Monsignor Edward Joseph Flanagan (13 July 1886 – 15 May 1948) was an Irish-born priest of the Catholic Church in the United States. He founded the orphanage known as Boys Town located in Boys Town, Douglas County, Nebraska, which now also serves as a center for troubled youth.

Property Value
dbo:abstract
  • Edward Joseph Flanagan (* 13. Juli 1886 im County Roscommon in Irland; † 15. Mai 1948 in Berlin) war ein katholischer Geistlicher. Er ist der Gründer der vermutlich bekanntesten US-amerikanischen Jugendhilfeeinrichtung, die den Namen Girls and Boys Town („Mädchen- und Jungenstadt“) trägt, ursprünglich nur Boys Town ("Jungenstadt"), in der Nähe der Stadt Omaha in Nebraska. Der Ort ist nicht etwa ein einfaches Waisenhaus, sondern ein Zentrum für hilfebedürftige Kinder und Jugendliche. (de)
  • Monsignor Edward Joseph Flanagan (13 July 1886 – 15 May 1948) was an Irish-born priest of the Catholic Church in the United States. He founded the orphanage known as Boys Town located in Boys Town, Douglas County, Nebraska, which now also serves as a center for troubled youth. (en)
  • Edward Joseph Flanagan (1886 - 1948). Sacerdote católico que dedicó toda su vida a la educación de niños y jóvenes delincuentes y abandonados. Fundó la Ciudad de los Muchachos. (es)
  • エドワード・ジョゼフ・フラナガン(英語: Edward Joseph Flanagan, 1886年7月13日 - 1948年5月15日)は、通称フラナガン神父の名で知られるカトリック教会の聖職者で、社会事業家。生まれはアイルランドで、1904年アメリカにやってきて、1919年にアメリカの市民権を取得した。ネブラスカ州オニールの聖パトリック・カトリック教会の助祭で、1912年にネブラスカ州のオマハに少年の町という少年たちの更生自立支援施設を作ったことで知られる社会事業家である。 第二次世界大戦後、GHQのダグラス・マッカーサー元帥から戦後日本の戦災孤児、中国大陸や満州からの引き上げ孤児への対策について助言を乞うということで、招聘を受け、1947年に来日した。彼の提案でまず長崎、佐賀、福岡で始められたのが「赤い羽根助け合い共同募金」である。こうした社会事業推進のための世界行脚で、韓国、オーストリア、ドイツなどを回っている。1965年にネブラスカ州の名誉州民に選ばれる。没後、少年の町の中の礼拝堂の墓地に埋葬された。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1886-07-13 (xsd:date)
  • 1886-7-13
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1948-05-15 (xsd:date)
  • 1948-5-15
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:religion
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1670186 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 740224209 (xsd:integer)
dbp:archdiocese
dbp:birthName
  • Edward Joseph Flanagan
dbp:birthPlace
dbp:buried
  • Boys Town, Nebraska, US
  • Dowd Memorial Chapel
  • Immaculate Conception Parish
dbp:date
  • October 2015
dbp:dateOfDiaconalOrdination
  • 1912-07-25 (xsd:date)
dbp:dateOfPriestlyOrdination
  • 1912-07-26 (xsd:date)
dbp:deathPlace
  • Berlin, Germany
dbp:education
dbp:honorificPrefix
  • Monsignor
dbp:nationality
  • American
dbp:ordination
  • 1912-07-26 (xsd:date)
dbp:placeOfDiaconalOrdination
dbp:placeOfPriestlyOrdination
dbp:reason
  • the given source is a self-published blog
dbp:saintTitle
  • Servant of God
dbp:type
  • prelate
dct:description
  • American priest (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Edward Joseph Flanagan (* 13. Juli 1886 im County Roscommon in Irland; † 15. Mai 1948 in Berlin) war ein katholischer Geistlicher. Er ist der Gründer der vermutlich bekanntesten US-amerikanischen Jugendhilfeeinrichtung, die den Namen Girls and Boys Town („Mädchen- und Jungenstadt“) trägt, ursprünglich nur Boys Town ("Jungenstadt"), in der Nähe der Stadt Omaha in Nebraska. Der Ort ist nicht etwa ein einfaches Waisenhaus, sondern ein Zentrum für hilfebedürftige Kinder und Jugendliche. (de)
  • Monsignor Edward Joseph Flanagan (13 July 1886 – 15 May 1948) was an Irish-born priest of the Catholic Church in the United States. He founded the orphanage known as Boys Town located in Boys Town, Douglas County, Nebraska, which now also serves as a center for troubled youth. (en)
  • Edward Joseph Flanagan (1886 - 1948). Sacerdote católico que dedicó toda su vida a la educación de niños y jóvenes delincuentes y abandonados. Fundó la Ciudad de los Muchachos. (es)
  • エドワード・ジョゼフ・フラナガン(英語: Edward Joseph Flanagan, 1886年7月13日 - 1948年5月15日)は、通称フラナガン神父の名で知られるカトリック教会の聖職者で、社会事業家。生まれはアイルランドで、1904年アメリカにやってきて、1919年にアメリカの市民権を取得した。ネブラスカ州オニールの聖パトリック・カトリック教会の助祭で、1912年にネブラスカ州のオマハに少年の町という少年たちの更生自立支援施設を作ったことで知られる社会事業家である。 第二次世界大戦後、GHQのダグラス・マッカーサー元帥から戦後日本の戦災孤児、中国大陸や満州からの引き上げ孤児への対策について助言を乞うということで、招聘を受け、1947年に来日した。彼の提案でまず長崎、佐賀、福岡で始められたのが「赤い羽根助け合い共同募金」である。こうした社会事業推進のための世界行脚で、韓国、オーストリア、ドイツなどを回っている。1965年にネブラスカ州の名誉州民に選ばれる。没後、少年の町の中の礼拝堂の墓地に埋葬された。 (ja)
rdfs:label
  • Edward J. Flanagan (en)
  • Edward Flanagan (de)
  • Edward J. Flanagan (es)
  • エドワード・ジョゼフ・フラナガン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:givenName
  • Edward (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Edward J. Flanagan (en)
  • Edward Joseph Flanagan (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of