Captain Franz Dagobert Johannes von Rintelen (19 August 1878 – 30 May 1949) was a German Naval Intelligence officer in the United States during World War I.

Property Value
dbo:abstract
  • Franz Dagobert Johannes von Rintelen (geboren als Rintelen, durch Adoption offiziös eigentlich Rintelen von Kleist;) (* 19. August 1878 in Frankfurt an der Oder; † 30. Mai 1949 in London) war ein deutscher Offizier und Spion. Von Rintelen war einer der Hauptverantwortlichen für die deutschen Spionage- und Sabotageaktionen in den Vereinigten Staaten während des Ersten Weltkrieges. (de)
  • Franz Dagobert Johannes von Rintelen, né le 19 août 1878 à Francfort-sur-le-Main (Allemagne) et mort le 30 mai 1949 à Londres (Royaume-Uni), est un officier du renseignement de la marine allemande en action aux États-Unis pendant la Première Guerre mondiale. Il avait travaillé pour la Deutsche Bank et fut impliqué notamment dans l'explosion de Black Tom, acte de sabotage à Jersey City en 1916. (fr)
  • Captain Franz Dagobert Johannes von Rintelen (19 August 1878 – 30 May 1949) was a German Naval Intelligence officer in the United States during World War I. (en)
  • フランツ・フォン・リンテレン(ドイツ語: Franz von Rintelen)は第一次世界大戦の間にアメリカ合衆国で活動したドイツ帝国のスパイであった。 彼の一家は銀行家で、アメリカ合衆国によいコネクションがあった。彼は英語を流暢に話した。 アメリカが未だに中立の頃、彼はベルリンから指示を受けてアメリカ合衆国に向かった。フォン・リンテレンは独自に活動し、やがてベルリンから彼への資金と指示を受け取った。彼の任務は、アメリカの船による弾薬輸送と連合国への供給を妨害することだった。ニューヨーク市に到着して、彼はビジネスマンのふりをした。そして、ハインリヒ・アルベルトと共にダミー会社「ブリッジポート発射体会社」を設立し、彼はそこから火薬を入手した。彼はもう一つの会社(オーストリア人に助成金を支給された大西洋を横断する信託会社)も設立した。そこで彼はドイツからの彼の到着に合わせて大金を預けた。彼は「ハンセン」という名で口座を持っていた。 彼は鉛筆爆弾という時間遅効性の放火装置を開発するために技術者と共に動いた。そして火災を発生させ、クルーが(火が燃え移る前に)海中に弾薬を投棄するよう、あるいはそのまま炎上・爆発するようアメリカの商船に対して仕向けた。作戦は成功し、彼単独で36隻の船で1000万ドル相当の物資に被害を出した。 彼はまた、連合国へのアメリカの援助を遅らせようと、ストライキを促進するために「労働国家平和評議会」という団体を組織した。 彼の仕事はおおむね良好で、1916年にはブラック・トム大爆発もその成果の一つとなったであろう。1915年に彼は弾薬を買って、追放されたメキシコの独裁者ビクトリアーノ・ウエルタに資金援助を行い、彼のメキシコでの後ろ盾となった。 彼の同僚は、彼の成功に全く満足していなかった。そしてフランツ・フォン・パーペン(ドイツの後の首相)はベルリンへの電報で彼への不満を漏らした。電報はイギリス海軍の諜報活動によって傍受され、解読された。彼が当時中立の立場だったオランダの船に乗ってドイツへ航海したので、彼はイングランドのサウサンプトンで捕らえられ、ジョージア州アトランタで3年間抑留された。彼は1920年にドイツに戻った。しかし既に忘れられた存在となっていた。彼はイングランドに移住し、そこで死んだ。彼は1933年にドイツの情報将校の戦時回顧録として"The Dark Invader"(闇の侵略者)という著書を著した。 (ja)
dbo:allegiance
  • German Empire
dbo:battle
dbo:birthDate
  • 1878-1-1
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1949-5-30
dbo:deathPlace
dbo:militaryBranch
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4721579 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 720235186 (xsd:integer)
dbp:birthDate
  • 1878-08-19 (xsd:date)
dbp:birthPlace
dbp:deathDate
  • 1949-05-30 (xsd:date)
dbp:deathPlace
  • London
dbp:rank
dct:description
  • German spy (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Franz Dagobert Johannes von Rintelen (geboren als Rintelen, durch Adoption offiziös eigentlich Rintelen von Kleist;) (* 19. August 1878 in Frankfurt an der Oder; † 30. Mai 1949 in London) war ein deutscher Offizier und Spion. Von Rintelen war einer der Hauptverantwortlichen für die deutschen Spionage- und Sabotageaktionen in den Vereinigten Staaten während des Ersten Weltkrieges. (de)
  • Franz Dagobert Johannes von Rintelen, né le 19 août 1878 à Francfort-sur-le-Main (Allemagne) et mort le 30 mai 1949 à Londres (Royaume-Uni), est un officier du renseignement de la marine allemande en action aux États-Unis pendant la Première Guerre mondiale. Il avait travaillé pour la Deutsche Bank et fut impliqué notamment dans l'explosion de Black Tom, acte de sabotage à Jersey City en 1916. (fr)
  • Captain Franz Dagobert Johannes von Rintelen (19 August 1878 – 30 May 1949) was a German Naval Intelligence officer in the United States during World War I. (en)
  • フランツ・フォン・リンテレン(ドイツ語: Franz von Rintelen)は第一次世界大戦の間にアメリカ合衆国で活動したドイツ帝国のスパイであった。 彼の一家は銀行家で、アメリカ合衆国によいコネクションがあった。彼は英語を流暢に話した。 アメリカが未だに中立の頃、彼はベルリンから指示を受けてアメリカ合衆国に向かった。フォン・リンテレンは独自に活動し、やがてベルリンから彼への資金と指示を受け取った。彼の任務は、アメリカの船による弾薬輸送と連合国への供給を妨害することだった。ニューヨーク市に到着して、彼はビジネスマンのふりをした。そして、ハインリヒ・アルベルトと共にダミー会社「ブリッジポート発射体会社」を設立し、彼はそこから火薬を入手した。彼はもう一つの会社(オーストリア人に助成金を支給された大西洋を横断する信託会社)も設立した。そこで彼はドイツからの彼の到着に合わせて大金を預けた。彼は「ハンセン」という名で口座を持っていた。 彼は鉛筆爆弾という時間遅効性の放火装置を開発するために技術者と共に動いた。そして火災を発生させ、クルーが(火が燃え移る前に)海中に弾薬を投棄するよう、あるいはそのまま炎上・爆発するようアメリカの商船に対して仕向けた。作戦は成功し、彼単独で36隻の船で1000万ドル相当の物資に被害を出した。 (ja)
rdfs:label
  • Franz von Rintelen (de)
  • Franz von Rintelen (en)
  • Franz von Rintelen (fr)
  • フランツ・フォン・リンテレン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Franz (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Franz von Rintelen (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of