The DITA Open Toolkit (DITA-OT) is an open-source publishing system for publishing DITA. It produces: * Docbook * Eclipse Help * HTML5 * JavaHelp * Microsoft Compiled HTML Help * ODT * PDF, through XSL-FO * troff * Word RTF (with some limitations) * XHTML and XHTML with a JavaScript frameset The DITA-OT can be also extended to produce arbitrary output formats. It includes a tool for migrating HTML to DITA. Developed by IBM and released to open source in 2005, the distribution packages contain Ant, Apache FOP, Java, Saxon, and Xerces.

Property Value
dbo:abstract
  • DITA Open Toolkit(DITA-OT)は、DITAのコンテンツをひとつの文書として出力するためのオープンソースの変換システムである。出力可能な文書の形式は以下のとおり。 * DocBook * Eclipseヘルプシステム * JavaHelp * Microsoft Compiled HTML Help * ODT * PDF(XSL-FO経由で出力) * RTF(制約あり) * troff (troff) * XHTML、およびJavaScriptによるフレームありのXHTML DITA-OTは、任意の形式で文書を出力するために拡張することも可能。また、HTMLをDITAに移行するためのツールも含んでいる。 DITA-OTはIBMで開発され、2005年にオープンソースで公開された。DITA-OTの配布パッケージにはAnt、Java、Xerces、 Saxon XSLT、Apache FOPも含まれている。 DITA制作ツールやDITA向けCMSのほとんどが、文書出力生成作業フローにDITA-OTまたはその一部を統合している。 コマンドラインのかわりにGUI画面からDITA-OTを起動するための、単体のツールも開発されている。 (ja)
  • DITA Open Toolkit是免费开源的并实现了OASIS DITA 技术标准的 达尔文信息分类体系结构 (DITA) DTD和Schema工具。 (zh)
  • The DITA Open Toolkit (DITA-OT) is an open-source publishing system for publishing DITA. It produces: * Docbook * Eclipse Help * HTML5 * JavaHelp * Microsoft Compiled HTML Help * ODT * PDF, through XSL-FO * troff * Word RTF (with some limitations) * XHTML and XHTML with a JavaScript frameset The DITA-OT can be also extended to produce arbitrary output formats. It includes a tool for migrating HTML to DITA. Developed by IBM and released to open source in 2005, the distribution packages contain Ant, Apache FOP, Java, Saxon, and Xerces. Most DITA authoring tools and DITA CMSs integrate the DITA-OT, or parts of it, into their publishing workflows. Standalone tools have also been developed to run the DITA-OT via a graphical user interface instead of the command line. (en)
dbo:latestReleaseDate
  • 2016-06-17 (xsd:date)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.3.1
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:status
  • Active
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13068104 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 731591582 (xsd:integer)
dbp:founder
  • IBM
dct:subject
http://purl.org/linguistics/gold/hypernym
rdf:type
rdfs:comment
  • DITA Open Toolkit(DITA-OT)は、DITAのコンテンツをひとつの文書として出力するためのオープンソースの変換システムである。出力可能な文書の形式は以下のとおり。 * DocBook * Eclipseヘルプシステム * JavaHelp * Microsoft Compiled HTML Help * ODT * PDF(XSL-FO経由で出力) * RTF(制約あり) * troff (troff) * XHTML、およびJavaScriptによるフレームありのXHTML DITA-OTは、任意の形式で文書を出力するために拡張することも可能。また、HTMLをDITAに移行するためのツールも含んでいる。 DITA-OTはIBMで開発され、2005年にオープンソースで公開された。DITA-OTの配布パッケージにはAnt、Java、Xerces、 Saxon XSLT、Apache FOPも含まれている。 DITA制作ツールやDITA向けCMSのほとんどが、文書出力生成作業フローにDITA-OTまたはその一部を統合している。 コマンドラインのかわりにGUI画面からDITA-OTを起動するための、単体のツールも開発されている。 (ja)
  • DITA Open Toolkit是免费开源的并实现了OASIS DITA 技术标准的 达尔文信息分类体系结构 (DITA) DTD和Schema工具。 (zh)
  • The DITA Open Toolkit (DITA-OT) is an open-source publishing system for publishing DITA. It produces: * Docbook * Eclipse Help * HTML5 * JavaHelp * Microsoft Compiled HTML Help * ODT * PDF, through XSL-FO * troff * Word RTF (with some limitations) * XHTML and XHTML with a JavaScript frameset The DITA-OT can be also extended to produce arbitrary output formats. It includes a tool for migrating HTML to DITA. Developed by IBM and released to open source in 2005, the distribution packages contain Ant, Apache FOP, Java, Saxon, and Xerces. (en)
rdfs:label
  • DITA Open Toolkit (en)
  • DITA Open Toolkit (ja)
  • DITA Open Toolkit (zh)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • DITA Open Toolkit (en)
is dbo:wikiPageRedirects of
is foaf:primaryTopic of