スミスと録音をし、1929年にはジェリー・ロール・モートンと録音をし、そして1940年代にはシドニー・ベシェと録音をした。 (ja)
  • George Francis Baquet (July 22, 1881 – Jan. 14, 1949) was an American jazz clarinetist, known for his contributions to early jazz in New Orleans. His father, Theogene V. Baquet, eminent New Orleans musician and educator, was also a clarinetist, as were his brothers, Achille and Harold. (Hal Baquet was stabbed to death, and the murder was once thought to have been carried out by Clarence Williams.) (en)
rdfs:label
  • George Baquet (de)
  • George Baquet (fr)
  • ジョージ・バケー (ja)
  • George Baquet (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • George (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • George Baquet (en)
foaf:surname
  • Baquet (en)
is dbo:associatedBand of
is dbo:associatedMusicalArtist of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of