Dai Xi (Chinese: 戴熙; pinyin: Dài Xī; Wade–Giles: Tai Hsi) (1801 – 1860) was a Chinese painter of the 19th century and representative of the academic manner. His sobriquet was Chunshi (醇士) or “Pure-Minded Scholar” and his pen name was Yu'an (榆庵) or “Elm Retreat”, among others.

Property Value
dbo:abstract
  • Dai Xi (Chinese: 戴熙; pinyin: Dài Xī; Wade–Giles: Tai Hsi) (1801 – 1860) was a Chinese painter of the 19th century and representative of the academic manner. His sobriquet was Chunshi (醇士) or “Pure-Minded Scholar” and his pen name was Yu'an (榆庵) or “Elm Retreat”, among others. (en)
  • 戴 熙(たい き、Dai Xi、1801年 - 1860年)、字は醇士、号は鹿床・棆庵・井東居士。清末の画家。 浙江省銭塘(現在の杭州市)出身。弟に数学者の戴煦がいる。1832年に進士となり、翰林院編修となった。広東学政、内閣学士を経て兵部右侍郎に至り、退官後は崇文書院の主講となった。太平天国の乱が発生すると団練を組織して杭州の防衛にあたった。1860年に太平天国軍が杭州を陥落させると、戴熙は池に身を投じて自殺した。死後、文節の諡号が贈られた。 山水画を虞山派の王翬に学んだが、婁東派にも接近した。筆致は厳しく雄大である。また竹石小品や花卉画も善くした。湯貽汾とともに画名をはせ、「湯戴」と称された。『山水長巻』や『重巒密樹図』などの作品が残されている。 著作に『画絮』『粵雅集』がある。 (ja)
  • 戴熙(1801年-1860年),字醇士,號鹿床、棆庵、井東居士等,浙江錢塘(今杭州)人,清代政治人物、畫家,進士出身。 道光十二年(1832年)進士,咸豐年間任職翰林院,官至兵部右侍郎。太平天國事起,在籍辦團練,退休後主講崇文書院,太平軍入杭州,乃賦絕命詞,投池死。其山水師法王翬虞山派,也接近於婁東派,山水“多用擦筆,山石以幹墨作皴,然後以濕筆渲染”,筆致峻削雄健,但略顯呆板。亦善畫竹石小品及花卉。與方薰、奚岡、湯貽汾齊名,並稱“方奚湯戴”。有《山水長卷》、《重巒密樹圖》傳世。著有《畫絮》、《粵雅集》。 清朝人 這是关于清朝人物的小作品。你可以通过编辑或修订扩充其内容。 (zh)
dbo:birthDate
  • 1801-1-1
dbo:deathDate
  • 1860-1-1
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2812483 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 705928834 (xsd:integer)
dbp:c
  • 戴熙
dbp:p
  • Dài Xī
dbp:w
  • Tai Hsi
dct:description
  • Chinese artist (en)
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • Dai Xi (Chinese: 戴熙; pinyin: Dài Xī; Wade–Giles: Tai Hsi) (1801 – 1860) was a Chinese painter of the 19th century and representative of the academic manner. His sobriquet was Chunshi (醇士) or “Pure-Minded Scholar” and his pen name was Yu'an (榆庵) or “Elm Retreat”, among others. (en)
  • 戴 熙(たい き、Dai Xi、1801年 - 1860年)、字は醇士、号は鹿床・棆庵・井東居士。清末の画家。 浙江省銭塘(現在の杭州市)出身。弟に数学者の戴煦がいる。1832年に進士となり、翰林院編修となった。広東学政、内閣学士を経て兵部右侍郎に至り、退官後は崇文書院の主講となった。太平天国の乱が発生すると団練を組織して杭州の防衛にあたった。1860年に太平天国軍が杭州を陥落させると、戴熙は池に身を投じて自殺した。死後、文節の諡号が贈られた。 山水画を虞山派の王翬に学んだが、婁東派にも接近した。筆致は厳しく雄大である。また竹石小品や花卉画も善くした。湯貽汾とともに画名をはせ、「湯戴」と称された。『山水長巻』や『重巒密樹図』などの作品が残されている。 著作に『画絮』『粵雅集』がある。 (ja)
  • 戴熙(1801年-1860年),字醇士,號鹿床、棆庵、井東居士等,浙江錢塘(今杭州)人,清代政治人物、畫家,進士出身。 道光十二年(1832年)進士,咸豐年間任職翰林院,官至兵部右侍郎。太平天國事起,在籍辦團練,退休後主講崇文書院,太平軍入杭州,乃賦絕命詞,投池死。其山水師法王翬虞山派,也接近於婁東派,山水“多用擦筆,山石以幹墨作皴,然後以濕筆渲染”,筆致峻削雄健,但略顯呆板。亦善畫竹石小品及花卉。與方薰、奚岡、湯貽汾齊名,並稱“方奚湯戴”。有《山水長卷》、《重巒密樹圖》傳世。著有《畫絮》、《粵雅集》。 清朝人 這是关于清朝人物的小作品。你可以通过编辑或修订扩充其内容。 (zh)
rdfs:label
  • Dai Xi (en)
  • 戴熙 (ja)
  • 戴熙 (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:gender
  • male (en)
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Dai Xi (en)
foaf:surname
  • Dai (en)
is foaf:primaryTopic of