The GPL font exception clause (or GPL+FE, for short) is an optional clause that can be added to the GNU General Public License (GNU GPL) permitting digital fonts shared with that license to be embedded within a digital document file without requiring the document itself to also be shared with GPL. Without the clause, conflicts may arise with open-source projects distributing digital fonts which may be used in desktop publishing. As explained by Dave Crossland in Libre Graphics Magazine, "A copyleft font may overreach into the documents that use it, unless an exception is made to the normal terms; an additional permission to allow people to combine parts of a font with a document without affecting the license of texts, photographs, illustrations and designs. Most libre fonts today have such

Property Value
dbo:abstract
  • GPLフォント例外(GPLフォントれいがい、英: GPL font exception clause、短くGPL+FE)とは、GNU General Public License(GNU GPL、単にGPL)の下頒布されるデジタル・フォントをデジタル・ドキュメント・ファイル内部に「埋め込む」("embed")場合、ドキュメント自体の利用許諾条件をGPLとすることなく、それを法的に許可するGPLの追加的条項(optional clause)である。もしくはその例外条項付きGPLのことを指す。この条項が存在しないGPLフォントの場合、デスクトップ・パブリッシング(DTP)に使用される可能性のあるフォントをオープンソース・プロジェクトが頒布する際に法的な矛盾を抱える場合がある。 後述の通り、GPLのライセンス発行元であるフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation, FSF)はフォントに関してもライブラリのリンク同様(ライブラリ・リンクに関しては当該記事参照)、フォントを埋め込んだドキュメントがフォントの派生物や二次的著作物であると主張している。従ってGPLのコピーレフト要件により、原則GPLフォントを埋め込んだドキュメントはGPLの保護対象となる、すなわちGPLで利用を許諾しなければならない。もしそれが不可能な場合(例えばドキュメントのテキストが独占的条件でのみ利用が許可されている場合)はその結合されたドキュメントは法的には頒布できなくなる。 Free Software Magazineの編集者テリー・ハンコック(Terry Hancock)によると、「他にもいくつかフリーフォント(フリーソフトウェア・フォント)・ライセンスが存在するが、フォント例外条項付きGPLがもっとも単純かつ互換性が高い。」と述べている。 GPL+FEはコピーレフトによるオープンソース・デジタル・フォントの共有のための戦略的手法であり、SIL Open Font License(SIL OFL, OFL)に匹敵するものである。"Libre Graphics Magazine"のデイヴ・クロスランド(Dave Crossland)の説明によると、「コピーレフト・フォントというのは、仮に通常、フォントの利用条件に例外条項が存在しない場合、それを利用するドキュメントに思わぬ影響を与える(出し抜く、overreach)場合がある。そのような例外条項とは即ち、ドキュメントに含まれているテキスト、写真イメージなどの画像、図版、意匠などが利用の際に要求する許諾条件・ライセンスに影響を与えることなく、フォントの一部とドキュメントを結合する(combine)ことを可能にする追加的許可条項(additional permission)のことである。こんにち、自由な利用を許可するフォント("libre" font)の大半はSIL OFLまたはフォント例外条項付きGNU GPLのようなコピーレフトライセンスで利用が許諾されている(両ライセンスについては、GNUプロジェクトのGPL遵守の為の基準を述べた"GPL FAQ"でも解説されている)。」 (ja)
  • GPL字型例外(英语:GPL font exception,縮寫:GPL+FE)條款是一個可以被添加到GNU通用公共许可证(GNU GPL)讓计算机字体可以嵌入數位文献檔案而不必使該文件也使用GPL授權。若無此條款,散佈可能會使用在桌面出版的開放原始碼專案可能會導致一些授權上的衝突。Dave Crossland在自由圖形雜誌中解釋道,「一個Copyleft的字型可能會不當的延伸其授權條款到使用該字型的文件,除非在常規的條文中加入例外;額外的授權讓在文件、照片、插圖與設計中使用一部份該字型可不受字型授權的影響。現在,大多數的自由字型都有這樣的Copyleft授權條款 —— SIL开源字体授权或是在GPL FAQ中所描述的帶有字型例外的GNU GPL。」 (zh)
  • The GPL font exception clause (or GPL+FE, for short) is an optional clause that can be added to the GNU General Public License (GNU GPL) permitting digital fonts shared with that license to be embedded within a digital document file without requiring the document itself to also be shared with GPL. Without the clause, conflicts may arise with open-source projects distributing digital fonts which may be used in desktop publishing. As explained by Dave Crossland in Libre Graphics Magazine, "A copyleft font may overreach into the documents that use it, unless an exception is made to the normal terms; an additional permission to allow people to combine parts of a font with a document without affecting the license of texts, photographs, illustrations and designs. Most libre fonts today have such a copyleft license – the SIL OFL or GNU GPL with the Font Exception described in the GPL FAQ." (en)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 33498407 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 730952055 (xsd:integer)
dbp:caption
  • A community generated icon for the GPL+FE
dbp:copyleft
  • Yes
dbp:date
  • 2005-04-20 (xsd:date)
dbp:freeSoftware
  • Yes
dbp:gplCompatible
  • Yes
dbp:licenseClauseAuthor
dbp:publisher
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • GPL字型例外(英语:GPL font exception,縮寫:GPL+FE)條款是一個可以被添加到GNU通用公共许可证(GNU GPL)讓计算机字体可以嵌入數位文献檔案而不必使該文件也使用GPL授權。若無此條款,散佈可能會使用在桌面出版的開放原始碼專案可能會導致一些授權上的衝突。Dave Crossland在自由圖形雜誌中解釋道,「一個Copyleft的字型可能會不當的延伸其授權條款到使用該字型的文件,除非在常規的條文中加入例外;額外的授權讓在文件、照片、插圖與設計中使用一部份該字型可不受字型授權的影響。現在,大多數的自由字型都有這樣的Copyleft授權條款 —— SIL开源字体授权或是在GPL FAQ中所描述的帶有字型例外的GNU GPL。」 (zh)
  • GPLフォント例外(GPLフォントれいがい、英: GPL font exception clause、短くGPL+FE)とは、GNU General Public License(GNU GPL、単にGPL)の下頒布されるデジタル・フォントをデジタル・ドキュメント・ファイル内部に「埋め込む」("embed")場合、ドキュメント自体の利用許諾条件をGPLとすることなく、それを法的に許可するGPLの追加的条項(optional clause)である。もしくはその例外条項付きGPLのことを指す。この条項が存在しないGPLフォントの場合、デスクトップ・パブリッシング(DTP)に使用される可能性のあるフォントをオープンソース・プロジェクトが頒布する際に法的な矛盾を抱える場合がある。 Free Software Magazineの編集者テリー・ハンコック(Terry Hancock)によると、「他にもいくつかフリーフォント(フリーソフトウェア・フォント)・ライセンスが存在するが、フォント例外条項付きGPLがもっとも単純かつ互換性が高い。」と述べている。 (ja)
  • The GPL font exception clause (or GPL+FE, for short) is an optional clause that can be added to the GNU General Public License (GNU GPL) permitting digital fonts shared with that license to be embedded within a digital document file without requiring the document itself to also be shared with GPL. Without the clause, conflicts may arise with open-source projects distributing digital fonts which may be used in desktop publishing. As explained by Dave Crossland in Libre Graphics Magazine, "A copyleft font may overreach into the documents that use it, unless an exception is made to the normal terms; an additional permission to allow people to combine parts of a font with a document without affecting the license of texts, photographs, illustrations and designs. Most libre fonts today have such (en)
rdfs:label
  • GPLフォント例外 (ja)
  • GPL字型例外 (zh)
  • GPL font exception (en)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbp:license of
is foaf:primaryTopic of