Ernst Gottlieb Baron or Ernst Theofil Baron (17 February 1696 – 12 April 1760), was a German lutenist, composer and writer on music. Baron was born in Breslau into the family of Michael Baron, a maker of gold lace who expected his son to follow in his footsteps. Baron showed an inclination to music from an early age, and later made it his profession. He studied lute from about 1710 with a Bohemian named Kohott. He attended the Elisabeth Gymnasium in Breslau, and from 1715 the University of Leipzig, where he studied philosophy and law.

Property Value
dbo:abstract
  • Ernst Gottlieb Baron or Ernst Theofil Baron (17 February 1696 – 12 April 1760), was a German lutenist, composer and writer on music. Baron was born in Breslau into the family of Michael Baron, a maker of gold lace who expected his son to follow in his footsteps. Baron showed an inclination to music from an early age, and later made it his profession. He studied lute from about 1710 with a Bohemian named Kohott. He attended the Elisabeth Gymnasium in Breslau, and from 1715 the University of Leipzig, where he studied philosophy and law. He spent the period from 1719 to 1728 in travels from one small court to another. He visited Halle, Köthen, Schleiz, Saalfeld and Rudolstadt, arriving in Jena in 1720 and remaining for two years. Later he travelled to Kassel, Fulda, Würzburg, Nuremberg and Regensburg, returning in 1727 to Nuremberg where he published his "Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten", the work for which he is principally remembered. In 1728 he replaced the lutenist Meusel, who had recently died in a horseback riding accident, at the court of Gotha. He held that post for four years. After the death of the Duke of Gotha he moved on to Eisenach. In 1737 he visited Merseburg, Köthen and Zerbst, and eventually joined the musical ensemble of Crown Prince Frederick of Prussia as a theorbist. He was immediately granted permission to go to Dresden to purchase a theorbo. In Dresden he received tuition from the lutenists Sylvius Leopold Weiss and I.A. Hofer. After Frederick's accession in 1740, Baron continued to serve as theorbist in the royal musical establishment, and remained at this post until his death in Berlin. (en)
  • Ernst Gottlieb Baron (* 17. Februar 1696 in Breslau; † 12. April 1760 in Berlin) war ein deutscher Komponist, Musiktheoretiker und Lautenist. (de)
  • Ernst Gottlieb BaronFichier:Ernst Gottlieb Baron - Komponist und Lautenist.jpg Ernst Gottlieb Baron est un compositeur et luthiste allemand, né à Breslau, aujourd'hui Wrocław en Pologne, le 17 février 1696 et mort à Berlin le 12 avril 1760. (fr)
  • エルンスト・ゴットリープ・バロン (Ernst Gottlieb Baronまたはエルンスト・テオフィル・バロン(Ernst Theofil Baron), 1696年2月17日-1760年4月12日はドイツのリュート奏者、作曲家、音楽著述家。 バロンはブレスラウで、金モール職人ミヒャエル・バロンの家に生まれた。息子も同じ道を歩むことが期待されたが、バロンは幼い頃から音楽に関心を示し、後に自らの職業とした。1710年頃からコホットという名前のボヘミア人にリュートを学んだ。ブレスラウのエリザベート・ギムナジウムに入学し、1715年からライプツィヒ大学で哲学と法律を学んだ。1719年から1728年の間は各地の小宮廷を転々とした。ハレ、ケーテン、シュライツ、フェルト、ルードルシュタットを訪れた後、1720年にイェーナを訪れ、当地で2年を過ごした。 その後、カッセル、フルダ、ヴュルツブルク、ニュルンベルク、レーゲンスブルクを経て、1727年にニュルンベルクで著作"Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten"邦題『リュート―神々の楽器―』を出版した。主としてこの著作により彼の名は記憶に留められている。1728年にゴータの宮廷で、落馬事故により死亡したばかりのリュート奏者モイセルの後任となった。4年間その地位に留まり、ゴータ公の没後アイゼナハに移った。1737年、メルゼブルク、ケーテンとツェルプストを訪れ、最終的にテオルボ奏者としてプロイセン皇太子フリードリヒの楽団に参加した。テオルボ購入の名目でドレスデン行きを許可された。ドレスデンで、リュート奏者シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスとI・A・ホーファーから教えを受けた。1740年にフリードリヒの即位後、王立音楽協会のテオルボ奏者として仕え、亡くなるまでこの地位にとどまった。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1696-2-17
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1760-4-12
dbo:deathPlace
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 885941 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 703561865 (xsd:integer)
dct:description
  • German composer (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Ernst Gottlieb Baron (* 17. Februar 1696 in Breslau; † 12. April 1760 in Berlin) war ein deutscher Komponist, Musiktheoretiker und Lautenist. (de)
  • Ernst Gottlieb BaronFichier:Ernst Gottlieb Baron - Komponist und Lautenist.jpg Ernst Gottlieb Baron est un compositeur et luthiste allemand, né à Breslau, aujourd'hui Wrocław en Pologne, le 17 février 1696 et mort à Berlin le 12 avril 1760. (fr)
  • Ernst Gottlieb Baron or Ernst Theofil Baron (17 February 1696 – 12 April 1760), was a German lutenist, composer and writer on music. Baron was born in Breslau into the family of Michael Baron, a maker of gold lace who expected his son to follow in his footsteps. Baron showed an inclination to music from an early age, and later made it his profession. He studied lute from about 1710 with a Bohemian named Kohott. He attended the Elisabeth Gymnasium in Breslau, and from 1715 the University of Leipzig, where he studied philosophy and law. (en)
  • エルンスト・ゴットリープ・バロン (Ernst Gottlieb Baronまたはエルンスト・テオフィル・バロン(Ernst Theofil Baron), 1696年2月17日-1760年4月12日はドイツのリュート奏者、作曲家、音楽著述家。 バロンはブレスラウで、金モール職人ミヒャエル・バロンの家に生まれた。息子も同じ道を歩むことが期待されたが、バロンは幼い頃から音楽に関心を示し、後に自らの職業とした。1710年頃からコホットという名前のボヘミア人にリュートを学んだ。ブレスラウのエリザベート・ギムナジウムに入学し、1715年からライプツィヒ大学で哲学と法律を学んだ。1719年から1728年の間は各地の小宮廷を転々とした。ハレ、ケーテン、シュライツ、フェルト、ルードルシュタットを訪れた後、1720年にイェーナを訪れ、当地で2年を過ごした。 その後、カッセル、フルダ、ヴュルツブルク、ニュルンベルク、レーゲンスブルクを経て、1727年にニュルンベルクで著作"Historisch-theoretische und practische Untersuchung des Instruments der Lauten"邦題『リュート―神々の楽器―』を出版した。主としてこの著作により彼の名は記憶に留められている。1728年にゴータの宮廷で、落馬事故により死亡したばかりのリュート奏者モイセルの後任となった。4年間その地位に留まり、ゴータ公の没後アイゼナハに移った。1737年、メルゼブルク、ケーテンとツェルプストを訪れ、最終的にテオルボ奏者としてプロイセン皇太子フリードリヒの楽団に参加した。テオルボ購入の名目でドレスデン行きを許可された。ドレスデンで、リュート奏者シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスとI・A・ホーファーから教えを受けた。1740年にフリードリヒの即位後、王立音楽協会のテオル (ja)
rdfs:label
  • Ernst Gottlieb Baron (en)
  • Ernst Gottlieb Baron (de)
  • Ernst Gottlieb Baron (fr)
  • エルンスト・ゴットリープ・バロン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Ernst (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ernst Gottlieb Baron (en)
is foaf:primaryTopic of